2020年08月30日

独居老人の生活1987(パンダデリバリー)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1987(パンダデリバリー)


 外交とは、 可能なかぎり少ない 「ギブ」 で

 可能なかぎり多く 「テイク」 する技能だ。

                              塩野七生 (作家)


@ リタイアメントビザNON-OAから家族ビザに切り替えた。

本ブログ8月28日掲載(#1985)で、 リタイアメントビザNON-OAを医療保険なしで延長した件を取り上げた。

費用は、 18,500バーツ + 1,900バーツ(正規のイミグレ手数料)。
18,500バーツは業者に支払った手数料である。

延長したXさんは結婚しておりタイ人の奥さんと子供がいる 。

Xさんが言うには、 「リタイアメントビザOAから家族ビザに変更したかったが、 それはできない..と言われた」

で、仕方なく18,500バーツを業者に払い、 コネでOA → OAのまま延長したという。

なぜ家族ビザに切り替えたいか、 それは医療保険加入が不要だから。

               * *

本ブログを読んだ友人Bさんが、 次のようなLineをくれた。
              ☟
「私はNON-OAから家族ビザに切り替えました。

私も一旦出国し、 リタイアメントビザOAの失効後再入国し、 チェンマイで新たにNON-Oビザを取得する積りでした。

しかし出国したら、 すぐにはタイに戻れなくなります。
なので諦めて、 家族ビザに変更することにしました」

ということで、 Bさんは2020年3月下旬、 チェンマイの業者に依頼し、 リタイアメントビザ(OA)から家族ビザ切り替えた。

Bさんが日本で取得したリタイアメントビザ(OA)の有効期限は2020年7月。
その3,4ヶ月前に早々と家族ビザに変えちゃったわけだ。

 1598707621604.jpg



 pict-1598707625738.jpg


Bさんの業者への支払いは4,900バーツ(正規のイミグレ手数料を含む)。
Xさんが支払った額は20,400バーツ(  同上  )。

おそらくお2人が依頼した業者は異なっていると思う。

とにかく 「リタイアメントビザ(NON-OA)から家族ビザに切り替えた」 とBさんは言う。

一方でXさんは、 「NON-OAから家族ビザには変更できなかった」 と言う。

OAの延長には医療保険加入が必要ということで、 色んな苦労話が飛び出てくる。


  ********************



A タイはとても厳格。

「チャンネル8」 が最近放映したTV番組の性的愛撫シーンに批判殺到 → 謝罪するはめに。

対象は、 同局のテレビドラマ 「Sapai Rai Sakdina」。
あるシーンで、 男性が両手で女性の胸に触れている。

pict-Channel 8 regrets.jpg


これを見たタイ人は非難する、 「公共の放送に適さない」 と。

チャンネル8は、 「それは単なるエンターテインメント、 セクハラを意図したものではありません」 と弁明して謝罪。

同局は再発防止のため、 未放送の番組をチェックすると述べた。
     (source : The Nation)

              * *

ジジイはこの話を聞いて思ったことは、 やはりここはタイ。
ドラマの中で演じているだけ、 それでも批判が起きる。

キス・ベッドシーンなど、 濡れ場は勿論ダメ?
ジジイはタイ人男女が公園とか街角で、 キスしてるところを見たことがない。

何年か前の夜、 タイ人女性のバイクの後ろに乗せて貰った時、 ジジイは酔っていた。

走っていた時ジジイは後ろから彼女のオッパイに触った。
えらい剣幕で怒られたことを覚えている。

「触るんなら部屋の中でやりなさい!」 って...


  *********************



B パンダ デリバリー

コロナ渦の今、 大忙しなのがデリバリー業者。
food pandaなどのバイクが毎日チェンマイを疾走している。

  pict-Screenshot_20200829-220427.jpg
      ☝ food panda のバイク。


この 「food panda」 に対抗して、 日本からタイに進出する人がいるらしい。

間もなくチェンマイでもこんなバイクが走るかも....


            ☟



            ☟



  pict-1598746125924.jpg
本場中国に次いで、 世界屈指のパンダ繁殖頭数を誇る和歌山県白浜町のレジャー施設が 「アドベンチャーワールド」。

そこで2年ぶり17頭目の赤ちゃんパンダが誕生するそうな。

6月に雄雌の交尾が確認され、 妊娠していれば、出産は10月頃の見込みという。

白浜町では、 これまでに施設内で16頭のパンダが誕生。
現在飼育中の6頭のうち、5頭が白浜町生まれだ。

他の11頭は中国に返還され、 その後、出産するなどしており、 現在、各国で飼育されている約40頭が白浜ルーツとか。

和歌山県といえば自民党・二階幹事長のお膝元。
その剛腕を活かし、 せっせと中国からパンダを借入れ(有償です)、 地元に尽くす。

そして日本で繁殖させ、 生まれたパンダを無償で中国にお渡しになる。
パンダ外交を駆使し、 日中友好を深めておられるのだ。

まさに 「パンダデリバリー」 で中国に..ヨイショ、 コッラショ!

pict-中国に懐柔された二階幹事長.jpg
         ☝ 中国を持ち上げる二階幹事長。


武漢ウィルスのため中止になった習近平国家主席の国賓来日を、 何とか実現(復活)させようと尽力する二階幹事長。

デリバリーはパンダに飽き足らず、 今は緊急、 こっちに注力だ。
              ☟
   pict-pict-1598746129247.jpg
              ☝
     総理デリバリー、 さて次は誰を....



そんな幹事長を巷では失礼な呼び方をする。
とんでもない人たちだ。

  pict-Screenshot_20200830-071011.jpg
    ☝ fool panda (愚かなパンダ)なんて...


多くの 「Give」 で 少ない 「Take」....






チョッと当たってるかな。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:45| Comment(2) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする