2015年03月07日

独居老人の生活202(ああ無情バス・#4アンコールワットへ)


独居老人と友人のHさん(67)は、2013年11月7日、プノンペンに到着。
そのあとシェムリアップへバスで移動、そこでアンコールワットを見物。
そしてタクシーでポイペトに向かい、そこから徒歩で国境を越える。

今日はタイ国境の町アラヤンプラテートからコラート(ナコンラチャシ‐マ)、
そしてチェンマイまでの旅をお伝えします。 
尚、前3作を未読の方は、そちらから先に目を通して戴ければ幸いです。 

地図をご覧なりたい方は ココをクリック。



チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐202(ああ無情バス・#4アンコールワットへ)


 旅の効用とは、現実を直視することによって
 想像力を抑えることであり、

 物事がどのようなものであるかということを考える代わりに
 それらをありのままに見るということなのである。

                * *


アラヤンプラテートで昼食を済ませた我々は、コラート行きのバスに乗り込んだ。
乗客は7分くらいか、トイレなしのバスは定刻通りに発車する。


ランチでビールを飲み満腹のせいか、直ぐに眠くなる。
2時間ほど走ったのだろうか、ウトウトしているうちにバスが停車、ここで休憩。
独居老人、トイレに駆け込んだのは言うまでもない。


出発後4時間過ぎて、町並みがポツポツ見えて来た。

「コラートだ、あと10分くらいかな、結構早くに着いたね」

と言葉を交わしていたのだが、ここからが長かった。

渋滞でバスのスピードは落ちる、ノロノロ運転もある。
結局約4時間45分の乗車でコラートのバスターミナルに到着。



ここからツクツク80バーツで予約のホテルに向かう。
ダウンタウンに位置する 「Siri Hotel」、ここに2泊。

料金は、1,860円/泊(朝食込み)、Hさんがagodaで予約。
値段の割には満足度の高いホテルだった。

他にこのホテルの良い?ところは、ロビー1階にカラオケ店が営業している事。
夕食を終えてホテルに戻ると、艶(あで)やかなオネエさん達の顔が拝める。

勿論拝むだけ。
超愛妻家のHさんは目もくれず、ジジイは名残惜しそうに部屋に帰す。 老いたこの身、出来ない体力では仕様がない。

             * *


コラートで2泊して、いよいよ最終目的地チェンマイに帰る。
朝8時発のバスに乗車、チェンマイ到着予定は20:50。

バス代は806バーツ。 
ジジイが旅立つ前にチェンマイのバスターミナルで購入した。


約13時間の長い乗車だが、トイレ付きバスだから安心だ。
途中、町々のバスターミナルに停車して北上。


停車時に、売店でビールを買ってバスに乗ろうとした時、
バス乗務員がジジイを見て言う。

「車内は飲酒禁止、ビールは預かり、降車時お返しする」

こんな無慈悲な扱い、酒飲みには艱難辛苦、奈落の底。

無情のバス旅とはこの事か!



ランチ休憩は午後3時頃、ピッサヌロークを過ぎて直ぐ。
ぶっ掛け飯にビール、たっぷり飲んでやっと地獄から解放。


ビールを飲んだ後のバスの中、トイレに行きたくなる。

オシッコを終えて出ようとしたら、ドアが開かない。

どうやっても開かない、鍵が壊れているのか。
暫くトイレ内で待ったが誰も来ない。

雪隠詰めの地獄のバス旅、いい加減にせーよ!
もう致し方なく、ドアをゴンゴンと叩く。

やっと最後列の乗客が気付き、外から開けてくれた。

なんと救助の女神は若い女性、ジジイはニッコリ、彼女もジジイを見て微笑む。


ここは愛が芽生えるチャンス!



ああ無情!











  彼女、超ブスだった。



こりゃダメだ。

(追記)   
参考迄に、今回の旅行費用総計です(’13年11月)

チェンマイ → バンコック → プノンペン → シェムリアップ(アンコールワット)→ アラヤンプラテート(タイ)→
コラート(ナコンラチャシ‐マ)→ チェンマイ

(1)航空券(CNX → BKK → PHN):8,015バーツ。

(2)ホテル代(8泊):約6,000B(18,000円)。

(3)カンボジア内出費:約7,000B(210ドル)

(4)タイ国内出費(バス代含む):約2,000B

        合計   23,000バーツ。 

ホテルは8泊とも、日本でAgodaを通して予約、全て円建てでした。 
カンボジアなら、特に予約なしでもホテルに困る事はないと思います。



我々が乗ったバスは40分遅れでチェンマイ到着、無事帰宅。
無情バスの長旅、もうヘトヘト、老いを実感しました。    


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 00:38| Comment(0) | カンボジア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: