2020年04月30日

独居老人の生活1861(コロナに関する規制の継続と緩和)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1861
                 (コロナに関する規制の継続と緩和)


 酒類の販売については

 追加の指示が出るまで継続して販売禁止。


在チェンマイ日本国総領事館よりのお知らせ:

・4月30日,COVID-19問題解決センター(CCSA)の定期会見のなかで,新型コロナウイルス感染症に関する各種規制の継続及び緩和措置等について,以下のとおり決定された旨発表されましたのでお知らせします。

・なお、各県によっては規制の緩和については政府の基準より厳格な基準を設ける可能性もありますので,引き続き当館ホームページやチェンマイ県等の発表等からの最新の情報収集に努めてください。 


・5月1日から5月31日まで継続される措置及び要請

1.夜間外出禁止令(午後10時から翌朝4時)
2.陸路・空路・海路すべての入国地点における入国制限

3.検疫(隔離)措置(State Quarantine)
4.国際線航空便の制限
5.県をまたいだ移動の制限の要請

6.少なくとも50パーセント以上の在宅勤務の要請
7.人が集まるところへの外出自粛の要請


・5月3日から制限が緩和される施設

1.市場(定期市場,水上市場,ウォーキングストリート,屋台)

2.レストラン(一般的な飲食店,飲料,菓子,アイスクリーム店(ショッピングセンター外),路上の飲食店,移動販売,歩き売り)

3.小売店及び卸売店(スーパーマーケット,コンビニ,車による日用品の移動販売,通信販売)

4.スポーツ・レクリエーション(公園での活動,テニス・射撃・アーチェリー・サイクリングといった野外の広い場所で行うチーム制ではないスポーツ,ゴルフ場及びゴルフ練習場)

5.理髪店・美容室(カット,洗髪,ブローのみ)
6.その他(ペットサロン,ペットホテル)

※デパート・百貨店は、感染拡大状況を評価しつつ、規制緩和の第二段階目での開業を想定。

※本日4月30日に発表された本件の規制緩和対象の6分野及び昨日29日にバンコク都が政府と協議中であるとしつつ発表していた規制緩和対象の8分野については実質的な相違はありません。

(バンコク都は病院とゴルフ場・ゴルフ練習場を独立したグループとして記載)。

・規制の緩和を4段階に分けた上で,14日毎に状況を評価し,その結果によって次の14日間の措置を決定。評価の際には,保健の観点を第一に考慮し,経済・社会の観点は参考とする。

・各種措置の緩和に際し,各県は政府の基準と同等もしくはそれよりも厳格な基準を設けることが可能。

・規制が緩和される施設は,「仏暦2548年非常事態における統治に関する勅令」(非常事態令)第9条に基づく決定事項(第1号)第11項に基づき,手洗いや掃除,社会的距離の確保といった感染拡大防止措置を講じる必要がある。追加措置については現在関係省庁等で作成中であり,追って告示する。

酒類の販売については
追加の指示が出るまで継続して販売禁止。


メディアが載せた猶予期間(5月1日と2日)は消滅。
4月からそのまま継続して酒の販売禁止になる。

つまり、 新たに酒類を買うことは6月1日まで不可能になった。


○外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

○在タイ日本国大使館ホームページ
https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

〇在チェンマイ日本国総領事館ホームページ
https://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○タイ保健省 疾病管理局(Department of Disease Control)
https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/index.php

○厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

○厚生労働省新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

○厚生労働省新型コロナウイルスを防ぐには
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000599643.pdf

○厚生労働省感染症対策の基本
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593493.pdf




チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 23:48| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独居老人の生活1680(言語の力#18:テドロスの迷言)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1680
                    (言語の力#18:テドロスの迷言)


 事実にも法律にも基づかない 「訴訟」 らしきもの、

 冷笑を買うだけだ。
                            中国外務省の副報道官

     米ミズリー州が武漢ウィルス対応の責任を問い、
     中国政府などに損害賠償の訴訟を起こしたことを批判して...


@ 韓国がまた日本から盗んだモノ。

盗人は韓国のゲームメーカーで、 Android向けにリリースしたスマートフォン用ゲームに使用。

盗まれたモノは、 日本のマンガ 「鬼滅の刃」。
韓国業者はこれをゲーム 「鬼殺の剣」 のタイトルで販売。

pict-鬼滅の刃』が第2位.jpg



  pict-鬼滅の刃 16/吾峠 呼世晴.jpg


韓国メディアも 「盗作疑惑」 と報道、 韓国でも問題視。

日本の 「鬼滅の刃」 は純和風の世界観や 「鬼狩りとなって鬼と戦う」 というストーリー。

さらにはイラストのタッチやキャラクターの造形などが、 吾峠呼世晴の漫画 『鬼滅の刃』 にそっくり。

     こんなに似せました。
pict-韓国ゲーム「鬼殺の剣.jpg



pict-韓国ゲーム「鬼殺の剣3.jpg



pict-韓国ゲーム「鬼殺の剣5.jpg


韓国の開発側は当初、 メディアの取材に対し 「盗作ではない」 と主張。
しかし4月29日でサービスを終了すると発表した。

サービス開始が4月23日、 僅か数日で終了という類のないスピード終焉に...

韓国の業者が白々しく弁明。
          ☟
「当社の未熟さにより多くの方々に不快感を与えてしまい、
  これ以上ゲームは継続不可という結論に至りました」


何が未熟なものか、 嘘つきメ!
盗みにかけては熟練もいいとこだ。

「日本ボイコット」 じゃなかったのか?
日本のモノなら盗んでも、 「よくやった」 と賞賛されるとでも...

しかし韓国にも競合業者がいる、 そいつらが黙っちゃいないよ。
ライバルのゲームが大ヒットしたら、 自分たちに危機が来る。

油断も隙もない韓国、 速やかに盗んだ仏像、 返せ!


  **********************


A WHOテドロスは中国の操り人形。

テドロス事務局長(55)は中国に寄り過ぎと非難されている。
中国は彼の祖国・エチオピアの最大の援助国、 頭が上がらない。

エチオピアの保健大臣、 外務大臣などを歴任した政治家だから
尚更だ。

彼はWHOの8代目事務局長、 初めて医師の資格なしで就任。

WHOを率いる最初のアフリカ人、 そして全ての加盟国による投票で選ばれた最初の事務局長である。

pict-テドロス.jpg
        ☝ 世界保健機構・テドロス事務局長。

                * *

署名サイト 「チェンジ・ドット・オーグ」 で1月末に始まった辞任要求の署名数は約100万人に達した。

極端な中国寄りの姿勢や、 記者会見での妄言が批判を呼ぶ。
米国は拠出金停止を打ち出すが、彼は甘い地位から動かない。

トランプ大統領の非難を受けてこう警告した。
「遺体袋を増やしたくなければ、 政治問題化を控えよ」

誰もが言う、 「お前が政治問題化してるんだろうよ」

                * *

では武漢肺炎勃発以来、 テドロスはどんな言動をとってきたか、 今日は彼の迷言・暴言をお聞きください。

テドロスの迷走はここから始まっている。
                ☟
2019/12/31
台湾当局は武漢のウィルスの危険性を問い質した。
「コロナは人から人へ感染する」  この発信を黙殺。

2020/1/5 
「中国で原因不明の肺炎が見つかった」 と認めながら、
「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」 宣言を先送り。

1/19 人から人への感染リスクは少ない(台湾助言の反対を言う)
1/22  緊急事態には当たらない。

1/28 WHOは中国政府が迅速で効果的な措置を取ったことに
     敬意を表する。  (中国は隠蔽してたよ)

 中国は短時間で病原菌を特定し、 即座に共有し、 診断ツール
 の迅速な発展を導き、 内外に完全な透明性を約束した。

1/29  中国から外国人を避難させることは勧めない。
1/30  中国との渡航制限や貿易制限は必要ない。

1/31  人の行き来を維持し国境を開放し続けるべきだ。

               * *

台湾は武漢肺炎の怖さを知っていた、 そして中国が隠蔽体質であることも...
で、1月下旬には中国人の入国制限を行い、 2月上旬には全面禁止にした。

台湾はこの初動措置で、見事にコロナ防止を成功させている。
             ☟
2020年4月30日午前2時42分現在の状況。
感染者429、 死亡6、 回復311。  (worldometerより)

               * *

2/1  大流行をコントロールする中国の能力に信任を置いている。
2/1  中国以外の国々は感染者のより良いデータを提供しろ。
2/4  武漢は英雄だ。

2月4日のWHO執行理事会で、 中国からの渡航者入国拒否や貿易制限措置に対して次の発言。

「公衆衛生上の意味はあまりなく、 不安や悪いイメージを助長する恐れがある」

 (この発言で中国人観光客が大挙して日本や欧州に押し
   寄せる結果を招いた)

2/5 740億円の資金をWHOに投資して欲しい。
2/8 致死率は2%ほどだから、 必要以上に怖がることはない。

2/12  中国のしたことを認めて何が悪いのか。

    中国は感染の拡大を遅らせるために多くの良いことを
    している。 その具体例は武漢市を封鎖したことだ。

2/13  中国のたぐいまれな努力を賞賛する。
2/18  新型ウイルスは致命的ではない。

2/20  ダイヤモンド・プリンセス号での感染者数増加に
     ついては想定の範囲内だ。
2/21  封じ込めに向けた機会は狭まっている。

2/21  中国の感染者数推移の傾向に勇気づけられている。
     その他の国々は安心していてはいけない。


韓国やイラン、 医療崩壊に至ったイタリアにも感染が拡大した
2月下旬にもこんなのんきな発言。
              ☟
2/24  パンデミックには至っていない。
2/25  パンデミックと宣言するのは時期尚早、 パンデミック
     という言葉は事実に即さない。

2/27  中国以外の国々は天王山を迎えている。

中国の積極果敢な初動対応が感染の拡大を防いだ、 封じ込めは可能だ。

2/28  パンデミックの可能性がある。
    すべての国は備えに集中しろ。

(4日前、 パンデミックには至っていないと言ったのに...)


3/3  韓国、 イタリア、 イラン、 そして日本を懸念している。
3/12  パンデミックと表現できるとの判断に至った。

3/25  われわれは最初の機会を無駄にした。
     (そう、 お前のお陰でネ!)

3/26  1ヵ月前か2ヶ月前に対応していなければならなかった。

3/27  すべての国で積極的な行動がなければ、 数百万人が
     死亡する可能性がある。
     (当たり前のことを言うんじゃないよ!)


4/3  マスクを使うべきかの指針に変更を加えるべきかどうかを
    見極めるため、 WHOは新しい証拠を確認し、 この議論
     を再開することに前向きだ。

4/5  中国は毎日科学的なデータを発表、 提供している。
4/7  マスクは特効薬でない。
    パンデミックを止めることはできない。

4/8 我々は天使ではなく人間なので間違う事もある。

4/8  過去3カ月にわたり台湾から人身攻撃を受けた。
    私に対する中傷はすべて台湾から行われてきた。

人種差別発言や殺害予告を含む誹謗中傷の標的とされてきたことを明らかにし、

「気にしていない…私は黒人であることに誇りを持っている」
「こうした誹謗中傷の多くが台湾発だ」 と主張した。

4/9  ウイルスを政治化しないでほしい。
4/9  致死率はインフルエンザの10倍と推定される。

4/13  みなさん、 ハッピーイースター!
4/16  米国は長年の寛大な友人で、これからもそうであり
     たい。
4/23  世界が対応するのに十分な時間がある適切な時期に宣言
    したと思う。  (嘘つくな!)

4/27 世界はWHOに耳貸すべきだった。
               ☟
「WHOは新型コロナウイルスに関して早期から最高レベルの
   警告を発してきた」

「WHOの忠告に従わない国があった」 

「WHOは最高の科学と証拠に基づき、 当初から適切な忠告を
  出してきた」

一方で、 WHOには各国に対して
「忠告を聞き入れるよう強制する権限はない」 とも強調。


お前が世界に耳を貸すべきだったんだよ。
責任逃れをするんじゃない!

そして分かり切ったことをカッコつけて言う。
                 ☟
「新型コロナウイルスのパンデミックは当分終わらない」

「世界は私たちがいた元の姿に戻ることはできないでしょう。
『新しい日常』 になるはずです」

「新型コロナウイルスとの戦いは長い道のりで、 長期間、 ウイルスが存在する中で生活することになる」

  (お前がいるから ”長い道のり” になるんだよ!)

この記者会見の模様です。
           ☟
https://www.youtube.com/watch?v=chxfI20P_fQ


テドロスのいい加減な発言で、 ジジイは4月、日本へ帰れなくなった。
タイの酒類販売禁止措置も、 こいつのお陰だと思っている。

日本も米国と歩調を合わせ、 資金拠出を停止した方がいい。
何の役にも立たないというか、 害になるWHOなど不要。

ところがテドロスは2020年3月13日の会見で次のように述べた。

「日本による155億円拠出に感謝する」

3月30日には、 安倍首相と約45分間にわたり電話会談。
直後にツイッターでこんな賛辞を投稿した。
              ☟
「非常に生産的な電話」  「彼に感謝しました」


カネをくれる相手には ”生産的”、 ”感謝” となる。
カネを出さないと言えば、 「政治問題化するな」 と言う。

いつまで日本は、 ”国連信奉” を続けるのか。
国連なんて、 よく言えば 「田舎の信用組合」 と同じ。

悪く言えば、 「ヤクザの連合体」 みたいなもんだ。


世界保健機構・テドロスの迷言をビデオで再確認。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=S5HvKSGV9OA


チェンマイの武漢ウィルス新規感染は3週間ゼロ。
タイ全土でも、 新規感染は9人(29日)。


それでも酒類の販売禁止は5月末まで続く。

6月1日から新しいビールを発売すればいい。
その名も 「テドロスビール」 価格は超安い、大瓶10バーツ/本。

キャッチコピーは、 「テドロス飲んでコロナを防止!」






テドロスの小便入りビールだ。



チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 15:00| Comment(4) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする