2020年08月16日

独居老人の生活1973(ENDLESはない)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1973(ENDLESはない)


 ただ死者のみが戦争の終わりを見たのである。

                             プラトン (ギリシャの哲学者)


 ただ弱者のみが事業の終わりを見たのである。

                              コロナ (武漢ウィルス)


プーケットの事業主たちは、長期滞在観光客のプーケット来訪再開を目指し、 4T モデルプランを県の疾病管理委員会に提示する。
再開期日を11月1日に設定、 プーケット観光の復活を図る。

4T とは、Target(対象)、 Testing(検査)、 Tracing(追跡)、 Treatment(治療)の略。

公衆衛生と経済回復のバランスをとるように計画されている。
まず小グループ旅行者から開始させたいという。

但し、 旅行者は出発前に陰性を証明する検査が必要。
プーケット到着後は、 5日〜14日間の自主隔離となる。

プーケットは2019年、 1,400万人の観光客が訪れ、 観光収入は約4,000億バーツ。
しかし武漢ウィルス流行の最初の2か月で200億バーツの損失。

プーケット商工会議所の会長が述べた。
「地元の人々の大多数はプーケット再開の提案に同意しています」
   (source : The Thaiger)


ジジイはチェンマイの観光業など、 企業家に望みたい。
プーケット同様、 一般旅行者来訪に向け強く働きかけて欲しい。

勿論、 対象の観光客はコロナ感染率の低い国、 例えば台湾、 香港、 韓国、 オーストラリア、 ニュージーランド、 日本でいい。

チェンマイも観光で生きている都市ではないか。


  **********************



A ラン島へ行く。

昨日(2020年8月15日)、 パタヤからボートでラン島に渡る。
目的は、 ビーチにある海鮮レストランで貝類をたっぷり食べること。

昨年亡くなられたパタヤ訪問団・団長Wさんが連れてきてくれた店。  桟橋から1番遠いビーチ沿いにある。
                 ☟
pict-DSCN6179.jpg
             ☝ 2016年3月撮影。



  pict-DSCN6109.jpg
    ☝ 蝶ネクタイをしたシェフ(2016年)。



で、ラン島に到着し、 すぐにこのレストランへと向かう。
ところが見当たらない、 通りをずっと歩いて探すがダメ。

目的の店はWさん同様に亡くなっていたのだ。
仕方なく近くの瀟洒なリゾートホテルのレストランへ行く。

約2年半前に来た時には影形もなかった店だ。

pict-P_20200815_124931_vHDR_On.jpg



    パッポン烏賊カレー:200バーツ。
pict-P_20200815_115132_vHDR_On.jpg
          ☝ Beer Chang大瓶:100バーツ。



    このレストランの奥にホテルがある。
pict-P_20200815_114741_vHDR_On.jpg


ジジイの馴染みの店の廃業にはがっかり、 何しにラン島に来たのか..の思い。  店のオーナーが死去したという。

せっかく来てこのまま帰っても....
ビーチで休憩、 飲みなおしていくことにした。

    ビーチは人がまばら。
pict-P_20200815_134539_vHDR_On.jpg



    コロナ前は賑やかだったのに・・
pict-DSCN6111.jpg



    中国人観光客らがボートに乗ってやって来た。
pict-DSCN1798.jpg
           ☝ コロナ前のビーチ風景。



      ビーチの通りも賑やかで・・
  pict-DSCN6110.jpg
           ☝ 2016年3月撮影。


コロナは経済をも殺す。
ここには何度か来ているが、 考えられないほどの静かさ。
                  ☟
pict-P_20200815_134619_vHDR_On.jpg
            ☝ 2020年8月15日撮影。


でも静かなグループがこちらにやって来た。
ジジイがパラソルの下で飲んでいた時だ。

                  ☟


pict-P_20200815_130815_vHDR_On.jpg



pict-P_20200815_130822_vHDR_On.jpg

                  * *

夕方パタヤに戻ったあと、 夕食のレストランを探す。
歩いていたらこんな看板。   (地図はココ

     店名 「9ちゃん」
pict-P_20200815_201455_vHDR_On.jpg



     店内。
pict-P_20200815_193559_vHDR_On.jpg



   注文したのはトリの唐揚げ:120バーツ。
pict-P_20200815_193903_vHDR_On.jpg



   大根サラダ:59バーツ。
   アサヒ生(ジョッキ):89バーツ。
pict-P_20200815_193846_vHDR_On.jpg


チェックビンしたら手書きの勘定書きを持って来た。
こんな時は要注意、 ジジイはじっくり計算する。

案の定 間違い(というか意図的だと感じた)。
勿論、 実際よりも高く請求している。

「間違えてますよ」   「いえ、 税金が7%含まれてます」

「それでも高い請求だよ」   「電卓持ってきます」

税金7%を含めてもまだ1割ほど高く請求、 ボッたのだ。
ちなみに味について.....ジジイの口には合わなかった。

2度と来るまいと思いながら、 店を後にした。

               * *

「9ちゃん」 では小ジョッキ1杯しか飲まなかった。
となると飲みなおし。

歩いて5,6分のところでライブバーにぶつかった。
                 ☟
pict-P_20200815_203555_vHDR_On.jpg
     ☝白人の爺さんが若いタイ人女性とお食事中。 



このカップルとジジイのテーブルは通りに面したところ。
途中でポツポツ雨が...ジジイは急いで屋根のある席へと移る。
                  ☟
pict-P_20200815_204005_vHDR_On.jpg

Beer Chang小瓶3本セットで199バーツ。
加えてツマミにパッタイ(日本風焼きそば)100バーツ。

勘定の際500バーツを渡す。
お釣りは201バーツ、 数えたら間違いなし。
11バーツは1バーツ硬貨が11個、 当然チップとして残してきた。

雨がシトシトに変わり、 持参の傘をさして店を出る。
ホテルへの帰途、 見かけたこのお店。
                  ☟
pict-P_20200815_214052_vHDR_On.jpg

店名が 「ENDLES」、 休業中かな?

”終わりのない” という意味だが、 店は永遠に終わりかも....

そこには憎き武漢ウィルスの影響があったろう。


ジジイにエンドレスはない、 間もなく ”お迎え” も来るし...




今宵も The End、  寂しく1人で....

チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:13| Comment(0) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする