2016年03月21日

独居老人の生活503(思い出の入院‐1)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐503(思い出の入院‐1)


       秘すれば花なり。

       秘せずは花なるべからず。

   他人に隠しているものは、 本当は大したものではない。  意外性が感動である。
  
                                   世阿弥 「風姿花伝」 



独居老人、 過去3回の入院経験がある。
先日風邪で臥せっていた時、 昔の入院エピソードを思い出した。

最初の入院はジジイが23歳の時。

病名は尿路結石、 昔なので超音波破砕装置がなく開腹手術。
手術は初体験だった。


入院して5,6日間は病室でブラブラ、 元気いっぱいだが検査を
受ける時以外は暇。

若い看護婦さんが部屋に来た時、 彼女たちとのお喋りが唯一の愉しみ。

23歳のジジイは個室にいたので、 看護婦も気兼ねなく駄弁る。

「カレ氏はいるの?」  「いませーん」 の話題は当然のこと。


pict-kangoshi44.jpg
      ☝ イメージ画像です。




手術日の朝、 既に顔馴染みになった若い看護婦がジジイの病室に現れた。

 「浣腸しますので、 トイレに行きます」

 「昨日ひまし油飲んで 腹の中 空っぽ、
  もう出るモンなんか ナニもないよ」


このひまし油 (下剤) は不味くて飲むのに一苦労。
ファンタグレープに混ぜて、 やっとの思いで飲み干した。

それ以来、 ファンタグレープを口にしたことがない。
ひまし油が蘇り、 ウエっと吐きそうになるのだ。


可愛い看護婦さんはジジイの抵抗を無視、

  「はい、 一緒に来てください」

ジジイをトイレに連れて行く。


 「じゃあ自分でやるから浣腸頂戴」

pict-pict-A210750H_S2.jpg
     ☝ ジジイはこんな浣腸だろうと.......



 「いえ、 ご自分ではできません、 私がいたします」

彼女が出したのは、 こんな感じの浣腸器 

                ☟

                ☟





  pict-41IqTBY0RCL__AA160_.jpg



「は〜い、 お尻を出してください、 入れますから....」

「女性の前で恥ずかしいよ、 キミは恥ずかしくないの?」

 「やはり嫌ですね。 でも仕事ですから」


若かりし独居老人、 恋人にしたいような美人の看護婦を前にして、
和式便器にまたがり肛門を突き出す。 

 「随分大きい浣腸だね、 量が多過ぎない?」


つべこべ言うジジイの肛門に、 ブスリと浣腸の注射が入る。

生まれて初めて、 ケツの穴を若い女性に見られてしまった。


秘すれば肛門、 大したモノじゃないが.......
デッカイいぼ痔も何もなく意外性なし。 看護婦が感動する訳なし。

23歳のジジイは恥ずかしさでいっぱい。


「はい終わりました、 暫く我慢して 出さないでくださいね」

美人の看護婦さん、 そう言ってトイレから出て行く。


この時ジジイは言いたかった。

 「オレのを見せたんだから、 キミの肛門も見せろ!」



まったくもって看護婦と












  愛が芽生える........これって 難しいと思った。



チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:07| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: