2020年05月13日

独居老人の生活1874(100年前には・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1874(100年前には・・)


 この大変化の機会に於いて精神の復興を期しなければ、

 如何に物質的復興を計っても

 真正なる文明を実現することは不可能である。

                                 渋沢栄一 (実業家)


@ チェンマイの空は美しい!

ここ2週間のチェンマイの AIQ(air quality index = 大気質指数)は大幅に改善している。

(注) AQI とは、 幾つかの国や地域で採用されている
    大気汚染の程度を示す指標。

チェンマイをはじめ北部タイの大気汚染は社会問題化。
チェンマイは世界の都市ワースト5の常連で、 不名誉なTop-1にも ”輝いて” いる。

pict-2020-3-11チェンマイ.jpg
        ☝ 2019年3月10日頃のチェンマイ。


  pict-AQI.jpg


しかし今年のチェンマイは、 2019年の同時期に比べ50%以上も
大気汚染指数が減少。

  2019年4月30日  AQI : 152
  2020年 同上    AQI : 57

  2019年5月4日  AQI : 158
  2020年 同上    AQI : 56

  2019年5月12日  AQI : 129
  2020年 同上    AQI : 69

AQI が50以下なら綺麗な空気、 50〜100なら普通の大気。

毎年次の収穫のために、 1月〜4月に山畑を燃やして土地をクリーンにする。 2020年3月がピーク(最悪)だった。
    (source : The Thaiger)

今年は4月下旬から雨が降って大助かりだった。
尚、 ジジイは、 5月のチェンマイ滞在は初めて。

ちなみに今日(5月13日)現在のAQI は....
チェンマイ 72 (AirVisual)


  **********************


A 農耕祭(Royal Ploughing Ceremony )は王宮内で開催。

2020年5月11日は農耕祭(ワン・プット・モンコン)、 タイ王国王室による田植え儀式だ。

毎年バンコクの王宮前広場で行われ、 国中の農民が祝福を受ける式典の日。  農民の日として祝われる。

しかし今年は武漢ウィルスの影響で王宮内で執行された。

タイ語で農耕祭.png



pict-タイ語で農耕祭3.jpg



pict-タイ語で農耕祭2.jpg
               ☝ (source : Khaosod)


  *********************


B アンケーオ市場が再開。  (地図はココ

2020年5月12日、 チェンマイ大学内の 「アンケーオ市場」 が再開された。  

Ang Kaew Market 3.png


武漢ウィルスの影響で経済的に苦しい農家に、 大学が販売の場を提供するもの。

場所代は無料、 農民は自作の産品を販売できる。

Ang Kaew Market 2.png


Ang Kaew Market.png


入場にあたっては、 ソーシャルディスタンシングと衛生基準を守ること、 1度に200人までの入場制限を設けている。

アンケーオ市場は毎週火曜日と木曜日の開催。
オープン時間は、 午前の8時〜11時まで。


チェンマイ金曜朝市も再開して欲しいものだ。
 (今日現在、 依然として閉鎖中)


  ***********************


C スペイン風邪(1918年)

今から約100年前の1918年から1920年までの約2年間、 新型ウイルスによるパンデミックが起こった。

当時の世界人口の3割に当たる5億人が感染。
そのうち2千万人〜4千500万人が死亡したのがスペイン風邪である。

スペイン風邪の発生は、 米国・カンザス州にあるファンストン陸軍基地の兵営からだとされる。

当時は第一次世界大戦の真っ最中で、 アメリカ軍の欧州派遣によって世界中にバラ撒かれた。

では米国から発生したのに何故スペイン風邪というのか?
現在のWHOが中国にしたように、 米国に忖度した訳ではない。

それは第一次大戦当時、 スペインが欧州の中で数少ない中立国であったため、 戦時報道管制の外にあったからだ。

戦時報道が自由なスペイン電として感染の惨状を世界に発信。
おまけにスペインでは800万人がスペイン風邪に感染。

スペイン国王までも感染し、 ありがたくもないスペイン風邪の呼称が現在まで続いている。


日本では1918年の11月に全国的に流行し、 3年間で人口の約半数の2380万人が感染、 約39万人が死亡。

pict-パンデミックの歴史、スペイン風.jpg



    1919年の東京、 みんなマスク着用。
pict-1919FluVictimsTokyo.jpg



pict-100年前も“マスク転売.jpg



  pict-手當が早ければ直ぐ治る」内務省の予防宣伝ポスター.jpg
              ☝
 「手當が早ければ直ぐ治る」内務省の予防宣伝ポスター。



では当時(100年前)を写真で振り返ってみましょう。
先ずは発生源とされる米カンザス州・ファンストン救急病院。
                  ☟
pict-emergency hospital in Camp Funston, Kansas.jpg
      


pict-1918年、アメリカのミズーリ州で担架をもつ看護師.jpg
         ☝ 米ミズーリ州で担架をもつ看護師。



pict-100年前5億人が感染.jpg



pict-1918年の米国.jpg
           ☝ 米国・赤十字の看護師たち。



    ポリスも皆マスク(米・シアトル)
pict-Policemen in Seattle.jpg



   ワシントンD.C.の赤十字救急ステーション。
pict-Red Cross Emergency Ambulance Station in Washington, D.C.,.jpg



pict-Walter Reed Hospital, Washington, D.C..jpg
        ☝ ウォターリード病院(ワシントンD.C.)



 マスクを着けよう・・のボードをぶら下げて(右端)。
pict-スペイン風邪と102年前に.jpg
         ☝ カリフォルニア州(1918年)。



    マスクなしの人は乗車拒否(シアトル)
  pict-マスクなしの人を乗車を拒否シアトルの路面電車。.jpg



pict-犠牲者の遺体を運ぶ赤十字の職員StLouis.jpg
                   ☝
   犠牲者の遺体を運ぶ赤十字の職員(米・セントルイス)



pict-米オークランド市講堂で患者の世話をする赤十字の看護師.jpg
                  ☝
 米オークランド市講堂で患者の世話をする赤十字の看護師。



    ウィルスにおびえる家族、 猫までマスク。
約100年前に大流行したスペイン.png



   こちらは欧州、 スイス中央部オルテンの軍事病院。
pict-スイス中央部オルテンの軍事病院、1918年.jpg
                ☝ 1918年。


   こちらは豪州・シドニー(1919年)
pict-DSCNシドニー1919年.jpg



   スペイン風邪の犠牲者。
pict-スペイン風邪の光景.jpg



    ここは何処か?
pict-武漢市、臨時医療施設.jpg


pict-武漢の臨時病院.jpg



武漢市が2020年、 急いで作った臨時医療施設。

歴史は繰り返す、 100年経っても....






変わり映えしないねぇ。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:38| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする