2015年12月04日

独居老人の生活415(Shall we ダンス?)


今朝、 チェンマイの金曜朝市へ行く。
 「10バーツ分のインゲンをくれ」 と言った。

すると袋に詰めてくれたのがこの量。


pict-DSCN5074.jpg


重さは分からないが、 勘定したら61本あった。
ひとり暮らしには多すぎる。 1日6本食べても10日かかる。

5バーツ分くれとは言いにくいし、 買うのも難しいものだ。




チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐415(Shall we ダンス?)


     「踊るんだよ」
   音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。
   何故踊るかなんて考えちゃいけない。
   意味なんてもともとないんだ。

  「耳を澄ませば求めているものの声が聞こえる。
   目をこらせば求められているものの姿が見える」

                               村上春樹 



先日バイクで走っていたら、 見えたのが人混み、 聞こえてきた
のが音楽。

pict-DSCN5026.jpg




なんじゃいな、 とバナーを覗いてみると、pict-DSCN5013.jpg

ダンスパーティーがあるようで・・・・・・・。




ダンスは夜か、 昼はライブ音楽を聴きながらランチとお喋り。

pict-DSCN5015.jpg


pict-DSCN5020.jpg




食い物の店が出ています。

pict-DSCN5016.jpg



pict-DSCN5018.jpg




さてここは何処だと思います?

pict-DSCN5022.jpg
         ☝ チェンマイのフランス領事館。

場所は北タイ情報紙「Chao」の地図(F-5)


バンドは子供、 学生かな。  でも腕前は中々のもの。

pict-DSCN5023.jpg




フナッシーに負けないぞ。 
pict-DSCN5021.jpg


               * *


夜の帳が下りれば 「ダンス・ダンス・ダンス」・ 村上春樹。

こんなに夜遅くまで、 売れてんかいな。
pict-DSCN5031.jpg




タイのご婦人が着飾ってダンス会場にお出まし。

pict-DSCN5032.jpg





やってますよー、 「Shall we ダンス?」 は周防 正行。
この映画は、 1998年日本アカデミー賞を獲得。

pict-DSCN5027.jpg


pict-DSCN5029.jpg




踊る阿呆に観る阿呆で・・・・・・・・。
残念ながらビールもワインもありません。

pict-DSCN5030.jpg

フランス領事館ならワインくらい売れよ! って言いたくなる。




この方はもう店仕舞いか、 夕飯食ってます。

pict-DSCN5034.jpg



ではここで雰囲気を盛り上げましょう。
クミコが歌う、 「ラストダンスは私に」 
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=_NE2hj9VtDA


いつまで続くのやら、 10時を過ぎてもまだまだ・・・・・・。
踊るのは殆んどがタイ人。

バンドが変わり、 より華やいだ雰囲気になる。

pict-DSCN5038.jpg


pict-DSCN5037.jpg


フランス領事館が催したオープンハウス、 誰でもが参加できる。
さすがフランス、 粋なことをやるわ。

チェンマイの日本領事館では、 こんなことはできません。
庭園がないから無理。

              * *


独居老人、 何を隠そうダンスファン。
ジルバ、マンボ、 ルンバにブルース、 特にチークが大好き。

ジジイには生涯忘れられない青春の思い出がある。

そこは東京・大手町にある産経会館。
大学生(クラブ)主催のダンスパーティーに行く。


その頃ジジイは、 ダンスパーティー (ダンパ) などで女性と
初めて会った時の対応ルールを作っていた。 

4段階に分けて、

 優: その場で次のデートを申し込み、 日時を決める。
     
 良: 女性の電話番号を訊く。 「電話するからまた会おう」

 可: 自分の電話番号を教える。 「暇なとき電話してよ」

 不可: 「今日はどうもありがとう」 って別れる。



産経会館でのダンパで出会った女の子は 「可」 だった。
そして後日、 その娘はジジイに電話をかけてきた。

空家 (恋人なし) だったジジイは暇潰しに付き合うようになる。


そして数年後、 ジジイは 「可」 の娘と結婚した。

ダンスパーティーを見ると、 必ずその頃を思い出す。


「可」 の娘は結婚すると、 「良」 の妻と 「優」 の母に変わる。

ジジイも変わった。  「可」が 「不可」 の亭主に..........

そりゃそうだ。
亭主が外で酒飲んで、 「優・良」 の女を追っかけ回していたら、
「不可」 になるのは当たり前。



ジジイの思い出の歌で、 今日のダンスパーティーは終了。
1958年のヒット曲です。   
              ☟ 
https://www.youtube.com/watch?v=HIXMKA7d4to


上が消去されていたら ☟ 
https://www.youtube.com/watch?v=t5ek9y31frI  



チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:12| Comment(4) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビールもワインも無しのダンスパーティー ⇒ ならば、コーヒー・ルンバ!

♪昔アラブの偉いお坊さんが ♪恋を忘れた哀れな男に… 琥珀色した飲み物を教えて上げました… 
♪たちまち男は若い娘に恋をした ♪コンガ、マラカス、楽しいルンバのリズム… 
♪みんな陽気に飲んで踊ろう ♪愛のコーヒー・ルンバ

独居老人さん、ダンスファンとは初耳です。しかも、令夫人との馴れ初めまでも披露して頂きました。
ビックリ仰天 ♪とっても不思議、このムード♪…
Posted by 信天翁 at 2015年12月04日 16:36
> 今朝、 チェンマイの金曜朝市へ行く.....「10バーツ分のインゲンをくれ」 と言った。
すると袋に詰めてくれたのがこの量。重さは分からないが、 勘定したら61本あった。
ひとり暮らしには多すぎる。
・・・・・・
ひょっとして、タムブン(施しをする)をされてしまったのでは?

1バーツコイン10枚だけをしっかり握って買い物しませんでしたか?
無精ひげ、色あせたTシャツ、擦り切れて穴の開いたGパンで出かけませんでしたか?

海外に住む困窮邦人の半数以上がフィリピンに、2位はタイ、3位アメリカ.......

国民の貴重な年金積立金で、安倍・黒田はGPIF(年金管理運用法人)に株式投資の博打を打たせ、7〜9月の4半期で約8兆円が消えた。
海外のプロ集団(ユダヤ人の投資ファンド)に、すべて持っていかれるのは時間の問題。

前政権のおかげでタイの勤労者世帯の所得は、いっきに3倍になり、月収10万にもならない派遣労働者が過半数の日本が追い越されるのも時間の問題。

悲しい事だが、現実ですね........
Posted by アホー しゃちょー at 2015年12月05日 01:06
アホー しゃちょー 殿:
仰る通りかもしれません。 ジジイの姿は、上がヤマハからタダで貰った黒のジャンパーのようなもので、背にはタイ語の文字。下は膝まである短パン、金持ちには見えませんね。
インゲンは、リンピンで買うと高いですよ。
その分ラップされ、器(平たいポリの皿)に入ってますが・・・・。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2015年12月05日 06:16
信天翁さん:アルコール飲料を出さない、なにかルールがあるのかもしれませんね。
ダンスはバンドが入るので、曲を聴いているだけでも楽しいです。
「壁の花」、ダンパでホールの壁際に立ち、男性からの誘いを待っている女性たちのこと。
で、男は「Shall we ダンス?」、そこからロマンスに発展する場合があったのです。
コメントありがとうございました。
Posted by 独居老人 at 2015年12月05日 06:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: