2020年10月13日

独居老人の生活2031(リスクをとらなきゃ...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2031(リスクをとらなきゃ...)


  必要以上に数値にとらわれると

  臆病になってリスクが取れなくなります。

                              羽生善治 (プロ将棋)


@ 本日のお尻。

pict-DSCN7418.jpg



湯船でなまめかしい姿態を見せるのは・・
             ☟
  pict-DSCN7423.jpg



   脊山麻理子は40歳、 よくやるよね、 感心!
pict-DSCN7419.jpg



  脊山“捨て身”の水着姿.jpg

慶応義塾大学卒の才媛なれど、 惜しげもなく見せてくださる。
2009年12月末に会社員の一般男性と結婚、 でも2015年7月に離婚しちゃった。

60歳を過ぎても美しい裸をご披露願いたいものだ。


  **********************



A ベトナム戦争での韓国軍被害者が賠償訴訟、 

これに対し韓国政府が反論!

ベトナム戦争で韓国軍に家族を虐殺され、 自分は銃傷を負ったとして韓国政府を相手取り、 損害賠償請求訴訟を起こした60代のベトナム人女性に対し、 韓国政府は韓国軍による被害であることが証明されていないとして反論した。

pict-ベトナム戦争での韓国軍被害者の賠償訴訟 韓国.jpg


政府の代理人を務める政府法務公団は2020年10月12日、 ソウル中央司法裁判所で行われた損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論で、 「原告が韓国軍によって被害を受けたかどうかの事実が証明されていない」 と反論。

また 「被害者の主張だけでは、被害があったことは信じ難い。

原告は韓国駐留アメリカ軍の監察報告書を根拠として挙げているが、 自分に有利な部分だけを抜粋して提出した」 と主張した。

さらに、外国人が韓国政府からの賠償を受けるためには、 該当国との相互保証が必要だが、 こうした要件を満たすかの確認も必要だと話した。

相互保証は、 韓国国民がある国を相手取って賠償訴訟を起こした際、 認められる余地がある場合にだけ、 その国の国民が韓国で訴訟を起こした際にも認めるというもの。

弁護を担当する 「民主社会のための弁護士会」 は2020年4月にこの女性の代理として、 韓国政府を相手に3000万ウォンの損害賠償を求めて起訴。

この女性は8歳だった1968年2月に韓国軍の銃撃によって腹部にけがを負い、 1年間病院で入院治療を受け、 家族も殺害されたり、 負傷したと主張している。   (source : KBS World)

                * *

アレレ、 韓国の決まり文句 「反省と謝罪」 は日本にだけかい?

「韓国軍による被害であることが証明されていない」 と言ってるが、 じゃあ ”慰安婦” も ”徴用工” に対しても、 その証拠(証明)を出して見せろ。

徴用工なんぞ、 お前の国で勝手に裁判し、 都合よく( ”元徴用工” への)賠償金を認めただけだろ?

裁判所の判決通りに、 韓国内にある日本企業の資産を没収するならやってみろ!

日本と韓国は、 「日韓基本条約」 を締結している。
昔の政権が結んだ条約は無効だって?

世界の国々がそんな国家をマトモに相手すると思うのか?
そう、 相手するのは中国、 それは韓国を属国にしたいから。


韓国は、 ベトナム 「ライダイハン」 に補償したらどうだ。
今回の60代の女性に対しても、 「反省と謝罪」 をすることだ。

  pict-vietnam.jpg



pict-韓国軍による現地婦女子への性的暴虐.jpg


韓国軍の蛮行記録は米国政府にちゃんと残っている。
しかし公開されているのはほんの1部だけ。

そのうち必ず日の目を見ることになろう、 悍(おぞ)ましい韓国人の歴史が、 残虐で卑しい民族の実態が....

地球は、 韓国を軸にして回っちゃいなんだよ。


  *********************


B 70年前に米国を選択したからと今後も選択する訳ではない。

pict-70年前に米国を選択したからと.jpg


イ・スヒョク駐米大使が2020年10月12日にこう述べた。

「70年前に韓国が米国を選択したため、 これからも70年間、
 米国を選択する訳ではない」

イ・スヒョク駐米大使はこの日、 国会の外交統一委員会の駐米大使館に対するビデオ国政監査において、 このように明らかにした。

「今後も米国を愛すことができて、 国益となるのであれば、
  米国を選択することになる」

加えて 「それでこそ米韓同盟が堅固となる」 と述べた。


これは、 自らの過去の発言を弁明する目的があってのこと。

イ・スヒョク駐米大使は、 2020年6月の特派員懇談会において次のように述べている。

「我々が米国と中国の間に挟まって、 選択を強要されることになると懸念されているが、 我々が選択を強要される国ではなく、 これからは我々が選択できる国という誇りを持つべきだ」
    (source : WoW ! Korea)

はい、 誇りを持ってやってくんなませ。
ライダイハンに補償し、 ベトナムに対し 「反省と謝罪」 をするんだよ。

誇りを持つなら、 インネンをつけて ”ゆすり、 たかり” を日本にするんじゃネー。

誇りを持って、 国家間の条約や合意を守ったらどう?


  ***********************  



C コロナ禍の世界で安全な国は? (最新版)

武漢ウィルス感染症が世界で拡大する中、 米国の経済誌 「フォーブス」 が2020年9月3日に発表。

「The 100 Safest Countries For COVID-19:Updated」

該当の報告書は、 世界250カ国・地域を対象に、 コロナ感染症に関する経済、 政治、 保健・医療の安全性を評価したものだ。

3カ月前に1位だったスイスは4位に落ち、 日本、 オーストラリア、 中国が5ー7位を占めた。

韓国は今年6月の最初の発表では10位、 今回アップして3位を記録。

世界で最も多くの感染者が発生した米国は55位。

「フォーブス」 は 「Deep Knowledge Groupの新たなコロナ感染症の特殊分析事例研究は、分析に含まれている250カ国・地域および各地域で達成した経済的・社会的および健康の安定性を含め強み・弱み・機会を分類して分析し、 順位を決めるよう設計されている」とした。

その上で 「武漢ウィルス感染症に触発されたグローバル健康および健康危機との戦争で彼らが提示する脅威や危険を測定したもの」 と説明した。

では、 まずトップ-10と主な国を見よう。

  pict-コロナ禍の世界で安全な国.jpg


<2020年9月3日現在のトップ-100>

尚、 〇の数字は、 前回(6月5日)発表の順位。

さあ、 日本とタイのランクが気になるところ。
         ☟
   1.Germany A
   2.New Zealand H
   3.South Korea(韓国) I
   4.Switzerland(スイス) @
   5.Japan D

   6.Australia(オーストラリア) G
   7.China F
   8.Austria E
   9.アラブ首長国連邦 J
   10.Singapore C

   11.Israel(イスラエル)
   12.Canada
   13.Saudi Arabia
   14.Iceland(アイスランド)
   15.Taiwan(台湾) O

   16.Norway(ノルウエー)
   17.Liechtenstein(リヒテンシュタイン)
   18.Hong Kong
   19.Finland
   20.Kuwait(クエート)

   21.Denmark
   22.Monaco
   23.Luxembourg(ルクセンブルグ)
   24.Bahrain(バーレーン)
   25.Hungary

   26.Netherlands(オランダ)
   27.Qatar(カタール)
   28.Cyprus(キプロス)
   29.Oman
   30.Andorra(アンドラ公国)

   31.United Kingdom(イギリス
   32.Vietnam(ベトナム) S
   33.Estonia(エストニア)
   34.Latvia(ラトヴィア)
   35.Ireland(アイルランド)

   36.Turkey(トルコ)
   37.Poland
   38.San Marino
   39.Belgium(ベルギー)
   40.Georgia(グルジア)

   41.Greece(ギリシャ)
   42.Lithuania(リトアニア)
   43.Italy
   44.Malta
   45.Russia(ロシア)

   46.Malaysia(マレーシア) ㉚
   47.Slovenia(スロヴェニア)
   48.Uruguay(ウルグアイ)
   49.Sweden(スエーデン 65位)
   50.Brunei

   51.Slovakia(スロヴァキア)
   52.Spain(スペイン)
   53.Czechia(チェコスロヴァキア)
   54.France(フランス 前回 60位)  
   55.United States of America(米国 前回58位)  

   56.Croatia(クロアチア)
   57.Tunisia(チュニジア)
   58.Argentina(アルゼンチン)
   59.Azerbaijan(アゼルバイジャン)
   60.Thailand(タイ) ㊼

   61.Greenland
   62.Portugal(ポルトガル)
   63.Maldives(モルジブ)
   64.Ukraine(ウクライナ)
   65.Chile(チリ)

   66.Brazil(ブラジル)
   67.Belarus(ベラルーシ)
   68.Barbados(バルバドス)
   69.Rwanda(ルワンダ)
   70.Albania(アルバニア)

   71.Cuba(キューバ)
   72.The Bahamas(バハマ)
   73.Armenia(アルメニア)
   74.Romania(ルーマニア)
   75.Seychelles(セイシェル)

   76.Mauritius(モーリシャス)
   77.Bulgaria(ブルガリア)
   78.Mexico(メキシコ)
   79.Indonesia(インドネシア
   80.India(インド 56位) 

   81.Paraguay
   82.Peru
   83.Montenegro
   84.Macao
   85.Venezuela

   86.Kazakhstan(カザフスタン)
   87.Costa Rica(コスタリカ)
   88.Trinidad and Tobago(トリニダード・トバゴ)
   89.Jordan(ヨルダン)
   90.Dominican Republic(ドミニカ)

   91.Gibraltar(ジブラルタル)
   92.Sri Lanka(スリランカ)
   93.Nigeria(ナイジェリア)
   94.Mongolia(モンゴル)
   95.Equatorial Guinea(赤道ギニア)

   96.South Africa
   97.Moldova
   98.Grenada
   99.Republic of Serbia(セルビア)
   100.Colombia


フィリピン(前回55位)やミャンマー(83位)、 ラオス(99位)はランクを落としトップ-100から消えた。

意外と健闘しているのがベトナム(32位、 前回20位)。

タイは、 前回47位 → 今回60位と下落。 なんでかな?
コロナをしっかり抑え込み、 死者も59人と少ないのに...

このランクは、 コロナ感染症に関する経済、 政治、 保健・医療の安全性を評価しているから。

例えば、 経済を無視したコロナ対策は低評価になる。
これならバカでもできる、 ロックダウンし鎖国すれば簡単だ。

タイは、 感染は抑えられているが経済悪化は酷いもの。

昨年前半(1月〜6月)比で、 今年の自殺率は22%増加した。

感染による死亡が59人でも、 誇ることはできない。
不況になると自殺者が増えるのは、 1997年のアジア通貨危機の時と同じ。

1990年代のタイ経済は、 それまで年間平均経済成長率9%を記録。
しかし1997年、 タイは初めて貿易収支が赤字に転じた。

好景気を謳歌していたタイ経済はあっという間に崩壊し、 企業の倒産、 失業者が大量に出た。

今回は通貨ならぬコロナ危機、 政府の経済パネル責任者が先日、 警鐘を鳴らした。  「開国か 崩壊か!」

ハイシーズン間近、 すぐ外国人観光客を受け入れろというもの。
低リスク国の観光客なら、 取り敢えずコロナ陰性証明書だけで十分だと思う。

あとは各人が、 ホテルや自宅で自主隔離すればいい。
14日間も高いホテルに閉じ込める必要はない。


2019年にチェンマイを訪れた観光客は約340万人。
今年は3月から鎖国になっており、 300万人減になるのでは...

300万人はほぼ茨城県の総人口(赤ん坊から寝たきり老人まで含む)。
その300万人が、 今年はそっくりチェンマイから消えるのだ。

それもお金を落としにやって来る観光客である。
チェンマイは観光で持っているといっても過言ではない。

チェンマイ経済はどん底に落ち込み、 殺風景なタイ北部の田舎町に変貌している。


リスクを取らなきゃ発展は望めない。
タイ国内の新規感染ゼロの維持は無理があろう。

しかしこの数字にとらわれているのでは...
企業ではリスクをとって、 設備投資や新規分野に挑戦する。

チェンマイの日本人爺さんを見習えといいたい。

爺さんたちは、 ちょっと可愛いってだけで女に入れ揚げる。
己の歳を顧みず、 若いタイ人と結婚までする、


これほど大きなリスクを物ともせず....






ま、これはエロボケだが...


チェンマイって ホントいいですね!

 (注) ライダイハンとは...

ライダイハンとは、 ベトナム戦争時、 韓国人兵士が強姦し現地ベトナム人女性の間に生まれた子供。

韓国・京郷新聞によれば、 戦争終了後に残された子供は少なくとも3000人以上、 2〜3万人との推算もある。


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:16| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする