2014年11月20日

独居老人の生活115(ODA)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐115(ODA)


  悪い人間に親切を施さば、二度ひどい目にあう。

  金を失うのみならず、感謝されず。
      
                    テオグニス ( 古代ギリシャの詩人・哲学者)



つい最近だが、雑誌を読んでいてチョッと引っかる記事があった。
独居老人、どうしても合点が行かないのだ。

今もって日本政府は中国にODA(注)を続けている事。
対中国ODAは、小泉政権時代に首相自らが「卒業する」と発言、終わっているものと思っていた。

ところが外務省発行の「ODA白書・2013年版」によると、

無償資金協力・技術協力で約1億4千万ドル(152億円)、
政府貸付で3億9千万ドル(420億円)

  計572億円が中国へのODA実績とある。


(注)ODAは

日本語で政府開発援助を意味する。
「Official Development Assistance」(略してODA)とは、発展途上国の経済発展や福祉向上のために先進工業国が発展途上国に対して行う援助や出資のことを言う。



因みに日本が2国間援助の累積総額で1番援助している国は中国。
2007年度末までに総額で、次の通りの資金援助を行っている。

円借款:     約3兆3165億円、
無償資金協力: 約1510億円、
技術協力:    約1638億円

  合計   約3兆6313億円


更に多国間援助(注)を合わせてると、2007年度までに中国に対し、総額約6兆円のODAを行っていることになる。


(注)多国間援助とは、
日本は国際連合世界食糧計画 (WFP) 、国際連合開発計画 (UNDP) 、国際連合児童基金 (UNICEF) 、世界銀行 (IBRD) 、アジア開発銀行 (ADB) などの国際機関に資金を拠出して、多国間援助を行っている。

6兆円と言う金、日本の人口約1億2千7百万人で割れば、1人頭約47,000円を援助した事になる。
この1人は赤ん坊も寝たきり老人も含まれている。

日本の世帯数は約5千万だから、1世帯当りで見れば12万円の援助である。


参考迄に、
日本が中国に実行したODA6兆円は、タイの年間歳入のほぼ9割に当たる。
タイの2012年国家予算の歳入は約2兆5070バーツ。
 
                     出所:世界の経済・統計 情報サイト「世界経済のネタ帳」

’12年時の為替レートを約2.7円/THBと見るなら6兆7700億円だ。

独居老人が首相ならば、中国の6兆円分をそっくりタイに援助したであろう。
勿論、2013年の対中国ODAの572億円もタイへ振り向ける。


尚、日本政府は2008年の北京五輪を境に、有償資金協力のうち円借款に限り打ち切った。 中国の急速な経済発展が理由。



何故日本は、昨年572億円のODAを実行したのだろうか?
いつまで中国にODAを続けるのだろう? ジジイは腑に落ちない。


現在中国は、あちこちの途上国に援助しまくっているではないか。
加えて毎日が反日、反日教育。

中国人の息子が親に怒られて言う、
「オレが強盗やったのも、みんなニホンが悪いのさ」で、
悪いのは全部日本だと言う。

更にこんなガキ共が現地日本企業に向けて破壊行為、暴動まで起こしたりする。

浮気がバレた中国人女房が亭主に弁解。
「あたしが浮気をやったのは、みんなニホンが悪いのよ」で
日本のせいにする。


日本を眺めれば赤字財政が続いている。

嗚呼それなのに それなのに・・・・・・。 
お人好しにも程がある、ってこの事か。 

日本、まさにODA変態国家。

                * *

そんな援助も何もなく、この日のランチは台湾餃子。
台湾支援ならOK、いつもの通りジジイ一人で食いに行く。              

場所はチェンマイ市営競技場正門の前にある。
北タイ情報紙「Chao」の地図(G‐3)

お店の看板
pict-0012.jpg


店の前の道路、ロータリーが見える。
pict-005.jpg


メニュー。 日本語がある。
pict-007.jpg




愛嬌のある笑顔の可愛い店員さん。

pict-004.jpg

pict-002.jpg




ポークとニラの餃子10個入り:60バーツ。尚6個入りは45B。
BEER Chang(缶大):60バーツ。

pict-008.jpg




お隣の店はタイ飯屋。

pict-006.jpg


             * *

対中国ODAの摩訶不思議、チェンマイ定住のご老人ならば、ジジイの疑問についてご理解戴けると思う。



お前が車を欲しいって言うから買ってやった。
家を建てたいって言うから、お前の郷里に建てたじゃないか。

ついでに近くの大きな農園も買っただろうよ。
お前の両親の家を改築したのもオレの金だ。

両親の家のテレビ、冷蔵庫、エアコン、車などだって全部オレがプレゼントした物だ。
お前の兄弟の車を見てみろ、全部オレの財布からだ。

毎月のお手当も十分に渡してきたじゃないか。
月に5万バーツもだ、幸せだろうよ。

生命保険もお前が入れと言うから、死亡時1千万バーツで契約したんだぞ。


それが何だ、寝たきりになったらろくな物しか食わせない。
犬の餌と同じじゃないか!

おむつくらい、取っ替えてくれたっていいだろうよ!
それになんだ、こんな狭い部屋にオレを移すなんて・・・!

お前や家族の裕福な生活はだれのお蔭だと思ってんだ!
そう考えればこんな扱いは出来ないはずだろ。

少しは感謝しろ、恥を知れ、この恩知らずめ!




なに言ってんのよ、日本人はお金持ってんだからその位やるのは当たり前でしょ!

あたしの家族の面倒はあんたがみる、これ当然じゃない?!

あたしのような若い女と生活出来たのよ、イイ思いして来たんでしょ。 それだけでもありがたいと思いなさいよ!

それが何よ、ガタガタうるさい事言って。
反省して謝んなさい!

寝たっきりだけど、まだ押っ放り出されないだけマシよ。 
感謝しなさい!

独り言でつぶやく。



早くくたばっちまえ! この糞ボケジジイ!





以上はチェンマイの日本人爺さんとタイ人女性の会話。
(注)貴方ではありません。
   当ブログの読者以外の爺さんの事です。



中国に対しODAをやってきた日本政府、タイ人パートナーに貢いできた日本人爺さん。

ジジイには、日本政府と日本人爺さんがダブってしまう。



爺さんが女に注(つ)ぎ込んだカネは自分のカネ、誰も文句の付けようがない。

ODAは全て国民の税金、だから釈然としないのである。



悪い国に親切を施さば、三度ひどい目にあう。

金を失うのみならず、感謝もされず。       

それどころか征服されて従僕にされるぞ!
      独居老人



 



独居老人は、若き美女に対してODAの用意がございます。

お世話になってるタイ、チェンマイ女性に貢献致したい。
ジジイが身銭を切ります、税金ではありません。

お待ちしてます。





こりゃダメだ。

チェンマイって ホントいいですね! 





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 06:57| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おや、今朝は政治話題。
キッチリ検証、薀蓄豊富。
でも最後は・・・ですね。
安心しました。
Posted by 処置なし at 2014年11月20日 10:07
世界第2の経済大国へのODAどう考えても非常識ですよね。
でもダムや新幹線同様一旦決めた政府予算の変更は先ず難しいようですね。
中国ODAだってもう半世紀近いのでは?何兆もの予算がつく美味い話には白アリ役人が群がって離れません。
要はいくつもの外郭団体や天下り法人の為にある予算であって赤字であろうが非常識であろうが関係ないんじゃないでしょうか、ODAが6兆としたら少なくも2兆は白アリに喰われているのでは?
Posted by 迷えるオッサン at 2014年11月20日 15:45
処置なし老人さん:
今度は一回、真面目なままで終わってみます。
生真面目なジジイを見てください。
Posted by 独居老人 at 2014年11月21日 07:08
迷えるオッサン殿:
高尚なるコメントありがとうございます。
白アリは4兆円は喰ったのでは、そのくらいに
思ってます。
政治家は自分のカネじゃないから、なんぼでも出したがる。向うに行けば、センセイ先生とおだてられ、抱かされて・・・。
Posted by 独居老人 at 2014年11月21日 07:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: