2020年04月03日

独居老人の生活1830(武漢ウィルスのお陰で持ち帰り)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1830
                   (武漢ウィルスのお陰で持ち帰り)


 暴力が障害物を速やかに一掃してしまうことはある。

 しかし、暴力そのものが創造的であると

 証明されたことは一度もない。 

                              アインシュタイン


@ プラユット首相、 タイ全土に夜間外出禁止令。

外出禁止は夜10時から朝4時までで、 今日(2020年4月3日)から施行される。
但し、 医療従事者や生活必需品の輸送は除外。

違反者は、 2年の懲役または4万バーツ以下の罰金かその両方が課せられる。


  ********************


A チェンマイ到着の外国人は2週間の隔離。

これは従来の自粛隔離とは異なる。
チェンマイ県知事が昨日(4月2日)布告。

チェンマイに入る全ての外国人は、 自分自身の宿泊施設を持っていない限り、 県が指定した場所で14日間の隔離となる。

全て当局の自由裁量で実施される。


タイ人が次の地域からチェンマイに入った場合、 14日間の厳しい自主隔離となる。

バンコク都および周辺県、 並びにヤラー、 パッタニー、 プーケット、 ナラーティワートの各県。

自主隔離の外国人とタイ人は、 保健当局やボランタリーチームによって重点管理される。

違反者は、 1年以下の懲役または10万バーツの罰金かその両方。

チェンマイに居る日本人は県外に出ない方がイイってこと。
戻って来て14日間も強制隔離されたんじゃ堪らない。


  ************************


B イミグレ90日オンライン、 Pendingのまま承認出ず。

ジジイは先週の金曜日(3月27日)に申請した。
それからずっと今朝(11時30分)までPendingが続く。

友人Nさんは水曜日(25日)のオンライン申請。
彼も依然、 昨夜までPendingのまま。

こんなに承認(Apporoved)が遅れることは過去1度もなかった。
これはオンライン届け出が混んでいるからか?

こんなウィルスが怖い時期に、 誰だってひどく混んでるイミグレに出向きたくはない。

ちなみにジジイの90日の通知期限は4月4日、 なので遅くとも10日までに届け出が必要になる。


  ***********************


C 今でも飛行機がチェンマイ〜バンコクを飛んでいる。

昨日(4/02)、 ジジイの友人がフライトをチェックしてみた。
友人は近々、帰国を予定しているからだ。

こんな時期に結構フライトがあるもんだ。
(以下はチェンマイ発、 4月2日現在)

 ・タイスマイル 15:10 → BKK(スワンナプーム)
 *バンコクエアウエイズ 16:40  → BKK

 ・ノックエアー 18:10 → DMK(ドンムアン)
 *バンコクエアウエイズ 19:05 → BKK(遅れあり)

 ・タイスマイル 20:50 → BKK
 ・ヴェトジェット 22:15 → BKK

*バンコクエアウエイズは近日中に全面運休になるかも....

(注) コードシェア便で、 別の便名になる場合あり。

バンコク → 日本は、 JALなどが運航している。
帰国したい人はまだ日本に帰ることができる。

但し、 タイの入国規制が解除になるまでは、 タイに戻って来るには相当な苦労が必要(ジジイには無理)。


  ********************


D チェンマイで、 ウィルス危機にちょっとイイ話。

「Eastin Hotel」 はリンカム交差点にあり、 ショッピングモール 「MAYA」 の道路を挟んで南隣になる。

pict-Eastin Tan Hotel Chiang Mai.jpg
           ☝ 右の建物は 「MAYA」


このホテルは 「Ichitan グループ」 オーナーのタン氏が経営。

タン氏はこの 「Eastin Hotel」 を昨日(4月2日)から、 チェンマイでのコロナ医療チームに全面開放した。

同ホテルの部屋数は122室、 宿泊、 レストランの食事、 洗濯サービスなど全て無料。

Eastin Tan Hotel.png


オーナーのタン氏が語る。

「当面、 一般の客は受け付けない。 ウィルスと闘う医療従事者に泊まって戴く。
医師や看護師にはご自宅があるのは知っている。
しかし職場から遠方だったりして、 通勤が大変。

加えて、 彼らの家族に感染する不安もある。
当ホテルはマハラヤ(スアンドーク)病院にとても近い場所。

医療従事者がゆっくり休める環境を提供する。
ホテル内を常に清潔に保ち、 24時間オープンで支援したい。

医療 ID を持つ人なら、 いつでもチェックインOK。
私は医療チームのお役に立ちたいと願っている」


まあ、 タイのお金持ちはやることが違う。
どっちみち一般宿泊客など、 ほとんど来やしない。

空いてる部屋を有効に使って戴こうってことか...イイネ!


 ********************


E 食事は毎日が持ち帰り。

コロナでチェンマイのレストランは全て休業。
持ち帰りならOKなので、 1部オープンしてる店だけが頼り。

レストラン休業命令が出て以来、 ジジイが持ち帰った店などをご案内したい。

持ち帰りOK。
      ☟
 ・サクラ(アモーラホテル真裏)
 ・好寿司(89プラザ内)
 ・ベトナム料理(ピン川東岸、 ナワラット橋近く)
 ・五郎(10%割引、 ローヤルペニンシュラホテル隣、 )
 ・ごはん亭(サンティタム)


完全に休業している店。
         ☟
大阪のおかん、 ごはん屋、 寿司一番、 タケシ、 憩、 
Shabushi、 寅次郎、 サムライキッチン、 神戸キング、

(注) 他の店ついては、 ジジイは確認してません。

ではどんな料理を食べているか、 ちょっとご覧あれ。
勿論、 すべてジジイ宅で食ってます。

   「サクラ」 の中華丼(70バーツ)。
pict-P_20200329_130017_vHDR_On.jpg
         ☝ ご飯と中華を分けて持ち帰り。



  ご飯を丼に移し替え、 その上に具をかける。
pict-P_20200329_131105_vHDR_On.jpg



次は「好寿司」、 この時は友人と一緒に食う。
ジジイは鉄火丼(169バーツ)、 友人はカツ丼(69B)
                 ☟
pict-P_20200327_141932_vHDR_On.jpg
          ☝ 手前が鉄火丼、 上がカツ丼。



ナワラット橋近くのベトナムレストラン。
ここはいつもと変わらず店員さんがほとんど出勤。
                  ☟

pict-P_20200330_183658_vHDR_On.jpg



  この日はベトナム風ソーセージサラダ(90バーツ)
pict-P_20200327_195613_vHDR_On.jpg



これはカオマンガイ(40バーツ)を持ち帰り
チャンクラン通り、 ランナーホテルの筋向いに店がある。
                ☟
pict-P_20200331_194337_vHDR_On.jpg
       ☝ ジジイがサラダを自分で用意(右上)


   
    マグロ刺身。
pict-P_20200401_185250_vHDR_On.jpg
        ☝ 冷凍したマグロをジジイが切った。



    買って来たマグロはこんなもの
       (2パック4本)
  pict-P_20200327_161129_vHDR_On.jpg
      ☝ 全部(4本)で230バーツ。

最初の写真の切り身(皿の上)は、 上の4本の内の1本。
マグロ刺身(冷凍)だけを扱う店で購入。


とまあ、 毎日が自宅で食事。
2020年3月23日午後6時以降、 レストランは休業になった。

それ以来、 ほとんど1人で食べている。
これもまた乙なもの、 ビール代が安くついてありがたい。

いろいろ考えるにジジイは今、 武漢ウィルス蔓延という歴史的出来事の真っ只中にいるわけだ。

ならば本ブログも.....







歴史を刻む1頁って、 誇りに思いたいけど....  (ダメだ)


チェンマイって ホントいいですね!  




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:42| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする