2015年10月22日

独居老人の生活379(子供の一人歩き)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐379(子供の一人歩き)


      子ゆえに迷い、 子ゆえに悟る。

                                      坪内逍遥 (小説家)



この日のチェンマイ競技場、 朝6時15分の光景である。
どこの学校かは知らぬが、 大勢の生徒が集合していた。

DSCN4525.JPG


DSCN4528.JPG

彼らが小学生には見えぬ、 おそらく中学生か。
まさか高校生ではあるまい。




DSCN4530.JPG
生徒は6時頃には競技場に到着、 このように整列し、 準備
体操後、駆け足や徒歩で400mトラックを回る。




DSCN4524.JPG

ユニフォームがカラフルで、 競技場が華やいだ感じになる。



大勢の生徒が早朝からどうやって競技場まで来るのか?
圧倒的に多いのが親に送って貰うこと、 車やバイクに乗って来る。

ジジイはこれまで見たことがないのが、 一人で歩いて来る生徒。
これは早朝に限らず、 日中でも滅多に見かけない。

まして夜間となると、 子供の一人歩きは勿論のこと、 2、3人で
連れ立って歩いてもいるのも見たことがない。


通学も同様で、 親の送迎かソンテオの乗合を利用しているようだ。

この辺りが日本、 特に東京とは異なっている。

               * *

なのでこんな10バーツショップでも、 子供一人がいる所を見たことがない。 場所は下の地図参照。

pict-pict-pict-pict-地図.jpg



pict-DSCN4521.jpg


pict-DSCN4517.jpg
           ☝ 10バーツショップ。



pict-DSCN4519.jpg
この日はぶら下がっているレインコートを購入。 20バーツ。



pict-DSCN4518.jpg


pict-DSCN4520.jpg
  マスク6枚を購入、 10バーツ。

               * *


日本の当たり前は外国人を驚嘆させる。
それは小学生の子供が一人で電車やバスに乗る光景。

こんなのは日本の都市部でよくある普通の光景だが、 タイを
含め海外ではビックリ仰天。

というのも、 欧米などでは子供を一人で外出させるだけで親が
罪に問われることがあると聞く。

AAfejVd.jpg


子供の一人外出が可能なのは、 日本の素晴らしい交通機関と
治安の良さにある。

               * *

ジジイの息子は小学4年生から塾通い、 夜8時過ぎのバスに
20分ほど乗って帰宅。

中学に入学したら、 今度は1時間以上かけての通学。
一人で私鉄 〜 JR山手線 〜 地下鉄を乗り継いでの登下校。

当然親は心配になる。
しかし暫くすると親子共に慣れてしまう。

中学2、3年の頃には渋谷で途中下車、 場外馬券売り場に
立ち寄り、 翌日発走の前売り馬券まで買う始末。

なんせ制服がないのでジーンズ/スニーカー姿で通学、 人目を
気にせずに済む。

校内で競馬予想紙を見ていても咎められることはないと言う。
私立(中学/高校)とはいえ、 東京には随分と緩やかな学校が
あるものと驚いた。


その内ジジイも金を渡し、 馬券購入を頼むようになる。
「当たったら1割やる」 という条件、 息子も喜んで請け負った。

その息子も現在40歳、 今では良き思い出に・・・・・。



とにかく ”案ずるより産むが易し”

世界で有数の大都会東京は、 世界一安全な都市と言っていい。
だから子供は一人で歩く。


ちなみにジジイが息子に頼んだ馬券は全部外れた。

息子も的中が少なかったのであろう、 いつの間にかやらなく
なった。

  子ゆえに悟る、








ギャンブルは儲からない。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 07:00| Comment(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: