2020年08月17日

独居老人の生活1974(スシローパタヤとGO)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1974(スシローパタヤとGO)


 色に迷う人は迷えばいい。 

 情に狂う人は狂えばいい。

 この世で一歩でも天に近づけば、

 自然と天が機会を与えてくれるだろう。

                                 樋口一葉 (小説家)


パタヤ滞在3日目(8月16日)、 毎日の朝食は部屋で食べている。
パン、 ハム、 ゆで卵、 トマト、 キュウリ、 玉ねぎ、 全てスーパーで購入。

で、ランチだが、 昨日は 「スシローガーデン・パタヤ」 へ...  
                  (地図はココ
タイの回転寿司を1度見てみたい、 食ってみたいと....

pict-回転寿司スシロー.jpg
          ☝ 日本にある回転寿司スシロー。


加えて手持ちの現金が不足しており、 クレジットカードで払いたい。
「Sushiro Gerden」 なら間違いなくクレカOKだ。

pict-1597627626001.jpg



pict-1597627713813.jpg



    入り口。
pict-1597627687412.jpg


人間の思い込みとはこんなもの、 当てが外れた。
高級和食レストランの 「スシロー」 があったとは...

     店内、 回転寿司は見当たらず。
pict-P_20200816_125631_vHDR_On.jpg



    ザーッとメニューを見てみよう。
pict-DSCN7234.jpg
                   ☝
 最安値で280バーツ、 最高値は下段右端の帆立で320バーツ。



     こちらは比較的安い感じ。
pict-DSCN7233.jpg

サバ照り焼きが180バーツとある。
ちょっと高いがこれを注文 → ところがまたも当て外れ。

一般の客は下段表示の360バーツ、 アレレ、 2倍もする。
180バーツは会員料金なので、 入会してくれと言う。

ならば 「会員になります」 といえば、 「入会料が200バーツ」。
バカバカしくなり、 一般客料金で安めの品を探す。

    冷やし中華:180バーツ。
pict-DSCN7239.jpg
       ☝ ビールはアサヒのみ、 小瓶:100バーツ。

この冷やし中華、 ジジイの口には全く合わない。
こういう冷やし中華もあったのか...こんな味は初めて。

チェンマイの 「友達ラーメン」 や 「家族亭」 で食べた冷やし中華は美味しいと思ったが....

回転寿司店が作る中華、 オリジナル料理ってことか。

で、勘定で、 「クレジットカードOKですね?」 と訊けば、

「ハイ、 但し3%アップになります」

それでもOKし、 約400バーツをクレカで支払うことに...
しばらく経って店員さんがやって来た。

「パスワードが必要ですか?」 とジジイ。

「いいえ、 機械が壊れておりカードは使えません」

えー、ラン島で食べたレストランでさえクレカが使えたのに...

値段と店の造りは高級なのだが....
2度と来ないぞ..の意を強くして店を後にした。

              * *

食事後バイクタクシー(50バーツ)で近くの 「ハーバーランド」 に立ち寄る。  (地図はココ


この日は日曜日、 子供向けのイベントが開催されていた。
それが 「GO」 の大会だ。
                  ☟
pict-DSCN7247.jpg
           ☝ ジュニア囲碁選手権2020.


そもそもパタヤに囲碁をやる子供がいるんかいな?
ジジイなんぞ五目並べしかできないのに....

ジジイの思い込み、 驚くほどいっぱいの子供が参加していた。

pict-P_20200816_133422_vHDR_On.jpg



 場所・フロアーそれぞれで数か所で熱戦を繰り広げる。
pict-P_20200816_133047_vHDR_On.jpg



pict-P_20200816_132847_vHDR_On.jpg
   ☝ 上3枚は3ヵ所それぞれの光景(床の色が異なる)



こんな感じでフロアを占有してのジュニア囲碁選手権。
              ☟
 pict-P_20200816_133649_vHDR_On.jpg 



       ズームアップ。
  pict-DSCN7242.jpg



いやはやタイでこんなに囲碁が盛んだとは初めて知った。
さらに上の階へと言ってみると....

     子供の遊び場がある。
pict-P_20200816_134631_vHDR_On.jpg



     囲いに書いてある文字を見ると・・
  pict-P_20200816_134609_vHDR_On.jpg
      ☝ ウヒャーッ、 ここは日本か?

子供だけではダメで、 親(大人)も一緒に入場が条件。
入場料も必要になる。

チケット売り場で訊いたら、 大人と子供(2人)で2時間なら640バーツ(ソックス代含む)。  かなり高額だ。

               * *

パタヤの社会勉強を終えたジジイはすぐにホテルへ戻る。
昼寝の時間、 その前にホテル近くのバーに立ち寄りビール。

pict-P_20200816_144512_vHDR_On.jpg

Beer Chang小瓶:50バーツ。
食い物は日曜ランチ(ポークセット)100バーツだけという。

そんなに安いのなら、 ここでランチをとれば良かった。
だからファラン(白人)の爺さんが来ているのか。

pict-P_20200816_142755_vHDR_On.jpg

100バーツの割にはボリュームがあり、 ビールを飲んで食ってれば肥満化間違いなし。


    ジジイはビールだけ。
pict-P_20200816_142817_vHDR_On.jpg

この界隈は白人在住者が多い。
我々と同じように、 集まってランチで一杯飲んでいる。

                * *

昼寝のあと、 6時過ぎからホテル屋上のプールでひと泳ぎ。
ジジイしかいなかった...というかチェックイン以来、 他の宿泊客には1度も出くわしていない。
                 ☟
pict-P_20200816_180613_vHDR_On.jpg
            ☝ 貸し切り状態で泳ぐ。



    ホテル屋上から見たパタヤの夕暮れ。
pict-P_20200816_185055_vHDR_On.jpg

               * *

    夕飯は歩いてブラブラ探し、 適当なところで・・
pict-P_20200816_201216_vHDR_On.jpg



    パッポン海鮮カレー:160バーツ。
    Beer Chang小瓶:50バーツ。
pict-P_20200816_203519_vHDR_On.jpg

メニューの値段はそれぞれ200と75バーツ。
キャンペーン中とかで、 勝手に値引きしてくれた。

今のコロナ時期、 客は来ないんだろうなあ。


食事後、 この店のすぐ近くにあるバーに吸い込まれた。
英語の歌が聞こえてきたからだ。

女性に引き込まれたわけではありません。
   店名 「Trench Town」   (地図はココ
              ☟
pict-P_20200816_222243_vHDR_On.jpg



フィリピン人の2人がカラオケでポップスを唄う。
歌唱力抜群、 ジジイはこんなのが大好きだ。
                 ☟
pict-P_20200816_214338_vHDR_On.jpg

100バーツを渡しリクエスト、 プレスリーとビートルズヒット曲を唄ってもらう。

Beer Chang小瓶が75バーツ、 ジジイは3本飲んだ。


     ジジイが座るとすぐにやって来た彼女。
  pict-P_20200816_212517_vHDR_On.jpg
       ☝ ジジイの好みじゃないので....



ジジイの向かいの席のオッサン、 数えたら7人の女性を侍らせてご機嫌。
しかしオッサンは酒類を飲んでいない、 下戸かな。
                  ☟
pict-P_20200816_214709_vHDR_On.jpg

オッサンの左隣の女性が本命のようだ。
しかしオッサンは勘定のとき、 7人に分け隔てなく200バーツのチップを渡していた。

訊いたら日本人で、 タイ語がペラペラだとか。
ジジイは嬉しくなった、 日本人があのように気前よくチップ。

だから爺さんでも日本人なら女性にモテる。
通りを歩いていると、 ジジイも金持ちに見えてるかも...

マッサージ店にはタイ・マッサージ150バーツとあった。
おそらく値引きしているのだろうが、 それでも客は少ない。


酩酊し、 時刻は夜12時近くになっていた。

75歳、 今宵も1人、 静かに眠りにつく。





色に迷いたいのだが....


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:51| Comment(6) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする