2020年08月15日

独居老人の生活1972(コロナ禍のパタヤ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1972(コロナ禍のパタヤ)


  繁栄は我々の悪徳をさらけ出し、

  逆境は我々の美徳を明らかにする。

                            イギリスのことわざ
 

今、 ジジイはパタヤに滞在、 そのホテルの部屋で書いている。

昨日(8月14日)15:00にチェンマイを離陸 → 16:15 ウタパオに到着 → 予約のホテルにチェックインした次第。

パタヤに来たのは、 2018年3月以来で2年5ヶ月ぶり。
なぜパタヤに来たか、 それは航空賃もホテル代も安いから。

「AirAsia」 CNX〜UTPの往復で1,460バーツ(約5,100円)、 ネットで見て、3月だったかすぐに予約した。

友人を誘う時間的猶予もなく、 今回はジジイの1人パタヤだ。

だが、出発までにフライトスケジュールが頻繁に変更された。
まずCNX出発時刻が1度(当初は朝8:10)、 次いで帰りのウタパオ発は3度の変更。

おまけに予約の便が運航休止になり、 3泊4日の予定を仕方なく延長した(ホテルも再予約)。

              * *

何はともあれ飛行機はパタヤに飛んでくれた。
午後1時過ぎチェンマイ空港到着、 並ぶことなくチェックイン。

マスク着用、 検温、 AOTデスクで住所・氏名を書いたけな...
これらを除けばいつもの通り、 スムースに搭乗口へ。

ガラガラだと思っていたら意外や意外、 結構人がいる。

pict-P_20200814_133139_vHDR_On.jpg



椅子には X 印が1つ置きに付いており、 そこには座れない。
で、 空いている搭乗口の方に行って座って待つ。

pict-P_20200814_132519_vHDR_On.jpg


搭乗したウタパオ便は見た感じで搭乗率50〜60%。
乗客はみな間隔を空けずに並んで座っている。

だったら搭乗ゲート前の座席 X 印は要らないよ..て感じ。


予定通りに16:15、ウタパオ空港到着。
空港ビル内に入る所でまた検温(少し渋滞)。

QRをするようだがジジイはパスし、 少し離れた所で指定用紙の質問に記入。

pict-P_20200814_162928_vHDR_On.jpg


この用紙(質問)の文字が小さくてすこぶる読みにくい。
ま、適当にわかる範囲で記し、 係員に渡す。

係員は何やら言ってたが、 「ポム サバーイ」 と言ったら通してくれた。
             
空港ロビーには、 いつもなら呼び込みで賑やかなミニバスのカウンターがない。

    コロナ以前のウタパオ空港。
pict-DSCN1773.jpg
          ☝ 彼女たちの姿が消えていた。



あれれと思い、 外に出たら端の方にあった。
空港 → パタヤのホテルまで250バーツ/人の運賃。

pict-P_20200814_163843_vHDR_On.jpg

               * *

夕飯は 「セントラル・パタヤ」 のフードコートに行く。
武漢ウィルスの影響は大きい、 ガラガラ。

pict-P_20200814_193736_vHDR_On.jpg



   しかし嬉しいことに、 2割引きの料金提示。
pict-P_20200814_192518_vHDR_On.jpg
                  ☝
同じフロアーにある食品売り場でビールを買ってから食べた。



食事後、 店内を少しブラブラ、 スマホ売り場があったので覗く。
オッ、 スマホまで割引、 アップルが1,038バーツの超安値、 これならジジイにも買える。
                   ☟
pict-P_20200814_201708_vHDR_On.jpg



よく見たらこれは月賦の金額で、 一括なら24,900バーツ。
そう、 タイ人は月払いで買う人が多いのだ。
                  ☟
pict-P_20200814_201806_vHDR_On.jpg
                  ☝
 ジジイにはこの月賦という支払いが思い浮かばなかった。

              * *

寝るにはまだ早い、 パタヤといえば ウォーキングストリート。
胸をワクワクさせながらソンテウに乗車(20バーツ)。

ジジイをエキサイトさせたあの華やいだストリートだ。

pict-014.jpg



   しかしコロナ禍では違った。
pict-P_20200814_203413_vHDR_On.jpg



   前に来たときは中国人団体がいっぱいいた。
pict-013.jpg



    昨夜はガラーン、 あの雑踏は消滅。
pict-P_20200814_203505_vHDR_On.jpg
    ☝ 2020年8月14日のウォーキングストリート。



パタヤに行けばジジイは毎晩通った店、 当然足が向く。
それがGo Go Bar 「Happy a go go」。

    このネオンサインを見ただけで興奮!
pict-DSCN1790.jpg
            ☝ コロナ流行前の路地。



しかし路地に居たオヤジが言った 「休みだよ」
「Happy a go go」 は休業中だった。
              ☟
pict-P_20200814_203805_vHDR_On.jpg
            ☝ 2020年8月14日撮影。



他にジジイが通ったGo Go Barは軒並み休業中。
オープンしているのは初めての店ばかり。

   それも暇なようで...雰囲気で分かる。
pict-P_20200814_203558_vHDR_On.jpg



     客はいるのやら・・
pict-P_20200814_203520_vHDR_On.jpg



人が通らず車が通る 「ウォーキングストリート」。
名称を変えるそうな・・「ドライビングストリート」
                   ☟
pict-P_20200814_203936_vHDR_On.jpg



    ライブバーに入ってビールを飲む。
pict-P_20200814_205844_vHDR_On.jpg
                 ☝
  ステージにはビニールシートを張り渡して客席と遮断。



Beer Chang小瓶:80バーツ。
Beer Changのセールスレディが喜んでくれた。

このレディは美人だけど、 背中にこんなのがあって...
                  ☟
pict-P_20200814_205727_vHDR_On.jpg
     ☝ こんな入れ墨を見ると興醒めしてしまう。


しかし考えてみれば、 こんなパタヤがジジイには落ち着く。
中国人観光客がゾロゾロ、 よけて歩かなきゃならない。

ウィルスは人間が作った繁栄を1発で沈めてしまう。






タイはいつまで沈むのか?


チェンマイって ホントいいですね! 




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:58| Comment(6) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする