2020年05月28日

独居老人の生活1889(嫉妬が男を狂わせる)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1889(嫉妬が男を狂わせる)


憎しみは積極的な不満で、 嫉妬は消極的な不満である。

従って、 嫉妬がすぐに憎しみに変わっても不思議はない。

                                ゲーテ (ドイツの作家)


@ 昨日(27日)の新たな感染者はタイ人の9名(タイ全土)。

久しぶりで10人近いコロナ新規感染者が出た。
しかし心配には及ばない。

9人とも全て海外からの帰国者で、 14日間の政府による隔離中に陽性が判明したもの。

6人はサウジアラビアから帰国した男子学生で、 24日にサダオ(ソンクラー県)の国境を通過して入国。

6人はマレーシア政府が手配した飛行機でクアラルンプールに到着、 その後バスにてサダオに移動。

うち4人は咳や熱があり、 他の2人には症状なし。


9人のうち2人は米国からの帰国(5月12日)した若者で、 チョンブリで隔離されていた。

9人目の新規感染者は34歳のマッサージ嬢で、 カタールから5月22日に帰国、 バンコク近郊で隔離中。  (source : Bangkok Post)

こうなるとタイ政府の強制隔離対策はありがたい。
タイ全土での感染拡大を防止できたのだ。


  ********************


A 嫉妬が引き起こした殺人事件。

5月25日夜、 ゴミ容器用の黒い袋とプラスチック袋に詰められた
2人の死体が見つかった。

場所はメーテン(チェンマイから車で45分)の Soppoeng 地区。

遺体は交友関係にあった女性(40歳)と男性(50歳)。
で、容疑者は、 女性の近所に住むカイという43歳の男。

女性は離婚したあと独り身で、 裕福な暮らしをしていた。
彼女の近くに住む母親は、 「娘は魅力的で、 数人の男が関心を寄せていました」 と言う。

Wealthy divorcee and man murdered.png
       ☝ 殺された女性の自宅(とても豪華な家)


そこにカイが訪れるようになり、 1年ほど交流があったという。
容疑者カイと殺された女性が男女の仲だったかどうかは明らかにされていない。

ところが最近、 女性は50歳の男性と付き合うようになり、 カイは遠ざけられていく。

ここで嫉妬に狂ったカイが犯行に及んだというストリー。
まず女性を殺害し、 彼女のスマホから50歳の男にメールし、 彼をおびき寄せる。

で、女性宅にやって来た50歳男性を背後から撃ち殺す。
そのあとカイは、 2人の死体を彼女の自宅裏側にあるラムヤイの林の中に捨てた。

pict-Wealthy divorcee and man murdered2.jpg
              ☝ 容疑者の自宅。


通報を受けた警察は、 事情を聴くためカイ宅に行くが姿を消していた。
残忍な殺人事件である、 警察はカイの行方を必死に追う。

そして26日夜、 チェンダオのカイの親戚宅でカイを拘束。
カイが警察に罪を認めてこう言う。

「僧侶になって、 お寺で懺悔の一生を送るつもりだった」

そうは問屋が卸さない、 容疑者は起訴され裁判にかけられる。

             * *

男が嫉妬に狂うと何をしでかすか分からない...恐ろしい。

女性は金持ちの40歳、 それだけでも男は寄って来るが、 魅力的となれば砂糖に蟻が群がるようなもの。

それにしても、 女性と付き合っていた50歳の男性は気の毒。
巻き添えを食らったわけだが、 これは我々にも起こり得ること。

魅力ある女性を追い求めるジジイは、 最も要注意ってことだ。


  *********************


B イギリス人、 タイ人女房を8階から投げ落とす。

イミグレ警察は5月27日、 マーシャルという英国人男性(47歳)を逮捕したと発表。

pict-Briton arrested.jpg



容疑は4月28日、 妻のスカンダさん(タイ人)をラヨーンにあるコンドーの8階から投げ落としたというもの。 (地図はココ
                    ☟
pict-DSCN6970.jpg
     ☝ バンチャン クリフビーチコンドーテル(ラヨーン)


しかしスカンダさんは重傷ながらなんとか生き残った。
7階のバルコニーがクッションの役目を果たしたのだ。

彼女は警察に語る。
「夫は数日間、 私を部屋の中に閉じ込めてました」

夫のマーシャルはコンドー(ラヨーン)から逃走、 バンコクのホテルを次々と泊まり歩いていた。

しかし警察は生体認証スキャンシステムを使い、 彼のバンコクでの居所をキャッチ。

pict-Marshall.jpg


逮捕された夫(イギリス人、 47歳)が動機を自白。

「私は、 自分の資産を妻の名義にしました。
 その後妻は、 他に男ができたので別れる..と脅したんです」

そりゃあ亭主は頭にくるわなあ。
貢いだあげくにポイ、 それも他に男を作っちゃって...

嫉妬と憎悪が混ざり合って爆発したようだ。

夫マーシャルは、 殺人未遂容疑によりラヨーンで裁かれる。
    (source : The Nation)

              * *

タイ人女房の年齢は明らかにされていないが、 おそらく20代か。
こっそり逃亡すればいいものを...

ラヨーンのコンドーはどっちの名義?
それとも賃借かな。

いずれにせよ相当激しい夫婦喧嘩の末に、 夫は8階から投げ落としたのだろう。

この事件の教訓は、 無闇やたらに女の名義にしちゃダメよ..ということか。


  ********************


C 扇風機を買ったけど....

昨日(5月27日)午後、 「サイアム・エレクトリックプラザ」 で扇風機を購入。

店の中に入る前に、 スキャンをやらねばならない。
               ☟
 pict-P_20200527_131803_vHDR_On.jpg  
               ☝
  出る時にもスキャン...ホント武漢ウィルスは面倒くさい。



帰宅して、 早速組み立てにかかる。
しかし 軸の先端の部品が固定されており、 どうやっても外れない。
               ☟
 pict-P_20200528_093820_vHDR_On.jpg
        ☝ 赤の矢印の部品が外れない。

諦めて昼寝に入る。

そして今朝(28日)、 アパートの電機担当スタッフに依頼。
「軸の先端部品が外れないから、 組立できない」 と言う。

スタッフがやって来て、 あっという間に組立完了。
                 ☟
pict-P_20200528_094839_vHDR_On.jpg
         ☝ 値段は430バーツ(約1,500円)


スタッフがなぜ、 いとも簡単に軸の部品を外せたか?

彼はその部品を回しでスルスル回して外したのだ。

ジジイが必死にやったこと。
  1.先端部品を引っこ抜こうとした。
  2.回しでねじっていた(がビクともせず)。


自分の頭の悪さをひしひしと痛感、 情けない。
 (その代償はスタッフへのチップ代)






ボケではありません、 念のため。


チェンマイって ホントいいですね!  




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:20| Comment(7) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

独居老人の生活1888(人種・民族によって・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1888(人種・民族によって..)


 外出時にはマスク着用を義務付ける。

 違反者には、
 禁固3年と罰金最大20万リヤル(590万円)を科す。

                                  カタール政府発表。


@ 猫も検温するんです (バンコク)

バンコクの猫カフェ 「キャタデー・キャットカフェ」 は5月8日、 営業を再開した。

pict-DSCN6963.jpg


お客はこのご時世、 検温、 手洗い、 マスク着用が求められる。
従業員の猫たちもしっかり検温されているとか。

しかし客の伸び脚はイマイチ、 以前と比べ半減と厳しい状況が続いている。


  *********************


A 武漢ウィルス感染死亡者の人種別内訳(米国)。

アメリカにおけるコロナ死亡者は、 5月27日現在で既に10万人を超えている。

人種・民族的背景が明らかになっている88%について分析。
 
 ・黒人の死亡は2000人に1人。
 ・アジア・中南米系は4300人に1人。
 ・白人は4700人に1人。

なんと黒人の死亡率は白人の2.4倍も高い。

   pict-DSCN6965.jpg

黒人は人口密集地に大家族で暮らす。
サービス業の従業員が多く、 医療保険なしも多い。

治療は質・技術面で低レベル、いわゆる底辺の病院が多い。
加えて慢性疾患を持つ人が多い。

こんなところから、 高い死亡率となって現れているようだ。
  ( 1 と2 source : Newsweek)

ちなみに2010年でみれば、 米国の総人口は3億9百万人。
内アフリカ系黒人が3900万人で12.6%を占める。 (wikipedia)

もし日本に米国と同じ割合で黒人が暮らしていたら....
1億2000万人 x 0.126= 約1500万人になる。

日本のコロナ死亡者は今よりもっと増えるんだろうか?

             * *

今週、 WHOのテドロス事務局長が 「日本の武漢ウイルス感染防止対策が ”成功” した」 と評価した。

この事務局長に評価されると、 「ホントかよ?」 と疑いたくなるが....
欧米から見ると、 日本は成功の部類に入るようだ。

トロント大学の准教授は、 「なぜこの様な “ねじれ現象” が起こるのか?」 と計13回にわたるツイート。

彼が指摘したのは 「日本のコロナ対応の成功」 と、それと相反するような 「安倍政権の支持率下落」。

日本社会に見られる摩訶不思議現象である。
これが欧米人学者には理解がし難いのかも。

トロント大学准教授は日本のこと、 よく知らないのだろう。
日本人には、 「日本のコロナ対応が成功」 したと思ってる人が少ないのだ。

むしろ、 「対応が遅すぎた」  「自粛しろ」 と国民に犠牲を強いる、 「補償額が低い、 まだ届かない」 など不満が多い。

日本人というのは、 全てにおいて100%満足しなければ不満タラタラの国民かも。

メディアや野党は、 政府の批判ばかりしてるから。
それに影響されちゃうんだよな。


  *********************


B 日本への支援計画、 やめました。(韓国)

慶州市は2020年5月21日、 武漢ウィルスで苦労している日本の姉妹都市に対し、 慶州市に備蓄された防護服など防護物品を支援する計画を明らかにした。

pict-慶州市.jpg


同市は5月17日、 既に奈良市と京都市に対し、 防護服各1200セットと防護用ゴーグル各1000個を航空便で送っている。

また、今月末までに小浜市、 宇佐市、 日光市の3都市に防護服各500セットと防護用ゴーグル各500個を支援する予定だとか。

朱慶州市長は次のように語る。

「2016年の慶州地震の時、 我々は日本をはじめとする海外の
 友好都市から多くの助けを受けた。
 今回の防疫物品支援は相互主義の原則の下で支援するもの」

これに非難が殺到。
「土着倭寇か、 チョッパリ(日本人に対する差別用語)か、
 狂ったのか」

「支援したければ個人の費用でしろ」
「新型コロナで慶州経済が厳しいのに日本を助けているのか」

市長の解任を要求する国民請願が6万人以上に達した。
加えて慶州不買運動まで予告されるありさま。

これに驚いた慶州市長は、 今後の支援計画を全面的に取り止めると発表。

市の関係者は、
「国民情緒がここまでとは全くの予想外。
 慶州市と市民全体が攻撃されていることに困惑している」
    (source : 韓国サイト Naver)

とまあ、 反日運動が功を奏したということか。
ジジイとしては、 韓国の支援など無用、 計画中止は大歓迎。

慶州市の厚意には感謝するが、 5000万人以上いる国民(人口)のたった6万人程度の非難で中止なら、 話にならない及び腰。

但し、 自分たちが危機的状況に直面しても、 日本からの支援は無い..その覚悟が必要だ。

              * *

ところでジジイには、 韓国人の顔ってみな同じに見えてしまう。
                 ☟
pict-Kの写真館.jpg



   もっと若い人、 男女でも同じ顔に見える。
pict-Kの写真館 2.jpg



こちらは 「ミスコリア」 の候補者。
                ☟
pict-ミス・コリア2016候補者.jpg
      ☝ 同じような顔・体形でどうやって選ぶニダ?

              * *

話を本線に戻して...
ジジイが解せないのは、 非難した6万人や日本ボイコットをやってる連中だ。

なぜ次のような要求をしないのか?

 ・日本からの飛行機・船の入国禁止。
 ・日本の全製品の輸出入禁止。
 ・韓国人の日本への旅行、 日本企業への就職禁止。


そう、 この運動を盛り上げておくれよ。


         ☟




  「日本と断交しろ!」


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:52| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

独居老人の生活1887(一家団らん)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1887(一家団らん)


人間は自分の欲しいと思うものを求めて世間を歩きまわり、

そして家庭に帰った時にそれを見出す。

                              ジョージ・ムーア (アイルランドの作家)


@ 14日間の隔離生活が残したモノ。

日本で仕事をしていたタイ人アーティスト(33)がタイに帰国した。
政府の指示に従って、 彼の14日間の隔離生活が始まる。

彼が連れて行かれた所は、 バンコクの 「パラッゾホテル」。
外出せず、 ホテルが支給する食事で14日間を過ごす。

食事は1日3回(6:30am、 11:30am、 4:30pm)で、 その都度ドアの前に置かれていた。

各食事はプラスチックの容器に詰められ、 ライスが別のボックスの時もある。

他にティッシュが入った小さなプラスチック袋、 プラスチックのフォークやスプーン、 ソース入りのプラスチック袋などが加わる。

彼が日本で暮らしていた時は、 ゴミを分別して捨てていた。
そうする決まりだったし、 習慣的に実行していたものだ。

で、彼はプラスチックの容器類を捨てずにまとめる。
一体どれくらい、 プラスチック類が溜まるだろうか...

14日後、 彼の部屋には100ケ以上のプラスチック容器とその蓋、 ペットボトル(飲み水18本)が残った。

これを写真に撮ってfacebookに投稿したら大きな反響を呼ぶ。
政府の廃棄物政策に対する批判が殺到したのだ。
pict-DSCN6958.jpg
100+ Plastics Spent.png
         ☝ 床に置いて並べればこうなる。


彼と同じ便でタイに入国したのは200人、 みな隔離生活に...
となると、 彼が残したプラスチック容器類の200倍が廃棄されたことになる。

5月14日現在で、 政府によって隔離された人は合計13,861人。
政府が指示した隔離は多量のプラスチック廃棄物を生じさせた。

彼は、 ホテルスタッフに 「リサイクルして欲しい」 と依頼。
コロナ防止とプラスチック廃棄物、 その兼ね合いが難しいと語っている。

一方、 「stay-at-home」 (家に居よう)の対策もまた同じ影響を及ぼしている。

レストランからの ”持ち帰り” といっても、 自分で容器を持って買いに行く人はほとんどいない。

そこには多量のプラスチック廃棄物を生んでいる。
      (source : khaosod)
    
               * *

ジジイもレストラン閉鎖後は、 頻繁に ”持ち帰り” を利用。
勘定したら7店で購入し、 持ち帰って自宅で食べた。

「サクラ」 と 「すし次郎」 の発泡スチロール容器を除き、 他5店はみなプラスチック容器を使用。

ジジイはせっせとそれらをアパートのゴミ箱に捨てたことになる。

持ち帰りで売り上げを少しでもカバーしようとする各お店、 その熱意と努力には敬意を表したい。

最も丁寧に包んでくれたのが 「家族亭」
まず料理の容器を紙バッグに入れてくれた。
                     ☟
pict-P_20200511_205023_vHDR_On.jpg
          ☝ 上部に見えるのが紙バッグ。



    そして料理とライスを別々の容器に・・
pict-P_20200511_204956_vHDR_On.jpg
      ☝容器の蓋には 「家族亭」 のシールまで....



毎日持ち帰りばかりでは面倒で...
最近よく食べているのが魚の缶詰など(スーパーで購入)
              ☟
  pict-P_20200514_133459_vHDR_On.jpg
     ☝ パックのいわし、 さば:57バーツ。

日本で買うよりも高いが、 レストランで食うよりは安価。
ただ自宅での食事はつい酒量が増えてしまって....


  *******************


A 昨日の昼ごはん。

昨日(5月26日)のランチは 「好寿司」、 89 Plazaにある。
                          (地図はココ

 注文はサーモンステーキ:129バーツとライス:15B。
pict-P_20200525_134649_vHDR_On.jpg



午後1時半頃、 店内にはジジイ以外に3組の客がいた。
ところが3組とも白人の爺さんとタイ人家族。

pict-P_20200525_140434_vHDR_On.jpg

2家族は小学生らしき男の子、 残りは中学生らしき女の子。
大人に混じって、 子供たちはみな行儀がいい。

白人が祖国に一時帰国していれば、 こんな一家水いらずの食事はできなかったろう。

外国にはタイの家族のもとに戻りたい白人や邦人が、 入国できずに立往生を余儀なくされている。


「好寿司」 に居た3家族....

コロナでバラバラにならずに済んで良かった。


バラバラなんぞ関係なしか....






ジジイだけ 1人だった。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:49| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする