2020年07月08日

独居老人の生活1932(武漢ウィルスで生活様式に変化が・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1932
                      (武漢ウィルスで生活に変化)


 年を取ると使用年限は大体見当がつくから、

 完全でなくても、どうにか死ぬまで保てばいい、

 と気楽に思えるのである。
                               曽野綾子 (作家)


@ タイでは家計の借金が増えている。

2020年第1四半期の家計債務はGDPの80%で、4年間で最高になったと、 タイ中央銀行が発表。

武漢ウィルスの流行がタイ経済を圧迫している。
この傾向が続けば、 今年のタイ経済は8.1%落ち込むと予測。

2020年3月現在、 家計債務は13兆4800億バーツにのぼる。

今年末には、 その債務はGDPの88〜90%に跳ね上がり、 記録し始めた18年間で最高率になるかも(カシコーン銀行調査)。

銀行は債務返済猶予などの救済措置を打ち出しているが....
加えてコロナで打撃を受けた世帯にはソフトローン(長期低利貸付)を提供。

それがまた借金を押し上げるようで、 タイは既にアジアで最も高い家計債務レベルにある。  (source : Bangkok Post)


ちなみに今年第1四半期の韓国のGDPに対する家計債務比率は96.8%、 タイはまだマシかも... 


  *************************



A 武漢ウィルスの流行で生活様式が一変。

武漢ウィルスの流行で市民の暮らしは一変した。

常にウィルスの存在を感じながらも、 何とか文化的な生活や経済活動を営もうと奮闘。

各国が探す新たな生活様式をどうぞ!

1.バルセロナ(スペイン)

pict-DSCN7080.jpg


オペラハウス 「リセウ大劇場」 では客席に植物を置いて開催。
コンサートに聴衆の重要性を訴えた。

植物は1階席だけではなく、 2階、 3階席など全席に置くと言う念の入れよう。

pict-DSCN7078.jpg

              * *

2.ロンドン。

pict-DSCN7081.jpg


英国プレミアムリーグも6月17日に再開したが無観客試合。
リバプール戦を自宅で観戦するエバートンのファン。

               * *

3.ナポリ(イタリア)

pict-DSCN7082.jpg


6月17日、 サッカーの大会コッパ・イタリアでナポリが優勝。
狂喜した数千人のサポーターが広場に押し掛けた。

国が求めるソーシャルディスタンシングなんぞ無視。
感染第2波が起きなきゃいいけどね。

              * *

4.ガンディナガル(インド)

自分の顔写真をプリントしたマスクでオシャレ感覚。

pict-DSCN7083.jpg

              * *


5.リオデジャネイロ(ブラジル)

ソーシャルディスタンシングを示すマークが付いたエスカレーター。

pict-DSCN7084.jpg

              * *

6.コロンボ(スリランカ)

pict-DSCN7085.jpg
                   ☝
  人が向き合わないように立つオフィスのエレベーター。

              * *

7.ニューヨーク

オンライン卒業式に参加する卒業生の家族。

pict-DSCN7088.jpg

               * * 


8.シウダファレス(メキシコ)

   卒業証書を受け取る車列に並ぶ卒業生。
pict-DSCN7095.jpg

               * *

9.トロント(カナダ)

100歳になった女性の前を友人や親族が車で通ってお祝いする。

pict-DSCN7096.jpg

               * *


10.トロント(カナダ)

pict-DSCN7091.jpg

ソーシャルディスタンシングを保つドームに入ってヨガを行う人々。

               * *

11.モスクワ(ロシア)

デモでマスクをしてプラカードを掲げる。
「新しい憲法、 古い大統領」 と書かれている。

pict-DSCN7076ロシア.jpg


2020年7月1日、 プーチン大統領の任期延長を可能にする条項を含む憲法改正案の是非を問う国民投票が行われた。

結果、 賛成が8割近くに達した。
改正案が承認されれば、 プーチン大統領は最長で2036年まで続投が可能に...

プーチンは1952年生まれ、 今年で68歳。
もし目いっぱい続投したら、 2036年には84歳になるが...
   (source : Newsweek)


  **********************


B 久しぶり、 大人数での会食。

昨日(7月7日)は七夕ということで...
場所は和食店 「ぼたん」、 12時からランチ会をスタート。

pict-P_20200707_122049_vHDR_Onお茶会ランチ (2).jpg

これだけの参加者が集うのは約4か月ぶり。
とは言っても来たのは10人、 18名に声をかけたが8人が欠席。

欠席者の1人は体調悪く、 大事をとって...
もう1人は、 可愛い奥さん(タイ人)が手術する日と重なって..
一緒に病院へ行くそうな、 当然か。

欠席者あとの6人は、 現在 日本に滞在中。
チェンマイに戻りたくても戻れない...愛するパートナーが待ち侘びているのだが。

じゃあ参加した10人はというと、 日本に帰りたいけど帰れない爺さんばかり。

参加した10名のうち、 チェンマイに奥さん/恋人がいるのは5人。 残る5人は孤独を楽しんでいるらしい。

pict-P_20200707_122049_vHDR_Onお茶会ランチ (1).jpg


ジジイが4ヶ月ぶりに会った(飲食した)爺さんは7人いた。
「生きててよかったね」 と喜び合う。

武漢ウィルス流行前は、 お茶など飲んで駄弁っていたもんだ。

三密(密閉・密着・密集)を避けようと、 3月中旬以来こうした会合は控えていた。

で、老人たちの生活にも変化、 爺さんたちは感染を恐れて自己隔離、 つまり引き籠っていた次第。

1人くらいはと思っていたが、 仲間うちで1人の感染者も出ず。
平均年齢は70歳を超えているだろう。

チェンマイの爺さんは、 みな元気だわ....







なかなか死なない。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:11| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする