2020年10月11日

独居老人の生活2029(XANADU)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2029(XANADU)


 誰もが何も所有していないが 誰もが豊かである。

 陽気、 心の平和、

 そして自由よりも大きな富があるだろうか。

                   トマス・モア (英国の思想家)


Xanaduは、 ザナドゥ、 キサナドゥと読まれ、 様々な分野で広く使われる名称だ。

語源は、モンゴル帝国(元)の都で、 クビライ・カーンが、 モンゴル高原南部に設けた。

またイギリスの詩人サミュエル・T・コールリッジが作品の中で、 歓楽の都として歌った。

それ以来、 幻想的な名前として使われるようになり、 「桃源郷」 とか 「ユートピア」 と訳されることもある。

ちなみにマレーシアの航空会社 「エアアジアX」 のコールサインが「Xanadu」 。

               * *

ユートピアと聞いてここだと納得できるのが...
ビル・ゲイツの私邸である 「Xanadu 2.0」。

pict-ビルゲイツの大豪邸.jpg


ビル・ゲイツはワシントン州シアトル生まれ、上の写真の豪邸もシアトルにある。

レイクワシントンに面して建てられ、 マスコミなどから 「Xanadu 2.0」 と呼ばれている。

7つのベッドルーム、 バスルームは24。

    そしてゲイツの図書館も・・
pict-ビルゲイツ図書館.jpg



    レセプションホール、 150人がディナー。
pict-ビルゲイツレセプションホール.jpg



     敷地内にはボートの係留場。
pict-プレジャーボート係留場.jpg



邸宅の敷地の外には、 人工の河を流す。 これが警備の役割。
鮭などを泳がせており、 まるで自然の川のよう....

pict-プライバシー等を守るために人工河が流れています.jpg


不動産サイトでは、 2018年にこの邸宅の資産価値を、 約1億7000万ドル(約180億円)と弾いている。

ではゲイツの邸宅 「Xanadu 2.0」 をビデオでどうぞ!
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=JHEYAvyGxAU&feature=emb_logo

                * *

こちらはチェンマイ。
市街から車で30分走った郊外、 ジジイの友人宅も豪邸だ。

友人と奥さん(タイ人)の2人暮らし。
金持ちの日本人爺さんをゲットした奥さんは、 宝くじを当てたようなもの。

pict-DSCN6032.jpg



   夫婦の寝室、 ほとんど睡眠だけとか。
pict-DSCN6029.jpg



    来客用の寝室。
pict-DSCN6024.jpg



     和室もある。
pict-DSCN6022.jpg



   リビング、 奥さんが友人と酒を飲む場所とか。
pict-DSCN6021.jpg



     スィミングプール付き。
  pict-1574152922957小西宅 (2).jpg



     ジャグジー風呂。
  pict-1574152922957小西宅 (1).jpg
    ☝ 勿論、 普通のバスタブとトイレもある。



     ここはサウナ風呂。
  pict-DSCN6027.jpg



     家の中を川が流れる。
  pict-DSCN6023.jpg


   
    森林の小屋にこもって瞑想にふける?
pict-DSCN6014.jpg
            ☝ 中庭に建てられた小屋。


但し、 ビル・ゲイツと違い、 掃除夫や庭師などはいない。
なので友人が部屋から庭まで、 掃除は全て自分でやる由。

              * *


避寒のためチェンマイを毎年訪れ、 半年を過ごす友人のサービスアパートメントはとてもシンプルだ。

場所は、 フォイケーオ通り界隈でとても便利。
部屋代は3ヶ月契約で3,500バーツ/月。

   pict-1572220287523星の貧乏部屋 (5).jpg



     ベッド、 尚、シーツは洗濯中。
  pict-1572220287523星の貧乏部屋 (1).jpg



     照明(蛍光灯)も1つある。
  pict-1572220287523星の貧乏部屋 (2).jpg



     友人の持ち物は僅か。
  pict-1572220287523星の貧乏部屋 (4).jpg
   ☝ 1部屋だけ、 女は呼ばないから十分。


ビル・ゲイツの豪邸と比べるとちょっと侘しい感じもするが、 友人にとってはこのアパートが 「Xanadu」 (ユートピア)であろう。

ま、簡単に言えば、 貧乏人ってこと。

現在、 外国人観光客が入国困難なタイ、 友人は厳寒の日本で今冬を過ごすことになるかも....

                * *

先日、 ジジイが夕飯で出向いたのがレストラン 「Xanadu」。
「Furama Hotel」 の屋上にある。  (地図はココ


  ライブは懐メロポップスが多く、 老人にはぴったし。
pict-1602292443638キサナドゥー (6).jpg



    店内は広い、 コロナで客は少ない。
pict-1602292443638キサナドゥー (2).jpg



pict-1602292443638キサナドゥー (5).jpg



   テーブルから 「MAYA」 が見える。
pict-1602292443638キサナドゥー (7).jpg



ジジイの注文、 ポーク料理:210バーツ。
(注)メニュー価格にサービス料10%、 税7%を加えた料金。

pict-1602292443638キサナドゥー (1).jpg
                 ☝
    左側がベーコン巻きのポーク、
    右サイドはニンニク、 生姜、 ピーナツなど。



友人が食べたサーモン料理(右):300バーツ。
 シェアした枝豆:118バーツ。
pict-1602292443638キサナドゥー (8).jpg



    ツマミで注文した貝:195バーツ。
pict-1602292443638キサナドゥー (4).jpg

尚、 Beer Chang大瓶は2本セットで200バーツ。

お値段、 雰囲気、 ライブなどが全て大人向け。
チェンマイの若者グループはまず来ない。

美しい夜景を見ながら静かに夕食、 素晴らしい!
だがオッサン同士で数組が食事をしていた。

やはり女性を連れて行けば喜ばれるだろう。
尚、 勘定はクレジットカードで支払った。

365日無休、 営業は18時00分〜23時59分、 駐車場あり。

               * *


ご老人なら耳にされたことがあるかも、 それがザ・ジャガーズのヒット曲 「キサナドゥーの伝説 (1968年)」 。

ちょっと思い出してください。
            ☟
https://www.youtube.com/watch?v=G_FK8fktKtY

  おー 愛に生きて死のう ♬
  あなたを つれてゆこう
  はるかなキサナドゥ

  おー 愛が生きるすべて
  古都の中にねむる花園 キサナドゥー

  なにもいらない愛がいのち
  キサナドゥー チェンマイ チェンマイ−


愛がいのち...と言ってるのは爺さんだけ。

オンナは....







「カネがいのち」 って思ってる。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:10| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする