2021年07月02日

独居老人の生活2294(老衰)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2294(老衰)


 それでも生きて行かなければならないとは、
 おそろしい言葉である。

 ほとんどの人間が、 それぞれの幸福の絶頂期に、
 あるいは辛いことのさなかで、 死ぬことができない。

 たいていが落ち目の長い坂をくだりながら、
 あるいは依然として辛い毎日を、

 衰老に向って生きていかなればならない。


                     井上ひさし (作家)


@ チェンマイのコロナ新規感染(2021年7月1日)

チェンマイ県発表、 7月1日は6人

死亡は0人、 死者累計27名。


6月のチェンマイ県内コロナ新規感染者数の推移は、

6月1日:6人 → 以降3 → 1 → 3 → 1 → 1 → 2 →
2 →1 → 1 → 6 → 1 → 4 → 1 → 0 → 1 → 1 →
1→ 2 → 3 → 3 → 2 → 1 → 7 → 10 → 1 → 6 →
4 → 6月30日:4人 →

7月1日:6人

         * *

チェンライ県の新規感染者数:
6月20日 28人
 ・21日 21人
 ・22日 42人
 ・23日 19人
 ・24日 47人
 ・25日 28人
 ・26日 20人
 ・27日 18人
 ・28日  8人
 ・29日 11人
 ・30日 28人

・7月1日 16人

  *******************



A CCSA発表(7月1日)のタイの新規感染は5,533人。

うち刑務所で 44人、 ほか国内で5,477人の感染を確認。
さらに海外からの入国/隔離で12人が陽性。

刑務所を除く国内感染(5,477人)の都県別は次の通り。
            ☟
バンコク都:1,960人、サムットプラカン県:435人、パトゥムタニ県:321人、 サムットサコン県:298人、 ソンクラー県:272人、 チョンブリ県:261人、ナコンパトム県:231人、 ノンタブリ県:224人など。

感染者累計:264,834人。
7月1日の死亡は57人、 死亡累計:2,080人。 

  ******************



B プーケット・サンドボックス開始。

タイの観光再開計画・プーケットツーリズム 「サンドボックス」 は、 7月1日、希望と不安の中で予定通りスタートした。

今年第3四半期(7月〜9月)で、 約10万人の外国人観光客がプーケット来訪、 約89億バーツ(約312億円)の観光収入を期待。

シーズンオフで10万人 ÷ 3ヵ月 = 33,330人/月も来るの?
1日1,100人の来訪という捕らぬ狸の皮算用だが....

で初日、の7月1日のプーケット到着は何人?
合計約250人の観光客が、 シンガポール、 イスラエル、 アブダビ、 カタールからのフライトで到着。

7月は合計426便、 8,281人のインバウンド乗客と3,613人のアウトバウンドが予定されている。

既に約4,100人の旅行者が、 プーケット旅行のために入国証明書(COE)を申請済み。

人気のパトンビーチエリアのホテルでは、合計383室、 1,671人の予約があるという。

プラユット首相は7月1日、 プーケット国際空港に到着した外国人観光客を迎えた。

加えてセキュリティチェックポイントも視察する由。

pict-Prayut lands in Phuket to welcome first sandbox arrivals.jpg
    ☝ マイクを握って話すプラユット首相。


初日到着250人のうち、 個人旅行は何人いるのだろうか?
団体またはパックツアー客が多いのではないかな。


  *********************



C タイはイベルメクチンを承認していない。

pict-DSCN7810.jpg
     ☝ ジジイが購入したイベルメクチン。


タイの医学部門では、 イベルメクチンがコロナ治療に役立つという結果を出している。

この研究は、Siriraj病院や他の病院で協力して行われ、 コロナに感染した患者を対象とした併用薬セットをテストしている。

研究に関与した病院は、 結果がすぐに期待できると述べた。

医学部門長のSomsak博士は次のように述べた。

「南米の多くの国では、イベルメクチンが主要な薬剤として使用されている。
しかし、薬の有効性の結果がまちまちであるため、 多くの国際保健機関は公式に推奨はしていない」

タイでは、イベルメクチンの使用を禁止していない。
医師の助言の下でこの薬を使用できると発表。

しかしコロナ患者のメイン薬剤として使用することは推奨しないという。
WHOは、イベルメクチンがコロナ治療薬としてはまだ承認していない。

一方、タイ食品医薬品局(FDA)も同様に承認していない。
現在は、 臨床テスト段階。

タイFDAは、
「実験テストはイベルメクチンがコロナに有効であることを示している。
しかし、 健康を害するかもしれないので、 大衆がそれを買うべきではない。
動物用の登録ブランドは200あり、 人間用は2つだけだ」 と警告している。


  *********************



D 高級官僚が手錠をかけられる時。  

コロナの影響で売り上げ減の個人事業主らを対象にする国の 「家賃支援給付金」 をだまし取った男がいた。

経済産業省キャリア官僚の2人だ。

警視庁は産業資金課係長の櫻井真(28)と産業組織課職員の新井雄太郎(28)を詐欺容疑で逮捕した。

  pict-DSCN7811.jpg
     ☝ 手錠をかけられた新井雄太郎 




給付金を詐取した2人は慶応高校の同級生で慶応大学卒。
警視庁2課は、 他にも不正受給があるとみて調べる。

pict-詐取した給付金はほぼ個人口座に.jpg
      ☝ 櫻井真(左)と新井雄太郎


逮捕容疑は2020年12月下旬ごろ、 虚偽の建物賃貸借契約書の画像データを添付するなどして家賃支援給付金をオンライン申請し、 約550万円をだまし取ったとしている。

詐取した給付金はほぼ個人口座に入金、 550万円の内500万円は櫻井が受け取ったという(週刊Friday)。

           * *

桜井真が住んでいたタワーマンションの家賃は月50万円。
加えて高級外車にも乗っていたというから凄い。

  pict-DSCN7813.jpg
           ☝
   ブリリア 一番町(地図はココ



櫻井の実家は、 父親が中小企業の社長でお金持ち、 しかし28歳の息子はカネ欲しさに犯罪に走った。

pict-桜井真のFacebook顔画像.jpg
      ☝ 中国旅行中の櫻井の写真。




霞が関から拘置所へ、 そこでじっくり瞑想だ。

  pict-DSCN7812.jpg
        ☝ 櫻井真(28)

         * *

鳩山由紀夫は国会議員でありながら、 母親から月1500万円の小遣いを貰っていたというが、 母親はブリジストン創業者の娘、 桁違いの金持ちだ。

なので鳩ポッポは罪は犯さなかった。
しかし中国や韓国に日本という国を売った、 この罪は重い。


  *********************



E 歩く姿。

石原慎太郎は 1932年9月30日生まれで現在88歳。
あと3ヵ月経つと89歳になるが今もって元気。

下の写真は昨年(2020年)8月、 靖國神社を参拝したときのもの。

  pict-2020.8.15.jpg


では、 歩く姿をビデオで見るとどうだろう。
2019年8月15日、 同じく靖國神社を参拝した時に撮影。

あと1ヶ月半で87歳になるという石原慎太郎の姿だ。
ビデオスタート後 3分20秒から登場。
           ☟
https://www.youtube.com/watch?v=XDH2AW3UqEk


ジジイは今76歳、 毎朝1時間のスピードWalkingが日課だ。
スタコラ、スタコラ汗をかきながら歩く。

しかし10年後には、 ジジイも石原慎太郎と同じような歩き方になるのだろうか?

そう考えと気が滅入る。  いや、 杞憂かも....






あと10年も 生きちゃいないか。



チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:05| Comment(1) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする