2021年01月30日

独居老人の生活2140(理想を求めて・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2140(理想を求めて..)


 年を重ねただけで人は老いない。

 理想を失うときに初めて老いが来る。

 歳月は皮膚のしわを増すが、

 情熱を失うときに精神はしぼむ。

              サミュエル・ウルマン (米国のの実業家、 詩人)


@ コロナ新規感染(タイ)

2021年1月29日(金)のコロナ新規感染は802人。

pict-802 new Covid-19 cases.jpg


国内89人はサムットサコン (79人)、 バンコク(7人)他。

692人は追跡されてコロナ検査を受けた人で、 うち686人はサムットサコンで陽性が確認された。

国内合計781人のうち、 98%がサムットサコンで発生。
死者はゼロ、 累計76人のまま。

ま、サムットサコンを厳重に封じ込めることだ。


  *********************



A タイで終身刑になった日本人。

pict-タイで終身刑になった男.jpg


薬物運びで逮捕され、 終身刑を言い渡された日本人男性。
淡々とその刑務所暮らしを述べている。

ほとんど愚痴らしきことを言わないこの老人、 肝が据わっているのかな。

ビデオでどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=uUr1YHBWFRk


  *******************



B トイレ天井の水漏れ → カビ発生。

先日お伝えしたジジイの部屋のカビ発生。

  pict-P_20210127_111435_vHDR_On.jpg


1月28日午後、 工事業者がやって来た。
どうやって補修したか?

まず1日目は天井のカビ発生中心部を切り取ってしまう。

   pict-DSCN7596.jpg



2日目(29日)に周りのカビを取り除き、 正方形の穴に新しいボードを埋め込む。

そして天井一帯にペンキを塗って完了。
とても綺麗になりました。

pict-DSCN7599.jpg


この2日間シャワーを浴びていなかったので、 今朝(30日)は早速ジジイの身体を綺麗にした。

補修代は勿論無料、 タイにしては対応が迅速だった。
苦情を言ってから翌々日には完了、 これイイネ!


  *********************



C お笑い元オセロ・松嶋尚美の一言。

1月27日の参院予算委員会で、 立憲民主党の蓮舫議員が菅首相の答弁にこう言った。

「そんな答弁だから言葉が伝わらないんです。
そんなメッセージだから国民に危機感が伝わらないんですよ。

あなたには、 総理としての自覚や責任感、 それを言葉で伝えようとする、 そういう思いはあるんですか」

            * *

この蓮舫氏の質問に対し、 あるTV番組でコメンテーターの松嶋尚美は次のコメントをしていた。

   pict-松嶋尚美.jpg    

「(蓮舫氏は)今の総理に今の国民が思っている色んな不満を言う係なんやろうけど、 嫌やなって正直思いました」。


ジジイも嫌だなと思った。
ジジイはそっくり蓮舫にお返ししたい。

「蓮舫議員、 そんな答弁だから言葉が伝わらないんです。
そんなメッセージだから国民に危機感が伝わらないんですよ。

あなたには、 野党党首としての自覚や責任感、 それを言葉で伝えようとする、 そういう思いはあるんですか」

「二重国籍問題」 での 蓮舫の答弁(説明)には上記の言葉がピッタリだ。

愚にも付かぬことをぐたぐた言いやがって....
自分を棚に上げてよくも言えるもの、 ”蓮舫の面に小便”。

  pict-二重国籍問題.jpg


  ******************



D 小林一茶はなぜ精力絶倫だったか、 その秘密は?

本ブログ#2135(55歳でも1日5回ヤレる)にて小林一茶の性交回数をお伝えした。

一茶は結婚後、自分のセックス記録を日記につけていた。

以下、再掲して、
文化13年8月(一茶54歳)

 8日(晴) 夜 五交合 (菊女皈(かえる))
 9日(晴)  一交合  (心中に死す:
                心中前の性交のように激しく)
 12日(晴)  夜 三交合

 15日(晴)  三交合
 16日(晴)  三交合
 17日(晴)  夜 三交合(母の墓参り)

 18日(晴)  夜 三交合
 20日(晴)  三交合
 21日(晴)  四交合(父の命日)

54歳でこれだけの回数だ、 驚嘆するしかない。

一茶は64歳の時、 3度目の結婚(相手32歳)はをした。

江戸時代の50〜60代といえば、 今の70代、80代と同じだろう。
それがなぜ精力絶倫なのか?

一茶は強壮剤の元となる生薬をのんでいたという。

「婬羊霍」 陽茎が怒る(勃起する)という意味から
       イカリ草と名付けられた。

「黄精」  和名でナルコユリという山野に自生する。
       ヤマイモ科の蔓草で地下茎を用いる。

「蒼朮」  和名ウケラ・オケラという強精と胃病に効く。

「竹節」  朝鮮人参の代用として根茎を薬用にする。
       咳止めと強精。

            * *

まず 「淫羊霍(インヨウカク)」 は、 古くから強精、 催淫に使用される植物の代表的なひとつ。

雄の羊がこれを食すと1日に百回交配するという逸話からこの名前が付けられた由。

日本では錨草(イカリソウ)の呼び名で知られているメギ科の多年草で、 花の形が船の錨に似ているのが名の由来。

生薬の淫羊霍は、 江戸時代に日本に渡来し、 全国の薬草園などで栽培されていた。

日本では野生のイカリソウを滋養強壮に効く薬草として、 家庭薬や薬酒などに用いられたという。

  pict-淫羊霍.jpg


薬効は、ED、 腰痛のほか、 補精、強壮に効用があるとか。

価格3,486円、 アマゾン(通販)で買える。

            * *

もう1つ、 「黄精(オウセイ)」 はユリ科のアマドコロ属のナルコユリの根茎を乾燥させたもの。

ナルコユリは高さ50〜100cmの多年草で、 初夏に小さな花をたくさんつける。 薬用部分は根茎。

黄精の名の由来は、 疲労が蓄積した(精力が減退した)時に、 物が黄色(かすんだよう)に見えるのを回復させる薬の意味。

その黄精が強壮薬として日本で広く知られるようになったのは江戸時代の頃。

現在でも、 砂糖・飴・餅粉と混ぜた 「黄精飴」 は、 岩手県盛岡市・長沢屋の伝統銘菓である。

また黄精を焼酎につけた 「黄精酒」 を小林一茶が愛飲したことは、 一茶の 「七番日記」 に記されている。

一茶は52歳から65歳までの間に3人の妻をめとり、 5人の子をなしている。
一茶の精力絶倫の源は、 この黄精酒だったようだ。

  pict-ウチダ和漢薬 生薬 黄精 刻 500g.jpg

現在は小島漢方などで販売(2,980円)、 アマゾンで買える。

(注)よくお調べになって自己責任でご購入ください。

          * *

色々な生薬で売られているのが強精剤の 「神仙丹」。

神仙丹ゴールド.png

              
詳細説明は下をクリック。
          ☟
https://kampo.sinyakudo.shop/kracie/kracie_sinsentan.html


江戸時代にバイアグラがあるわけがない。

小林一茶は薬草を採集し、 それを焼酎につけたりして飲み、 精力アップに努力していたのだ。

年老いて結婚した一茶は、 初婚はお菊(28)で24歳年下。
再婚相手は一茶が62歳の時で、 相手の雪(38)も24歳年下。

一茶は64歳の時、 宮下やを(32)と3度目の結婚。
やをは32歳も年下、 張り切らざるを得ないわけだ。


現在はバイアグラなどがあるから助かっているが、 もし無ければチェンマイの爺さんも強壮剤(生薬)を探しているだろう。

ジジイは正直言って、 60歳の時には完全なEDだった。
もう諦めていたが、 チェンマイに来てから友人らに煽られて、 初めてバイアをのんでみた。

これがよく効いた、 それはもう自分自身が1番驚いた。
死んだはずのムスコが生き返ったからだ。

それからというもの、 相手探しに苦労する。
風俗嬢相手では、 イマイチ打ち込めない。

やさしくて人柄よく、 豊満なる肉体の美女。
ムスコが元気なら死ぬまで、 そんな女性に奉仕したい。

75歳のジジイだが情熱はまだまだある。

そう、夢は諦めない。





しかしそこには 厳しい現実が....


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:31| Comment(0) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする