2020年02月14日

独居老人の生活1777(恋するより徳をしろ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1777(恋するより徳をしろ)


 今日はこんな人たちが笑顔になる日。

   高級ホテル、 高級レストラン、 花屋、

  そしてお菓子屋とチョコレートメーカーと歯医者。

                             

pict-1581632016859.jpg

                * *



@ カントリーライブ。

 pict-Cha Cha Bar.jpg

2020年2月15日(土) 20:30〜22:30
場所: Cha Cha Bar  (地図はココ
    電話:085 742 4091

入場無料、 飲食するだけです。
ライブ開始は8時半だが、 店は午後4時からオープン。

カントリーソングなど懐メロポップスを楽しもう!


  ********************


A バレンタインデーの思い出。

タイのバレンタインデーでは日本と異なり、 男性から女性にプレゼントする。
女性から男にチョコをあげるのは日本だけのようだ。


ジジイだってこの日は女性と一緒にディナーを楽しみたい。
で、 これまで数人の女性を誘ったことがある。

チェンマイで最初に食事に行ったのはこちらの女性。
             ☟
pict-001.jpg


彼女(当時33歳だったか)に出会ったのは今から10年以上前。
お堀端にあったカフェ・レストランで働いていた。

夜の仕事なので夕食は1度もない。
バレンタインデーの時も仕事。

ジジイはカウンター席に座り、 彼女の仕事ぶりを眺めていた。
勿論お喋りはしたがただそれだけ、 後にジジイは振られた。

               * *


次の女性(当時28歳)とは友人の紹介で何度か食事をしたが....

  pict-pict-pict-DSCN0343.jpg

ある年(7,8年前)のバレンタインデー。

ジジイはディナーに誘ったが、 こう言われた。
「チェンマイまで遠いので....」

彼女の住まいはチェンマイから車で30分の郊外。
なんやかんやで間もなく終わった、 ただそれだけ。

               * *


彼女(当時31歳)はチェンマイのとある四つ星ホテルの従業員。

レストラン部門にいたので、 バレンタインデーの日に、 バラの花(と言っても2〜3本)を持って飲みに行った。

その後、 上手く誘い出してランチを一緒するようになる。 
数回目のランチデートの時、 彼女はこう切り出した。

「このストッキングを履けば血行が良くなり健康になるのよ」

で、 彼女は 「これを買って欲しい」 と言う。
値段を訊いて驚いた、 1セット3000バーツ。 (勿論お断わり)

pict-017.jpg


このあと数ヶ月してバレンタインデーがやって来た。
ジジイが友人の爺さんとランチをしていたら、 彼女から電話。

「バレンタインデーなのにどうして誘ってくれないの?」

「今、 ここで友達とランチしてるよ」

こう告げたら、 彼女はそのレストランに飛んで来た。
ジジイは食事だけ奢り、 素っ気ない態度で別れた。

それ以来、 彼女から連絡はない、 ジジイも誘わない。
要りもしない高額商品を買わされるんじゃ....

5年前のこと.....ただそれだけ。

               * *


友人の紹介で何度か食事した彼女は当時27歳。

  pict-pict-pict-DSC_0021彼女3.jpg


バレンタインデー、 意気込んで夕食に誘ってみた。

「xxx(友だち)連れてっていい?」 と彼女。

この友だちは既に3,4回、 彼女が連れてきていた。
3人で食べるのだが、 とにかく酒豪の友だち。

ウィスキーのボトル1本を注文したり、 料理は多めに注文しテイクアウトする。

「2人でなきゃ....」 と言ってジジイから断った。

これも5年前のこと....ただそれだけ。

                 * *


和食店でジジイがナンパして付き合うようになったこの彼女。
ある年のバレンタインデー、 夕食を付き合ってくれた。
                 ☟
pict-DSCN6083.jpg


勿論、 ジジイは花束を彼女に贈る。
その時、 彼女(当時28歳)に訊いてみた。

「花とお金、 どっちが欲しい?」

「両方、 欲しいわ!」

率直な女性で、 10回以上は一緒に食事したろうか。
結局、 ただそれだけで....会わなくなってしまった。

                * *


この彼女にもバレンタインデーの思い出がある。
ドラッグストア勤務の彼女は夜8時に仕事を終える。

  pict-pict-1486312225149JeaB.jpg


ジジイが2月14日、 彼女(当時28歳)を夕食に誘ったら、

 「疲れているからダメ....」

「じゃあ花束だけ持って行く、 受け取ってすぐ帰ればいいよ」

 「花は私、 好きじゃないの」

結局、 会えずじまい。
どうも男がいたようで、 間もなくして会わなくなった。

3年前のこと.......ハイ、 それまでよ。

               * *

ならばと今年に期待、 たまに飯を一緒する飯友をLineで誘う。

  pict-1581262446693Ben.jpg


「明日はバレンタインデー、 花束持って行くから...」

「私、 花は要らないわ....すぐ枯れてしまうでしょ?」

今年もバレンタインデー、 ジジイ1人で過ごすことになりそう。


ということで今このブログを書きながら、 他に誘う女性はいないかと思案するが、 誰も思い浮かばない。 


ジジイの付き合い方の特徴は、 指1本触れずに終わること。
なので当然、 別れに際してのいざこざも後腐れも何もない。

これを喜んでいいのかは考えもんだが....
それでもこんな爺さんに若い女性が付き合ってくれる。

チェンマイに来て本当に良かった..と実感している。


              * *

で、 皆さま、
奥さまや恋人に花を贈れば、 きっとお喜びになると思います。

花束にレターを添えて....「I love you」 と書きたいもの。
貴方の変わらぬ愛をバレンタインデーに伝えるのです。


もらった彼女は言うでしょう。






「あら、 封筒にお金、 入ってないわよ!」


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:19| Comment(2) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする