2020年07月04日

独居老人の生活1927(牙を剝く中国の覇権主義)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1927(牙を剝く中国)


 目的は手段を正当化する。

 何かが目的を正当化する限りは。

                      レフ・トロツキー (ボリシェヴィキの革命家)


@ カラオケ店 「ナミキ」 がようやく再開。

pict-P_20200703_210714_vHDR_On.jpg

武漢肺炎が憎い...
3ヵ月以上も休業を余儀なくされていた同店がようやく再開。

日本語堪能な案内係の女性は、 ジジイの顔を見て一言。

 「休みで苦しかったよ」

pict-P_20200703_210700_vHDR_On.jpg


写真は昨夜(7月3日)9時頃に撮ったもの。
再開したとはいえお客はすぐには戻ってこない。

客待ちの女性たちが店先で暇そうに座っていた。
入国規制があって、 旅行者は簡単に訪タイできない状況。

苦しさはまだ当分続きそうだが頑張って貰いたい。

pict-P_20200703_210623_vHDR_On.jpg

尚、 すぐ近くの 「ミユキ」  「サクラ」 のカラオケ店はまだ休業している。


  *********************



A タイ中部ロッブリーでは、サルが街を我が物顔。

ロッブリーでは、サルが増え過ぎてしまい、手に負えない状態となっている。
数はここ3年で6000頭に倍増し、人間との共存はほぼ限界。

pict-サルに占拠された街.jpg


武漢ウイルスの感染拡大以前は、 餌をあげたり、 一緒に写真を撮ったりするために訪れる大勢の観光客のお目当てであることから、 住民たちはサルのおふざけも大目に見てきた。

しかし、コロナの影響で外国人観光客が訪れなくなり、 サルの行動に思いも寄らない変化が起きた。

餌となるバナナが与えられなくなり、 腹を空かせたサルたちが凶暴化したのだ。

怖いもの知らずのサルたちはロッブリー中心部にある寺院、 プラーン・サームヨートの周辺一帯を支配。

塀の上から辺りを監視したり、 車のドアのゴム部分を引き剥がしたりしている。

ではその様子をビデオでどうぞ!
3つともそれぞれ面白いですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=t7P1iH5OWKo

https://www.youtube.com/watch?time_continue=32&v=PQethy309Dg&feature=emb_logo

日本のテレビでもニュースに....
              ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=10&v=ErwXn-YPgyI&feature=emb_logo


  **********************



B 中国の暴走、 どうなってんの?

中国は2020年6月30日、 「香港国家安全維持法」 を成立させ、 香港政府は即日、 同法を施行した。

中国政府の統制は強化され、 香港の「一国二制度」 は事実上終焉した。
自由主義諸国を敵に回した中国は、 周辺諸国とも衝突・軋轢を強めている。

               *

オーストラリアは武漢ウィルスの発生源についての調査を20カ国・地域(G20)首脳に働き掛けた。

加えて野生動物の生鮮市場への国際調査を促したところ、 中国が怒り狂った。

すぐさま報復措置を発動。

豪州産牛肉輸入を停止し、大麦の関税も一挙に80%にまであげて事実上の輸入禁止措置を打ち出す。

さらに国民に対し豪州旅行をしないよう呼びかけた。

経済面で圧力を強める狙いがある。
何とまあ嫌らしい根性か。

中国共産党政権は諸外国にまで独裁的に振る舞う。

              *

1962年の国境戦争以来、 中国とインドは長い衝突の歴史があるが、 最近の2カ月は最悪の事態に発展しつつある。

インド北部カシミール地方で、 中国軍とインド軍が衝突。
両国の将校らが2020年6月14日接触したものの、 中国軍は翌15日、突如攻撃を開始。

素手や石、 くぎを打った棍棒なとでインド軍兵士20人を殺害したという。

中国側にも死者が出たもよう(インドの報道では40人)だが、 中国は発表していない。

両国の衝突で死者が出たのは、 実に45年ぶり。
両軍は人員や装備を強化、 核保有国の一触即発の危機が続く。


インド国民は中国に対し激怒、 各地で反中デモが起こった。
中国製品ボイコットなどを叫んで怒りをあらわに...

   印アーメダバードで反中デモ(2020年6月24日)
pict-印アーメダバードで反中デモ(2020年6月24日撮影)5.jpg


pict-印アーメダバードで反中デモ(2020年6月24日撮影).jpg


pict-印アーメダバードで反中デモ(2020年6月24日撮影)3.jpg


pict-印アーメダバードで反中デモ(2020年6月24日撮影)4.jpg



デリー首都圏の主要なホテル協会の一つ 「デリー・ホテル・アンド・レストラン・オーナーズ・アソシエーションは6月25日、 加盟ホテルでの中国人客の宿泊を禁止すると発表した。

pict-コルカタで反中デモ「ボイコット・メード・イン・チャイナ」横断幕2020年6月17日撮影.jpg
                  ☝
 コルカタで 「ボイコット・メード・イン・チャイナ」 横断幕。
   (2020年6月17日)

               *

ドイツと中国は経済的蜜月関係が続いていた。

ドイツ連邦銀行の経済統計によれば、 中国からドイツへの直接投資が急増したのは2016年。 手法は主としてM&A。

2016年6月、中国の大手家電 「美的集団」 がドイツの産業用ロボットメーカーの 「クーカ」 を買収。

2016年の中国のドイツへの投資総額は、 前年比24倍の125億6000万ドルに、 2017年には過去最高額の136億8400万ドル(約1兆4500億円)を記録。

中国企業によるM&Aの約60%は、 ドイツの特定地域に集中しており、 そこには1つの思惑が透けて見える。

企業と言っても 「中国共産党株式会社」 の子会社のようなもの。

で、2018年12月、 ドイツは中国企業の買収に歯止めをかけた。

EU及びEFTA加盟国以外の外国企業が、 安全保障上重要な企業の株式取得基準を、 従来の決議権25%以上から10%以上に引き下げだ。

すぐに中国の報復が始まった。
ドイツのフォルクスワーゲン(天津大衆汽車公司)、 ドイツ大手建設会社ツプリン社の中国子会社など数社が 「ブラックリスト」 に...

ボッシュ、 BMW、 ZFフリードリヒハーフェン社の上海子会社なども、 企業/金融データ、 社会的交流、 ネット言論の内容に至るまで、 逐一中国政府のデータ庫に保存されている由。

中国の意に沿わない外国企業を窮地に追いやることは簡単。
ドイツへの直接投資を阻止された中国は、 ここぞと脅して報復外交を展開する。


2020年4月15日、 ドイツ最大のタブロイド紙 「ビルト」 が社説で激しく中国を批判。

武漢ウイルスが世界中に拡大したのは 「中国が全世界を欺いた」 からであり、 ドイツが受けた経済的損失の約1650億ドル(約18兆1500億円)を、 中国は支払うべきだとも要求した。

翌日、中国は 「劣悪な要求だ」 と反論。
なんせ 「コロナは米国軍が武漢に持ち込んだ」 と言う国だ。

pict-米軍が武漢に持ち込んだ.jpg

                *

海上保安本部(那覇)は2020年7月3日、 沖縄県・尖閣諸島周辺で2日に領海侵入した中国海警局の船2隻が3日午後10時半までに領海を退去したと発表。

中国の領海侵入は30時間超で、 2012年9月の尖閣国有化以降、 過去最長となった。

尖閣周辺での領海侵入は今年で14日目とか。

中国の軍事的脅威が高まってい.jpg


菅義偉官房長官は 「東京と北京双方の外交ルートで、 局長、 公使レベルで繰り返し厳重に抗議している」 と述べた。

中国外務省の趙立堅副報道局長は、 尖閣は中国固有の領土だとして、 抗議は「絶対に受け入れない」 と主張。


かって中国から輸入された冷凍食品(餃子だったか)を食べたら毒が混ざっていた。 このとき中国側はこう言って反論。

 「毒は日本で混入された」

結局、 中国は自国工場内での混入を認めたが、 謝ることはなかった。  食べた方が悪いという論法か。


度重なる中国船の領海侵入に、沖縄の玉城知事がこうツイート。

「中国が沖縄を侵略している事実はありません」

玉城は中国の回し者かも...
香港の次に中国が狙うのは、 台湾、 沖縄?

独裁国家・中国の覇権主義、 その野心的暴走には歯止めがないようだ。


  ********************



C 武漢ウィルス禍で世界各国は対策に大わらわ。

で、 各国政府は国民に外出を控えるよう求めた次第。

アメリカ政府はこう発表した。

 「外出は正義に反する」

アメリカ国民は外出しなくなった。


イギリス政府はこう発表した。

 「外出することは紳士的でない」

イギリス国民は外出しなくなった。


ロシア政府はこう発表した。

 「ウオッカは自宅以外で飲むことはできなくなった」

ロシア国民は外出しなくなった。


フランス政府はこう発表した。

 「国民はみな外出しろ」

フランス国民は外出しなくなった。


イタリア政府はこう発表した。

 「アダルトグッズを無料支給します」

イタリア国民は外出しなくなった。



日本政府はこう発表した。

 「外出の自粛を要請します」

日本国民は外出しなくなった。


中国政府はこう発表した。

 「外出したら逮捕する」

中国人民は外出しなくなった。


韓国政府はこう発表した。

 「日本人は外出していなぞ、 負けるな」

韓国国民は外出しなくなった。


カンボジア政府はこう発表した。

 「皆さんが外出したら中国から怒られます」

カンボジア国民は外出しなくなった。


台湾政府はこう発表した。

「WHOのテドロス事務局長が外出は大丈夫と発表した」

台湾国民は外出しなくなった。


北朝鮮政府はこう発表した。

 「外出したら一家皆殺しにする」

北朝鮮人民は外出しなくなった。


ドイツ政府はこう発表した。

 「国内至る所で移民による集団暴行が起きています」

ドイツ国民は外出しなくなった。


ポーランド政府はこう発表した。

「ロシア軍が国境に集結してます、 外出は控えてください」

ポーランド国民は皆、ドイツに逃げた。


タイ政府はこう発表した。

 「外出しないよう王様が希望している」

タイ国民は外出しなくなった。


在チェンマイ日本総領事館は在住日本人に対しこう発表した。

 「コロナでのICU治療費は1千万円掛かります」

日本人爺さんたちは外出しなくなった。





1000万円も払うなら、 死んだ方がマシか。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:55| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする