2020年10月04日

独居老人の生活2022(ロマンス詐欺)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活2022(ロマンス詐欺)


  結婚は通販で買われへんぞ!

                      岩橋良昌 (吉本のお笑いプラスマイナス・ 芸人)


@ AirAsiaが新年から、 日本〜バンコクの航空券予約を再開。

AirAsiaのアプリで今、 成田〜ドンムアン(航空券)の予約を受付けている。

他の空港でチェックしたら、 札幌〜ドンムアンも予約受付中。

ご存じのように、 2020年12月までは予約を受付けていない。
それが何故か2021年1月便から予約再開に....


    成田 → ドンムアン空港。
 Screenshot_20201004-101917.jpg

2021年1月2日から運航で、 1月3日とともに片道28,800円。
1月6日以降は全て18,900円(片道)。
10月11日から予約できる。



参考までに、 2021年2月の復路:17,600円(片道)。

  1601764358800.jpg

2021年3月、 4月も同じ料金で、 17,600円。
10月13日から予約できる。 尚、 料金は現在提示中のもの。


しかし本当に飛ぶんだろうか?

タイ政府は本日現在、 一般観光客に対し鎖国政策をとっている。
航空券だけ予約しても、 入国できないのではムダになろう。

問題は、 タイ政府の入国規制がどこまで緩和されるかだ。

例えば、 2021年元旦から隔離なし、 「コロナ陰性証明書」 さえあればタイ入国がOKとか。

本日現在の入国要件では、 とても予約する気にはなれない。

AirAsiaとタイ政府とで、 密かに入国要件緩和の話が進んでいるのなら、 それはそれで大歓迎だが...

AirAsiaが、 取り敢えず新年から予約だけとっておこう..てなことの再開なら、 余りにも無責任というもの。


先日、 タイ政府・経済委員会の責任者がメディアに語った。

「政府はコロナに対する規制について見直すべきだと思う。
タイはコロナを抑制し称賛されているが、 これは経済の犠牲があるから。
しかしそこまでして感染ゼロを堅持する価値があるのだろうか。

タイはコロナ禍でも、 世界で安全な国としてあり続けるだろう。
だが、 経済を犠牲にしてまでこの記録を保ちたいのか」

そう、 経済的に安泰な人々は、 当然コロナ防御一辺倒だろう。
泣くのは失業などしている底辺のタイ人だ


  ********************



A ロマンス詐欺いろいろ。

2020年9月25日、 フィリピン人の女が警視庁に逮捕された。
外国人男性を装い、 女性から金をだまし取るなどした疑い。

容疑者はサグドジョセフィンタカハシ(47)。
                ☟
pict-国際ロマンス詐欺 フィリピン人女.jpg


仲間と共謀し、 SNSで外国人男性を装い、 東京・調布市の女性(50代)から、 1,125万円を騙し取ったというもの。

俗にいう 「ロマンス詐欺」 の手口である。
これは何も日本だけとは限らない。

                * *

こちらはタイ、 今年7月のロマンス詐欺事件だ。

pict-Romance Scam.jpg


タイのイミグレ警察は、 2人のナイジェリア人と1人のタイ人女性を詐欺容疑で逮捕。

彼らは他人のIDカードを使って14の銀行口座を開設していた。
それらの口座ごとに1,500バーツが支払われていた由。

入国管理局は家宅捜査でいくつかの銀行通帳、 ATMカード、 携帯電話のSIMカード、IDカードのコピー を押収。

彼らの口説きのテクニック(秘密)が明かされた。
恋人を求める人たちを騙すため、 使用する教本 「プレイブック」 を持っていたのだ。

ロマンス詐欺犯のターゲットは 「恋人募集中の人」。
特に未亡人または離婚者がベストで、 出会い系サイトやソーシャルメディアを利用。

pict-Nigerians-Arrested-in-Phuket-Over-Suspected-Romance-Scam.jpg


この詐欺で数十万ドルを稼ぐ奴もいる。
とりわけナイジェリア人らは、 祖国に帰れば億万長者だとか。

              * *

ジジイのスマホでこんな出会い系アプリを見つけた。
シニア向けで、 オッサンとオバさん/若い子が結び付く。

  pict-Screenshot_20200913-132002シニア出会い系 (1).jpg

    日本語に転換すると・・
  pict-Screenshot_20200913-132002シニア出会い系 (2).jpg

  pict-Screenshot_20200913-132002シニア出会い系 (3).jpg

ジジイは利用したことがないが、 「当方60歳、 日本人、 優しい彼女を募集中」 とでもすれば、 優しくないタイ人女性が見つかるかも。


               * *

こちらはとんでもない日本人の 「ロマンス詐欺師」 だ。 
婚活アプリを利用、 被害女性2人が語る悪質手口とは?

増田勝紀(48)は2019年7月、 婚活アプリで知り合った30代の女性からクレジットカードを騙し取り、 現金50万円を引き出した疑い。

pict-政策を陰で作ってる」婚活アプリ結婚詐欺男の殺し文句.jpg


幸せを願う女性に付け込む卑劣な手口。
余罪は十数件に上るとみられている。

詐欺男・増田の殺し文句は “コンサルタント” をしていると相手に言う。

「政府の政策を陰で作ったりしてる」 とか
「内閣府に足を突っ込んでいる」 など。

  pict-DSCN7396婚活詐欺師 (3).jpg
    ☝ 経済産業副大臣席に座る詐欺師。



こんな席に座らせた代議士がいるわけで....
その人が経済産業大臣を短期間務めた菅原一秀議員だ。

  pict-DSCN7396婚活詐欺師 (4).jpg
     ☝ 左側が菅原一秀国会議員。



何とこの詐欺師、 在日本ケネディ米国大使とも握手。
             ☟
 pict-DSCN7396婚活詐欺師 (2).jpg

増田は独身の会社経営者を装い、婚活アプリに偽名で登録。
そして自分は会社を経営、 車を何台も所有、 儲かっているとアピール。

で、女性たちと知り合うと、このような話を持ちかけてきたという。

「僕が出資するから会社を作ろう」

その上で、 「恋人なのだから会社の節税対策のために協力して」 などと言い、 クレジットカードを渡すよう求める。

女性がその要求に戸惑ってい ると…
「どっちなんや」 と、意思決定とか判断を急がせるという。


ロマンス詐欺に使う道具は写真だけじゃない。
このような偽の名刺をいっぱい作り、 女性を地獄に落とす。

  pict-DSCN7396婚活詐欺師 (1).jpg
             ☝
 上から、 モーガンスタンレー、 トーマツ、 慶応義塾大学。


増田容疑者は、 こうして騙し取った女性名義のカードを使い、 限度額いっぱいまで現金を引き出したり、 女性名義で高級車を購入するなどしていたという。

被害者の1人は、 会社の運転資金などを含め現金で1200万円ぐらい詐取された。

pict-DSCN7396婚活詐欺師 (5).jpg
          ☝ 逮捕された増田勝紀(48)


調べに対し、増田容疑者は 「カードは預かっただけで騙し取っていない」 と容疑を否認しているそうな。

               * *

このロマンス詐欺、 被害者が女性だけとは限らない。
そう、 チェンマイでは女に騙された爺さんが大勢いらっしゃる。

若くて美しいタイ人女性が、 臭くて醜い爺さんに惚れる...

ジジイは断言してもいい、 滅多にありません。
99.9% が爺さんのカネ目当です。

但し、 今、本ブログをお読みの皆様。
貴方のパートナーは0.1%の中のお1人です。

カネよりも....





貴方を心から愛しているでしょう。  (なんか ウソっぽいな)



チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 15:00| Comment(4) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする