2020年05月03日

独居老人の生活1864(安倍首相、 コロナ対策はよくやっている)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1864
                      (安倍首相のコロナ対策評価)


 どんなにすぐれた指導者といえども、

 数多い危機管理の闘いにおいて、

 常に勝利者となることはできないのである。

                       佐々淳行 (元内閣安全保障室長)


@ 諸外国から続々帰国するタイ人。

昨日(5月2日)、 230人以上のタイ人が祖国に戻って来た。
55人がカザフスタンから、 50人がオランダ、 129人はアラブ首長国連邦(UAE)からの帰国。

今日3日には、 290人がタイに到着する。
45人がスペインから、 175人がシンガポール、 70人ほどはロシアから。

2020年4月4日〜5月1日で、 既に24の国から合計 3,584人のタイ人が帰国している。 
さらに近隣諸国から陸路の帰国が6,229人。

ちなみに5月1日に陸路で帰国したタイ人は....
11人がミャンマーから、 39人がラオス、 454人がマレーシア、 42人がカンボジアから。

彼らタイ人は何の目的で上記外国に出かけたのだろうか。

5月1日〜3日の出発(滞在)先をみると、 どうも労働(出稼ぎ)が目的ではないかと思う。
学生が含まれているかもしれないが...


7,8年前、 ジジイの顔見知りのマッサージ嬢は、 ロシアに旅立った。
目的は出稼ぎで、 ロシアでマッサージ店に勤めるという。

友人が懇意にしていたマッサージ嬢はUAEへ出稼ぎに...
大概、 1年ほどでタイに帰って来る。

ジジイがかってお見合いした女性(20代後半)は、 クアラルンプールのパブ・レストランで働いていた。

日本語堪能なタイ人女性はシンガポールの和食レストランに勤務(店員)、 日本人のオッサンをカレ氏にした。

このようなタイ人の出稼ぎ者が、 今、祖国に戻って来ているのでは..と思う。

韓国でのタイ人不法滞在労働者、 ”Little Ghost” の帰国は既にニェースに....

まあタイ人は、 あちこちで頑張っているということか。


  ************************


A 安部首相の武漢ウィルス対策を評価するか?

朝日新聞の世論調査が出ていた。
調査方法は、 コンピューターで無作為に電話、 計2217人の有効回答から集計。

調査実施は2月15、16日、  3月は14、15日、  4月18、19日。

 <質問>
あなたは、 これまでの政府のコロナ対応を評価しますか。

 <回答>
・評価する : 2月(34%)→ 3月(41%)→ 4月(33%)
・評価しない: 2月(50%)→ 3月(41%)→ 4月(53%)

当然ながら、 自民党支持者の ”評価する” の回答は上記数字よりずっと多い。


 <質問>  (2020年4月調査)
あなたは、 安倍首相は感染拡大の防止に向けて、 指導力を発揮していると思いますか。 

 <回答>
・発揮している:33%    発揮していない:57%


 <質問>  (2020年4月調査)
安倍首相は、 すべての世帯へ布製のマスクを2枚ずつ配ることを発表しました。
あなたは、この布製マスクの全世帯への配布を評価しますか。

 <回答>
・評価する:32%    評価しない:63%

  アベノマスク3.png



   マスクに不良品が出ちゃったりで・・
pict-アベノマスク配布.jpg
                 ☝
    耳にかけるところがゴムではなく布の紐なので、
    着けられないとの苦情。

                * *

調査が朝日新聞ではなく、 読売や産経新聞なら、 おそらく評価するの割合が若干高くなると思う。

それでも ”評価しない” の方が多いのは何故だろうか。

アベノマスクについては、 ジジイも評価しない。
マスクなんか要らないから、 その費用の分を10万円にプラスして貰った方がありがたい。

pict-安倍首相.jpg


安倍首相の指導力発揮だが、 タイのように強権発動ができない日本を勘案すれば、 よくやってる方だと甘い点をつける。

思い出すのは2020年1月下旬、 武漢周辺に住む日本人数100名が日本政府のチャーター便で帰国した。

そのとき乗客のうち2名が、 14日間の隔離要請を拒否し空港から自宅へ帰ってしまった。

何ら強制力を持たない政府、 法律で罰することもできない。
あくまでお願いだけ、 「パチンコ屋さん、 休業して」 って...


加えて習近平の国賓来日(4月予定)に忖度したのか、 初動対応に大きなミスがあった。

本ブログでも度々、 中国人の入国を制限しろと書いていた。
ところが制限措置をやったのは、 習近平の来日延期が決まった(3月5日)後だった。

                * *

ま、色々あったが、 他国と比較してみても、 日本はまあまあ凌いできているのでは...

勿論、 政府の対策と相俟って、日本人の手を洗うなどの清潔性、 自粛要請に応じるという協調性が爆発的感染を防止していると思う。

今日はここでドイツとの感染状況を比較してみよう。

4月30日現在:
米ジョンズ・ホプキンス大まとめ、 日経新聞データ。

まず人口の比較:日本12,686万人、 独8,352万人

    感染者数  100万人   死者数  100万人   致死率
            当りの感染         当りの死者
日本: 13,736人   108人    394人   3.1人   2.87%

独: 159,912人  1,915人   6,314人  75.6人  3.95%



直近7日間(4月26日〜5月2日)
         5月2日           4月26日      
     感染者数   死者数    感染者数  死者数  
日本  14,088人  430人     12,368人  328人   

独  163,009人  6,623人   153,129人  5,575人 


同上7日間の1日平均  感染者数       死者数
   日本           246人       14.6人
    独            1,411人     149.7人


・累計感染者数はドイツが絶対数で日本の約12倍、
  人口当たりでは日本の約18倍多い。

・累計死者数はドイツが絶対値で日本の約16倍、
  人口当たりでは日本の約24倍多い。

・最近7日間の1日平均感染者数は、
 ドイツが日本の約6倍、人口当たりでは日本の約10倍多い。

・最近7日間の1日平均死者数は、ドイツが日本の約10倍多い。
それでも行動基準を緩和し、生産活動を再開しようとしている。

・メルケル首相はドイツ国内で評価が悪いはずだがそうでも
  なさそう。

・安倍首相の評価が低いのは、 悲観論と悪い方だけを
  取り上げるメディアの影響があるのでは?

              * *

次に日本のPCR検査数と死者数の関係を見てみよう。

現状では、 新型コロナに感染 → 発熱・呼吸困難などの症状が出た人と、 その人に濃厚接触した人を中心にPCR検査を実施。

これはクラスターを潰して感染拡大の防止を重視、 これはこれで意味があることだと思う。

今後、PCR検査を増やせば、 これまでは軽症・無症状でPCR検査を受けなかった人の陽性が判明 → 感染者数増。

しかしそのうち死亡に至る人は、 従来同様に、 発熱・呼吸困難などの症状が出た感染者の一定割合だと考えられる。

このことからPCR検査を増やしても、 死者数がこれまでの傾向から逸脱した増加はないと思う。


ドイツと日本の国民性や衛生意識にはさほど大きな違いはなかろう。
但しドイツの感染状況で、ドイツへの移民の影響が大きいかも。

尚、 ワクチンの効果を別にすると、 最終的にはどの国も人口の70%程度が自然に感染するとの説がある。


現在、ドイツは毎日150人程度、 フランスでは毎日300人程度の死者があっても、 制限を緩和し経済活動を再開しようとしている。

日本は今後、 このような欧米諸国と経済で競うことになるわけで、 日本の経済活性の遅れが心配になる。


以上、 ドイツと比べてみれば、 日本政府および日本人の武漢ウィルス対策は、 かなり上手く行っているとジジイは思う。

この先のことは分からないが、 強権発動できない政治体制だ。
日本の国民それぞれの行動が影響することになる。


 <参考までに>
ドイツにおける新型コロナウイルス対策(3月22日)
                ☟
https://www.dus.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00030.html

                * *

昨日のニュース(共同通信社)にオランダが出ていた。
花の売り上げ80%減、 外出規制で 「前例ない打撃」

世界最大の花の輸出国オランダでは、 多くの国で花屋が開店できなくなった上、 結婚式などのパーティーもなくなり売り上げ激減。

同国が誇る世界一の花卉卸売市場ロイヤル・フローラ・ホランドの3月後半の売り上げは80%以上の減少。

欧州最大の農業生産者団体COPA・COGECA(本部ブリュッセル)は4月、 欧州内外で花卉需要が80%近く減少したと発表した。

pict-オランダ、花の売り上げ.jpg
                   ☝
 オランダの花卉卸売市場近くに廃棄された花(2020年3月) 


花卉業界は平和で豊かななときに活況を呈する。

しかし戦争には弱い。 今は武漢ウィルスという敵に攻め込まれている。

こんな非常事態に、 欧州同様、 日本もタイも、 花なんぞにかまっちゃいられない。


チェンマイでは、 ボランティアや寺院が配る食品(無料)に行列ができる。

そう、






花より団子だ。


チェンマイって ホントいいですね!   



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:39| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする