2014年11月30日

独居老人の生活123(病気予防)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐123(病気予防)


   予防は治療に勝る 
          エラスムス(オランダの文学者・ 神学者)


 

独居老人は前夜から残るアルコールを燃焼すべく、ほぼ毎朝散歩に出る。
時折りチェンマイ市営競技場にも行き、凹凸のない外周やトラックを歩く。

ジジイの友人Kさん(69歳)は毎朝この競技場で汗を流す。
勿論目的は病気予防、健康維持のためである。

ある日、いつもは歩いているKさんがジョギングしているではないか。 訊くと「最近体が重く感じてね・・・」の答え。

その後もKさんはいつも一人で黙々と走っていた。
10年来のウオーキングが何故ジョギング? と不思議だった。


つい先日もKさんが懸命に走っている姿を目にした。
しかしその日は一人ではない、20代のタイ人女性と一緒に走っている。

若い女性の走るスピードはかなりなモノ、それを69歳のKさんは全力疾走で彼女にピッタリ付いて走る。


独居老人、ここでピンと来た。
Kさんが数日前から頑張る一人ジョギングは、この日の為の鍛錬だったのだ。 目的はナンパ。



走り終えたKさん曰く。

「大変よ。でも走らなきゃあ口説けないしね・・・・・・。
一緒に頑張って走る、ここから運命共同体って感覚が出てね、
2人の運命的”合体” に進むのよ」

御年69のKさん、あれだけ無茶して走っていれば女の子と”合体” なる前に、”合掌” チーンになるであろう事確実。



そのKさんが1ヶ月ほど前にタチレク(ミャンマー =メーサイとの国境)を旅した。

下戸で趣味は女だけと言うドスケベのKさん、当然の事ながら毎晩置屋に出向く。 若くて純朴な女が多いらしい。


馴染みの女と一夜を明かした後、その女が言ったそうな。

「あたし、B型肝炎にかかってるの」

「事が終わってから言われてもなあ」
とKさんは思ったが、チェンマイに戻っても放っておいた。



しかし数日経って体にだるさを感じたKさん、心配になり病院へ行き検査を受ける。

B型肝炎、結果セーフ。

Kさんがいみじくも言う。

「あんだけ走ってた訳だから、疲れて体もだるく感じたんだね」


思う念力岩をも通す

爺さんの体をはったナンパは楽じゃない。

            * *


この日バイクで走って向かった先は和食屋「鳥福」。
ジジイ一人、ナンパなしのランチ。

場所は、スーパーハイウエイの「Grand view Hotel」の前。
北タイ情報紙「Chao」の地図(E‐1)

店の看板
pict-015.jpg


入口
pict-014.jpg


店内。 最近開店したばかりで新しい設備。
pict-010.jpg



先ずは枝豆45バーツ。 量が多すぎて半分持ち帰る。
Beer Chang大瓶75バーツ。

pict-011.jpg 


トンカツセット85バーツ。
pict-012.jpg



日本語を話す若い店主。
pict-013.jpg


               * *

バンコックに居る知り合いの女の子(と言っても30半ば? の日本人)M嬢からLINEが入った。

「今日A型肝炎の予防接種に行く」と書いてある。

その日の夕方に届いたLINEでは、「行ってみて黄熱病の予防接種を受けて、その後A型肝炎を・・・・」に変えた由。

チェンマイ在住の日本人で、黄熱病の予防接種を受けたって人、ジジイは聞いた事がない。 
加えて彼女はあと10日もすれば日本に帰る予定。


A型肝炎ならともかく、何の為の黄熱病接種なのか見当もつかぬ。
タイでやると日本の半値以下、予防接種代は何を受けても安いらしいが・・・・・。


考えられる理由は次の4点。

(1)野口英世に縁(ゆかり)があるM嬢。 
    記念の接種。

Noguchi_Hideyo.jpg


(2)予防接種マニアのM嬢。

そうなるとこの後更に、破傷風、コレラ、チフス、麻疹、おたふく、水疱瘡、インフルエンザ、子宮頸がん、天然ボケ痘などの予防接種を受けて帰国するのであろう。

まさに歩く予防接種オンナの日本生活。



(3)注射針で刺す時のチクリの痛みに快感を覚えるマゾのM嬢。

これだけ接種すればチクリチクリ、チクチク快感の連続、悶えも高まって満足か。



(4)強い副作用で苦痛に耐える己の姿を鏡に映し、一人快感に浸るマゾのM嬢。

彼女にはマゾの気があるのかも・・・・・・。


因みに独居老人、海外旅行の為に受けた予防接種は破傷風のみ。
32年前の37歳、インドを旅した時に東京でやったモノ。
その後14、5年前に2度インドを訪れたが何もせず。

ジジイが旅したチョッとヤバそうな国、パキスタン、スリランカ、モロッコ等でも、予防接種など一切考えなかった。 
結果、それでも罹患なし、運が良いのかな。

だからM嬢の予防接種好きが不思議でならないのだ。



ジジイがからかって
「ボケの予防接種を受けたいが、やってる病院ある?」

と送信したら、M嬢からの返信は泣かせるモノであった。



「いやいや、そんなの必要ないですよ〜」

その裏を読めば分かる。









「爺さん、あなたはとっくにボケている、予防の必要なし!」



年取ると僻みっぽくなるなあ。

 老いて再び稚児になる



こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:25| Comment(4) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりです。

M嬢 アフリカ 南米に行きたいのでは、イエローカードは10年有効です。

因みに私も一応持ってました。

彼女はS嬢かも・・・


Posted by kouichi at 2014年11月30日 21:11
バックパッカーの kouichiさん:M嬢にはアフリカ行きの予定は全くありません。だから分かんないの。ジジイはコロンビアやコスタリカ旅行の時も予防接種なしで行きました、能天気かも。でも一人トボトボ歩きましたよ。予防接種は大切です、どんな接種して行くか、これが悩ましいのですが・・・。M嬢がSかMか、こんなの分かりません。今度訊いてみます。
Posted by 独居老人 at 2014年11月30日 23:23
独居老人様、

お友達のFさん、涙ぐましい努力ですね。

>しかしその日は一人ではない、20代のタイ人女性と一緒に走っている。<

その走っていた女性は「こんな」感じの女性でしたか?

huff.to/1rNNVJT (前編)
> 予想不可能なタイファッションの「いま」<

http://tripping.jp/asean/thailand/14010  (後編)

こんな感じの若い子、私には到底無理です。
とてもまともにお付き合いなど出来ません。

独居老人様はいかがでしょうか?
Posted by PIZZELLE at 2014年12月02日 09:29
PIZZELLEさん:その友人は、「タイでは30過ぎたらオバさんだ」と言う位の爺さんです。だから20代がターゲット、頑張るんですね。
ジジイには駆けっこは無理、ナンパも無理。
Fさんはタイ語堪能ですからね。開けて見た写真の女性、いいと思いますよ。でも相手が爺さんは無視でしょう。
Posted by 独居老人 at 2014年12月02日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: