2020年02月17日

独居老人の生活1780(中国を襲う厄介モノ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1780(中国を襲う厄介モノ)


 言論の自由を殺すのは、 真理を殺すことである。

                                ジョン・ミルトン (英国の詩人)


@ ウィルスに次いで中国を襲う厄介モノは?

それはこれだ。

pict-砂地に産卵するサバクトビバッタ.jpg
        ☝ 砂地に産卵するサバクトビバッタ。


東アフリカで発生したサバクトビバッタの大群4000億匹が中国
新疆地区に到達。

   pict-Screenshot_20200217-091613.jpg  

  
国連・食糧農業機関(FAO)によると、 今回のサバクトビバッタの大発生は、 アフリカ北東部では 「この25年間で最悪」 だという。

FAOは2019年12月、 エチオピアとソマリアでは被害面積が約700平方キロに及んでいることを明らかにした。


サバクトビバッタは、 東アフリカ → インド → 中国新疆へ...
インドでは、 4000億匹の大群が70万人の駐屯インド軍の食物を食い尽くした。

1日あたりの飛行距離は100〜200km → そして遂に中国へ。
飛来した地域の全ての穀物を平らげる恐怖。

               * *

中国では大昔から蝗害があり、 漢の時代など歴代の統治者を悩ませている。

最近では2005年夏、 海南省を飛蝗が襲っており、 1平方メートルあたり350-500匹、 飛来面積は220万畝に上った。

これは海南省では最悪の記録で、 そのうちの農地は100万畝、
この年の稲の収穫はほぼ絶望的となった。

尚、 襲ったのはトノサマバッタの一種。

               * *

今回、 中国・新彊に来たサバクトビバッタは体長5cm。
寿命は3〜6ヶ月ほどで、 卵は2週間で孵化し、 6週間で成体になる。

繁殖により、 3ヶ月後には20倍、 6ヶ月後には400倍、 9ヶ月後には8000倍に急増加する可能性がある。

イナゴなんか食べればいいだろうと思ったら大間違い。
硬くて食べられないのだ。

大量発生し群体になると、 特殊なホルモンにより茶色の硬いイナゴへと変化。

これが翅を硬く強固にし、 長距離の飛行を可能にする。

飢餓の主因は3つ、 洪水、 旱魃、 バッタだという。
旱魃の後に蝗害が発生しやすく、農作物被害が一層増大する。

ではサバクトビバッタの大群の凄(すさ)まじさをどうぞ!
                ☟     (約3分)
https://www.youtube.com/watch?v=jhEZodjpXBI


ウィルス感染患者なら隔離できるが、 バッタじゃ無理。

新彊に着いたバッタの大群、 さてどんだけ食い尽くし、 その後どこまで飛んで行くか?

世界制覇を狙う独裁者・習近平にまた1つの妨害が....


  *******************


A 武漢肺炎の患者はとても元気?

中国は武漢肺炎の感染者治療のため、 臨時病院を設置。
その一部では、 患者らをリフレッシュさせるために工夫が施されている。

武漢市のある臨時病院では、 患者にテレビや映画、 本などが提供されている。

加えて、 毎日夕方には軽症状患者らを対象に、 「太極拳」 や 「広場ダンス」 もある。

   太極拳をやってる医師と患者。
pict-DSCN6679.jpg


病院が言うには、
「適度な運動は病気の回復に役立ち、 ストレスも軽減できる」

こんなに元気で、 本当の病人なのか...ジジイは疑ってしまう。
ではそのダンスの模様をどうぞ!
            ☟           (16秒)
https://www.youtube.com/watch?v=RZgMhKCopaM&feature=emb_logo

マンガを見ているようだ、 笑ってしまう。


続いて、 患者は中で自生自滅。 (4分50秒)
広場ダンスも太極拳も出てきます。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=MjKUFQdRfRA


  *********************


B 中国人ジャーナリストら2人行方不明…連行か。

本ブログでは先日、 こんなことを取り上げた。
                ☟
   最も重要なのは、 入ったら出ないことだ!
pict-Screenshot_20200208-061925.jpg


責任者と患者のやり取りです、 ビデオをどうぞ!
 (武漢 新型コロナウイルス 方倉醫院)
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=4q1zwQVgPnQ


武漢市から、 ネットを通じて上記のような様子を発信していた中国人のジャーナリストら2人が今月、 相次いで行方不明に...

当局に不都合な情報を流したために連行されたとみられ、 安否に懸念が広がっている。

1人は北京の弁護士で市民ジャーナリストの陳秋実氏。
              ☟
  pict-陳秋実.jpg 
   ☝ 2020年2月6日から連絡が途絶えた(強制隔離か)



武漢市民の方斌氏は9日から行方不明。
            ☟
 pict-方斌.jpg
  ☝ 方氏は公安当局に拘束されている可能性が高い。


陳氏はツイッターなどに数十万人のフォロワーがおり、 先月23日に封鎖が始まった際に武漢市入りした。

方氏は地元住民として 「実際に起きていることを知らせたい」 と、封鎖後に発信を始めた。

政府の情報統制が強まる中、 2人はそれぞれ、 ごった返す病院の様子や死亡した肺炎患者の遺族らを連日取材し、 「これは人災だ」 などと訴えていた。

                * *

こんな情報統制をやってるから、 対応が遅れてウィルスが拡散した。

不都合な真実は隠そう隠そうとする独裁国家の体質が、 ますます事態を悪化させる。

2人が元気で戻ってくれればいいが....
大概、精神を蝕まれ、 ボーとした病人になってしまう。


4000億のサバクトビバッタよ、






北京をすべて食い尽くせ!


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:01| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする