2020年08月31日

独居老人の生活1988(不法侵入者を取り締まれ!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1988
                      (不法侵入者を取り締まれ!)


  草木は兄弟であり、 姉妹だ。

  皆、私たちに語りかけてくる。

  耳をすませば、 声が聴こえる。

                     アラパホ族 (ネイティブ・アメリカン)


@ 密入国者の取り締まり強化(タイ)。

先日、 イミグレ警察は50人以上のミャンマー人密入国者を逮捕した。

pict-Myanmar Workers Arrested for Illegal Entry.jpg
          ☝ 若者が多いのには驚いた。
         ミャンマーには仕事がないんだね。


ミャンマーにおける武漢ウィルス感染の急増もあり、 タイは国境
コントロールを強化すると発表。

逮捕した場所は、 タイ/ミャンマー国境の街ターク県メーソート。
国境警備隊は、 ムエイ川近くの家にいた不法移民を逮捕。

pict-Myanmar Workers Arrested for Illegal Entry 2.jpg


彼らの密入国目的は、 タイで仕事を探すため。
タイ人が嫌う3K(汚い、 危険、 きつい)がほとんどで、 建設現場
や工場で働くとか。

密入国者を運搬する業者がタイに存在し、 運転手のタイ人も逮捕されている。  (source : Chiangrai Times)

              * *

で、タイ政府は、 西の国境に沿って軍隊を派遣。
兵士は、 ラチャブリーとペッチャブリー県の境界沿いに配備された。

pict-Soldiers deployed along western border.jpg


不法入国ばかりでなく、 薬物の密輸を防ぐ目的もある。
取り締まり強化はコロナの防御にもつながる。 (source : Bangkok Post)

              * *

プラユット首相は、 カンチャナブリとミャンマーの国境を閉鎖。 

pict-Kanchanaburi borders with Myanmar closed.jpg


加えて首相は、 ミャンマーへのすべてのアクセスルートの閉鎖を命じた。
ミャンマーでは感染第2波が出たようで、 コロナの蔓延を防ぐため。

タイとミャンマーの国境において、 村人が行き来する自然ルートは20以上ある。

軍は、 夜間の不法入国を防ぐためにパトロールを強化。
但し、 両国の輸出入に支障を来さないよう 配慮している。

ミャンマーの業者がタイに入国して配達したり、 タイ人がミャンマーに商品を配達したりすることを禁止。

その代わりにタイ政府は、 国境での配達ポイントを指定。
その場所で、従来通りに製品を輸出入できるようにした。

人間が入って来れば、 一緒にコロナも付いて来るからだ。

陰性証明書持参の外国観光客なら大丈夫、 空の玄関口を早急に開放して欲しいもの。  (source : The Nation)


  *********************



A いつの間にかアカウントが乗っ取られて....

事件が起きたのはタイ南部のスラータニー。
この県の幾つかの村に住む60人の女性が地元の警察に訴えた。

「Facebookアカウントがハッキングされ、 売春するなどと嘘の投稿をされました」

pict-60 women's Facebook.jpg


警察は既に容疑者を特定、 IT 犯罪の起訴に備えるため、 証拠を集めているそうな。

訴えた女性60人は18歳〜40歳。
女性らの写真はセックスチャットグループに投稿され、 性的サービス致しますのメッセージ。

加えて彼女らの写真は、 同様のメッセージでツイッターアカウントにも送られていた。

女性らは困惑、 恐怖感を抱いており、 農作業に出るのも躊躇するほど。

地区の警察は、 警官とボランティアに女性の住む村を警戒し、 安全を確保するよう命じた由。  (source : Bangkok Post)

               * *

実際に 「会いたい」 と ”男性客” からのコンタクトがあったという。
勿論、 そんなこともあって女性らはハッキング被害に気付いたのだろう。

ジジイは犯人にアドバイスしたい。
やるなら70歳過ぎの爺さんをハッキング相手にすればいい。

そして 「性的サービスを受けたい、 求む20代美女!」 のメッセージを付けて投稿しろ。

もしこのジジイが被害にあったら...成り行き次第では許すかも。

でも、 警察が許さない、 ハッカーも爺さんも逮捕かな?


  ********************



B 草むらの中の段ボール箱に死体が....

8月28日、 Bangkok Post がこの事件を報じた。
発生場所はサムットプラカン、 バンコクの南に位置する。

地元の男性が、 道路脇の草むらに置かれた段ボール箱を発見。

pict-Sex doll mistaken for dead body.jpg


開けてビックリ、 白い服を着た人間の死体が入っていた。

すぐに警察に通報 → 緊急チームが到着 → 衣服を脱がす → 女性の死体だと思ったら → みんなで爆笑。


             ☟



その死体はセックスドールだった。
               ☟
pict-セックスドール.jpg
        ☝ 人形です、 人間ではありません。
            (イメージ画像)

緊急チームは人形を見つけた男性に依頼。
  「適切に処分するよう」

あとで記者がその男性に訊いたところ、男性はこう答えた由。

「大事にされてますよ」


アダルトグッズはタイでは違法。
それらは 「猥褻なオブジェクト」 と見なされ、 禁止アイテムリストに含まれる。

外国からバイブレーターや張形(男性器を模した性具)を飛行機で持ち込めば、 (見つかれば)空港で没収だ。
   
なので日本のアダルトグッズは、 土産としてタイ人に喜ばれる。

ピンクローターなら小さくて、 簡単にに持ち込めるという。

ジジイはセックスドールをチェンマイに持ちこみたい。






夜、 1人じゃ寂しいので....


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:42| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

独居老人の生活1987(パンダデリバリー)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1987(パンダデリバリー)


 外交とは、 可能なかぎり少ない 「ギブ」 で

 可能なかぎり多く 「テイク」 する技能だ。

                              塩野七生 (作家)


@ リタイアメントビザNON-OAから家族ビザに切り替えた。

本ブログ8月28日掲載(#1985)で、 リタイアメントビザNON-OAを医療保険なしで延長した件を取り上げた。

費用は、 18,500バーツ + 1,900バーツ(正規のイミグレ手数料)。
18,500バーツは業者に支払った手数料である。

延長したXさんは結婚しておりタイ人の奥さんと子供がいる 。

Xさんが言うには、 「リタイアメントビザOAから家族ビザに変更したかったが、 それはできない..と言われた」

で、仕方なく18,500バーツを業者に払い、 コネでOA → OAのまま延長したという。

なぜ家族ビザに切り替えたいか、 それは医療保険加入が不要だから。

               * *

本ブログを読んだ友人Bさんが、 次のようなLineをくれた。
              ☟
「私はNON-OAから家族ビザに切り替えました。

私も一旦出国し、 リタイアメントビザOAの失効後再入国し、 チェンマイで新たにNON-Oビザを取得する積りでした。

しかし出国したら、 すぐにはタイに戻れなくなります。
なので諦めて、 家族ビザに変更することにしました」

ということで、 Bさんは2020年3月下旬、 チェンマイの業者に依頼し、 リタイアメントビザ(OA)から家族ビザ切り替えた。

Bさんが日本で取得したリタイアメントビザ(OA)の有効期限は2020年7月。
その3,4ヶ月前に早々と家族ビザに変えちゃったわけだ。

 1598707621604.jpg



 pict-1598707625738.jpg


Bさんの業者への支払いは4,900バーツ(正規のイミグレ手数料を含む)。
Xさんが支払った額は20,400バーツ(  同上  )。

おそらくお2人が依頼した業者は異なっていると思う。

とにかく 「リタイアメントビザ(NON-OA)から家族ビザに切り替えた」 とBさんは言う。

一方でXさんは、 「NON-OAから家族ビザには変更できなかった」 と言う。

OAの延長には医療保険加入が必要ということで、 色んな苦労話が飛び出てくる。


  ********************



A タイはとても厳格。

「チャンネル8」 が最近放映したTV番組の性的愛撫シーンに批判殺到 → 謝罪するはめに。

対象は、 同局のテレビドラマ 「Sapai Rai Sakdina」。
あるシーンで、 男性が両手で女性の胸に触れている。

pict-Channel 8 regrets.jpg


これを見たタイ人は非難する、 「公共の放送に適さない」 と。

チャンネル8は、 「それは単なるエンターテインメント、 セクハラを意図したものではありません」 と弁明して謝罪。

同局は再発防止のため、 未放送の番組をチェックすると述べた。
     (source : The Nation)

              * *

ジジイはこの話を聞いて思ったことは、 やはりここはタイ。
ドラマの中で演じているだけ、 それでも批判が起きる。

キス・ベッドシーンなど、 濡れ場は勿論ダメ?
ジジイはタイ人男女が公園とか街角で、 キスしてるところを見たことがない。

何年か前の夜、 タイ人女性のバイクの後ろに乗せて貰った時、 ジジイは酔っていた。

走っていた時ジジイは後ろから彼女のオッパイに触った。
えらい剣幕で怒られたことを覚えている。

「触るんなら部屋の中でやりなさい!」 って...


  *********************



B パンダ デリバリー

コロナ渦の今、 大忙しなのがデリバリー業者。
food pandaなどのバイクが毎日チェンマイを疾走している。

  pict-Screenshot_20200829-220427.jpg
      ☝ food panda のバイク。


この 「food panda」 に対抗して、 日本からタイに進出する人がいるらしい。

間もなくチェンマイでもこんなバイクが走るかも....


            ☟



            ☟



  pict-1598746125924.jpg
本場中国に次いで、 世界屈指のパンダ繁殖頭数を誇る和歌山県白浜町のレジャー施設が 「アドベンチャーワールド」。

そこで2年ぶり17頭目の赤ちゃんパンダが誕生するそうな。

6月に雄雌の交尾が確認され、 妊娠していれば、出産は10月頃の見込みという。

白浜町では、 これまでに施設内で16頭のパンダが誕生。
現在飼育中の6頭のうち、5頭が白浜町生まれだ。

他の11頭は中国に返還され、 その後、出産するなどしており、 現在、各国で飼育されている約40頭が白浜ルーツとか。

和歌山県といえば自民党・二階幹事長のお膝元。
その剛腕を活かし、 せっせと中国からパンダを借入れ(有償です)、 地元に尽くす。

そして日本で繁殖させ、 生まれたパンダを無償で中国にお渡しになる。
パンダ外交を駆使し、 日中友好を深めておられるのだ。

まさに 「パンダデリバリー」 で中国に..ヨイショ、 コッラショ!

pict-中国に懐柔された二階幹事長.jpg
         ☝ 中国を持ち上げる二階幹事長。


武漢ウィルスのため中止になった習近平国家主席の国賓来日を、 何とか実現(復活)させようと尽力する二階幹事長。

デリバリーはパンダに飽き足らず、 今は緊急、 こっちに注力だ。
              ☟
   pict-pict-1598746129247.jpg
              ☝
     総理デリバリー、 さて次は誰を....



そんな幹事長を巷では失礼な呼び方をする。
とんでもない人たちだ。

  pict-Screenshot_20200830-071011.jpg
    ☝ fool panda (愚かなパンダ)なんて...


多くの 「Give」 で 少ない 「Take」....






チョッと当たってるかな。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:45| Comment(2) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

独居老人の生活1986(生き残るのだ!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1986(生き残るのだ!)


 君は今、生きているのか?  死んでいるのか?

 その中間は許されない。

                  サミュエル・ジョンソン (イングランドの文学者)


@ アヌサーンマーケト、 ついに再開。

チェンマイ・ナイトマーケットエリアにあるアヌサーン市場がようやく再開したが...  (地図はココ

武漢ウィルスのため3月から閉鎖が続いていたもの。
現在、 「チェンマイローカルフード」 のイベント開催中。

  pict-P_20200829_073401_vHDR_On.jpg             
               ☝
 開催:8月27日(木)〜30日(日) 12:00〜21:00



ジジイは昨夜(28日) 7時過ぎに覗いてみた。

pict-DSCN7303アヌサーン市場 (1).jpg



     懐かしいかな展示物。
pict-DSCN7303アヌサーン市場 (8).jpg



pict-DSCN7303アヌサーン市場 (10).jpg



    海鮮レストラン 「Moh Ca」 もやっと再開。
pict-DSCN7303アヌサーン市場 (6).jpg



    ライブもやっていた。
pict-DSCN7303アヌサーン市場 (7).jpg



    仮面の販売ブース、 阪神タイガース。
pict-DSCN7303アヌサーン市場 (3).jpg
          ☝ ライオンも売っている。



    こちらはローカルフードの展示エリア。
pict-DSCN7303アヌサーン市場 (5).jpg



     ハーブなども売っていた。
pict-DSCN7303アヌサーン市場 (9).jpg


でも写真でお気づきのように、 客足がイマイチで残念。
どんなイベントをやろうとも、 外国人観光客なしでは盛り上がらない。

ローカルフードイベントは30日(日)で終わるが、 アヌサーン市場はこのまま続けて欲しい。

ナイトマーケットでも通り沿いの出店はまだ再開せず、 なので界隈はさびれた雰囲気が漂う。

チェンマイの観光業界は外国人で持っているといっても過言ではない。  依然、厳しい状況が続く。

チェンマイはコロナ対策一辺倒、 経済活性は無視..に思える。
コロナだけなら政治家・県知事は不要、 バカでもできる。

プーケット同様に 「チェンマイモデル」 等を打ち出せばいい。
早く外国人を入れないと、 チェンマイはもう生き残れないぞ。

リスクを取らなきゃ なぁ〜んも出来んわ。

で、次のような事になる。

                * *

ここは 「アヌサーン市場」 の東側に位置するチェンマイの古民家とその広場である。

    広場にはお店がオープン、 夜はライトアップ。
pict-DSCN4087.jpg



  そして古民家が改築され、 今はレストランに.....
pict-DSCN4293チョコレートFactory.jpg

 

広場は 「Chocolate Factory」 として華々しくデビュー。
                  ☟
pict-DSCN4294.jpg



で、 現在(の状況)はどうなっているか?

   Chocolate Factory のネオンサインは撤去され・・
pict-DSCN7300Shabu de Bear古民家 (3).jpg



    古民家のレストランは廃業。
pict-DSCN7300Shabu de Bear古民家 (4).jpg



    広場の貸店舗も軒並み撤退。
pict-P_20200808_062353_vHDR_On.jpg


pict-P_20200808_062413_vHDR_On.jpg



そして 「RENT=貸します」 の看板が立てられている。
               ☟
  pict-P_20200808_062303_vHDR_On.jpg
       ☝ 当分、 借り手はいないだろう。

               * *

上記古民家の並びにある高級レストラン 「The Market Place」 は今も閉鎖されたまま。

客は外国人観光客がほとんど、 再開したとて客は来ない。

その北隣で営業していたレストラン 「Iron Bridge」。
                 ☟  
pict-P_20190214_223100_pバスバー.jpg
             ☝ 2019年2月に撮影。



     チェンマイや 兵どもが 夢の跡
pict-P_20200808_062733_vHDR_On.jpg
             ☝ 2020年8月に撮影。

                * *

本ブログ#1260(2018-8-5)で、 「日本対中国」 レストラン戦争を掲載した。

「Blue Mango」 と 「神戸キング」 の対決だ。

pict-DSCN4277マンゴレストラン.jpg
              ☝ Blue Mango



窓ガラスに中国人○○と書いてある
                  ☟
pict-DSCN4276.jpg



   2020年8月28日、 「Blue Mango」 は閉鎖されたまま。
pict-DSCN7298神戸キング (3).jpg



    一方の神戸キング(焼肉店)はとっくに再開。
pict-DSCN7298神戸キング (2).jpg



   勝負あり、 日本(神戸キング)に軍配が上がった。
pict-DSCN7298神戸キング (1).jpg

神戸キング、 (地図はココ

                * *

「Shabu De Bear」 がパンティッププラザ内(ココ)に開業。
     歓迎 中国人。
pict-P_20190225_195104Shabu De Bear (3).jpg
      ☝ 中国人観光客が圧倒的に多いからねぇ。


                  
pict-P_20190225_195104Shabu De Bear (2).jpg
            ☝ Shabu De Bear



    とっくに撤退していた。
pict-DSCN7300Shabu de Bear古民家 (1).jpg



pict-DSCN7300Shabu de Bear古民家 (2).jpg
        ☝ 窓ガラスには広告の幕が張られている。


「Blue Mango」 も 「Shabu De Bear」 も中国人観光客をターゲットにしていたが...

中国人の姿が見えなくなり → 両レストランも姿を消した。
さぞかし憎っくきパンデミックであろう。

中国人歓迎が....






武漢ウィルスを迎えてしまった。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:03| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする