2020年10月07日

独居老人の生活2025(鎖国か開国か)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2025(鎖国か開国か)


 人は上なるも下なるも 楽しむ心がなくては

 一日も世を渡ることは難しい。

                     井伊直弼 (彦根藩藩主、 徳川幕府の大老)


@ コロナに勝てるか?

バイデンには勝ちたい、 中国には絶対負けられない。

でも、 まずはコロナに勝たなきゃネ。

pict-DSCN7414.jpg
    (source : Newsweek )

  *********************



A コムロイ揚げの期日発表。

pict-コムロイ.jpg
               ☝ イメージ画像。


チェンマイイーペン祭り(ロイクラトン)におけるコムロイ(スカイ提灯)揚げの期日が発表された。

2020年10月31日〜11月1日で、特定の時間に限定される。

コムロイ揚げは、 10月31日、 11月1日の両日とも、 午後7時〜午前1時までOK。

熱気球は、 10月31日午前10時〜正午までの間にを飛ばすことができる。

この時間制限を破った人は、 最高3年の懲役、 最高60,000バーツの罰金の可能性あり。

イーペン祭りの少なくとも15日前に、 地区長の許可を得る必要がある。

ちなみに昨年は、 許可された企業や管理事務所から8,600個のコムロイが揚げられた。


今年のロイクラトンには、 昨年のように外国人観光客がいない。
静かで情緒ある祭りとなるだろう。    (source : Bangkok Post)


  ********************



B タイ入国規制のアップデート情報。

英字新聞(タイ)の 「The Thaiger」 が昨日、 既報からアップデートして掲載。

記事の中から目に留まった事柄をお伝えする。
                ☟

リタイアメントビザを持っていて、 長年タイに住んでいるのだが、
いつ日本(外国)からタイに戻れるか?

「Thaiger」 はその答えとして次のように記載している。

「過去6か月間、 海外で足止めされている外国人で、長期間タイに居住する人(リタイアメントビザの所有者)は、 今、タイに再入国できる。

但し、 14日間、 政府指定ホテルでの隔離あり。

チケットを購入する前、 またはその他の手配を行う前に、 最寄りのタイ大使館(または領事館)と状況について話し合ってください」


現在、 タイに入国する場合、 在日本タイ大使館が発行する 「入国証明書」 が必要となる。

6ヶ月間の足止めとなっているが、 それが例えば3ヵ月でも事情を話せば発行してくれるのではなかろうか。

「チェンマイでタイ人の妻と子供が待っています。
 6歳の子供は、 パパに会いたいと言って泣いてます」

こんな風に大使館に訴えれば、 人道上の問題から 「入国証明書」 を発行してくれよう。

入籍していなくても構わない、 同居や通い婚(恋人)でも家族と同じ。 堂々とタイ人家族と言っていいと思う。

尚、 在日本タイ大使館のアナウンスでは、 対象ビザを ”O-AとO-X” としている。

しかし 「Thaiger」 の記事は一般的な ”リタイアメントビザ” と記載。
つまりタイ政府の発表通りに報じたのであろう。

この点を勘案すれば、 在日本タイ大使館が独自の判断で ”O-A/O-X” にしたように思う。

他国では、 Non-Oも含む ”リタイアメントビザ” の人を対象にしている可能性が高い。

               * *

<Love is not tourism Thailand>
  愛は観光のタイではありません。

pict-DSCN7413.jpg


こんな謳い文句のfacebookが発信されており、 同じ状況にある人々によってシェアされている。 
                  ☟
武漢ウィルスによって引き裂かれた家族は、 タイ政府に家族との再会を支援するよう呼びかけています。

「私たちは政府に、人道上の理由から、 ビザを発行するか、 家族や恋人に再会できるよう、 入国許可を求めています。

Re-entry Permit スタンプがついたパスポート、 写真、 テキストメッセージなどで証明し、 再会を支援して貰いましょう」


てことで、 皆さまとタイ人家族(奥様・恋人)とが一緒の写真や住居などを添え、 最寄りの大使館に訴えるのだ。

タイ人の妻から着信したLineなら、
「あなたに早く会いたい、 すぐ帰タイして...子供も待ってます」

こんなメッセージ(又はコピー)を大使館の係官に見せよう。

但し14日間の隔離など、 入国要件を満たさねばならないが...
本日現在、 愛(再会)を実現するにはカネが掛かるようだ。


  *********************



C 今すぐ入国再開か、 それとも崩壊に至るのか。

急がないと手遅れになるぞ...と警告。

この様に警告したのは、 経済回復を主導するパネル責任者・Pailin Chuchottaworn氏。

「国の崩壊を防ぐために、 外国人の入国を再開せよ」 と政府に促した。

今年の年間GDPはマイナス8〜10%と予測されており、 これは国が1年間で1.5〜1.7兆バーツを失うことを意味する。

政府は特別観光ビザ(STV)で外国人観光客の再訪準備に時間を掛けたが、 タイは事実上鎖国状態にある。

「現在、 観光は重要な優先事項です」 とパイリン氏は強調。

「タイの経済は主に観光産業と輸出に依存しており、 鎖国を解消しない限りGDPの成長は難しい」 とも述べた。
     (source : Bangkok Post)

実に的を射た提言だと思う。
コロナ対策一本鎗では国(の経済)が崩壊する。

コロナと経済のバランスが必要だとジジイも思う。


  *********************



D 外国人観光客が間もなく到着(チェンマイ空港)

pict-First tourists soon to arrive.jpg


チェンマイ国際空港のディレクターは、 入国管理局や公衆保険局など多くの政府機関の代表者とともに、 10月5日、 同空港を監査した。

目的は、 海外からの来訪者を受け入れる準備ができているかどうかをチェック。

特別観光ビザ(STV)でチェンマイに来る旅行者は、 1日2便(国際便)で400人以下の予定、 近々訪れるという。

              * *

間もなく外国人観光客がSTVでチェンマイにやって来るというが、 いつなんだろう?

外国人はおそらく中国人か香港人。
チェンマイに政府指定の隔離ホテルがあるのかね?

いずれにしても、 外国人呼び込みに動き出しているようだ。
早くやらなきゃ、 タイの経済が崩壊しよう。

観光に全面依存のチェンマイはもっと悲惨な状況になる。
底辺に暮らす人たちをこれ以上苦しめないで欲しいもの。

「鎖国かそれとも開国か」 幕末の日本を思い出す。

まずはコロナの陰性証明書を条件に、 入国許可を出せばいい。
勿論、 対象国を ”コロナ低リスクカントリー” に絞ってのこと。

これだけでも大きな効果を得るだろう。


”低リスクカントリー” って当然....






日本、 入るよね。


チェンマイって ホントいいですね!








posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:41| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする