2020年01月26日

独居老人の生活1758(新型コロナウィルス・武漢の模様)


  本日2度目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1758
                   (新型コロナウィルス・武漢の模様)


  私は地獄を見た。

  私は決してクリミアを忘れない。

                             フローレンス・ナイチンゲール (看護士)


昨日、 チェンマイのワロロット市場では、 春節イベントのオープニングセレモニーが開かれた。

ちょっとその模様を写真でどうぞ!

pict-DSCF8844-1350x900.jpg


pict-DSCF8828-1350x900BB.jpg


pict-CCC.jpg
                  ☝
 新型コロナウィルス何のその、 チェンマイは元気ですよ!



一方、 武漢市で発生した新型コロナウィルスは感染が拡大。
                  ☟
pict-中国から感染拡大.jpg


今日は武漢における現地レポートをビデオでご覧ください。

まずはBBC Newsから。 (1分13秒)
            ☟
https://www.youtube.com/watch?v=COloBZHZifc



次からyoutubeで武漢の病院、
死者3人の遺体廊下に置きっ放し、 手が回らない! (1分)
               ☟              
https://www.youtube.com/watch?v=THpzPlCKteY&feature=youtu.be


   pict-Screenshot_20200126-210508.jpg



「もう耐えられない」 武漢の医療現場、 メンタル崩壊寸前
               ☟           (3分14秒)
https://www.youtube.com/watch?v=B9XonrPG0do&feature=youtu.be



人がバタバタと倒れています!  武漢の病院 (1分31秒)
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=T7OWCzHRjZw&feature=youtu.be


街を歩くと大きな病院の前にいくつもテントが張られている。

新型コロナウイルスに対応して、 院内感染を恐れて病院の外で受け入れ。

別の病院では受付前に長蛇の列ができ、 院内に入り切れないほど患者で溢れている。

武漢市周辺からも熱が出たと患者が殺到し、 院内感染を恐れる病院のスタッフが逃げ出そうとするなど異様な事態という。

   pict-武漢市内の病院には感染が疑われる人が押し寄せた.jpg
          ☝
武漢市内の病院には感染が疑われる人が押し寄せた。



新型肺炎、 突然意識がなくなり バタンと倒れる人が急増
               ☟             (53秒)
https://www.youtube.com/watch?v=rZv87wZjPww&feature=youtu.be



1月23日、 武漢 「封鎖」 病院ー駅ー空港の様子 (1分40秒)
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=XDl8Leko1HM&feature=youtu.be


皆さまを脅かすつもりはございません。
でも生々しい中国・武漢の様子。

まさに 「アウトブレイク」 といった感じ。

では映画の予告編をどうぞ!
『アウトブレイク・エクスプレス』 2004年の中国映画。

SARSウィルスに汚染された特急列車が中国大陸を爆走する恐怖を描いたサスペンス・アクション。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=huA-gGOSq9U&feature=emb_logo


映画ならいいけど...こんなことが中国で実際に起きている。
みんな怖くてマスク着用だが....
                  ☟
pict-コロナウイルスの感染源は.jpg



ところで....




こんな程度のマスクでウイルス、 遮断できるんですかね?


チェンマイって ホントいいですね!
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 20:27| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独居老人の生活1757(激励のコメントに感謝!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1757
                         (激励のコメントに感謝!)


 激励とは、 いざ正念場と張り切っている者の所へ行き、

 意気阻喪させるようなことを言うこと。

                                    筒井康隆 (作家)

皆さまからのコメントですが、 昨日でその数7,000を超えました。
その内のほぼ半数はジジイが書いた返事のコメントです。

従って皆さまから頂戴したコメント数は約3,500になります。

コメントについて本ブログで取り上げたのは、 2017年2月4日掲載(#779)、 その時は2,000のコメント到達時。

次のようなことを述べました。
                ☟
『お陰様で本ブログのコメント数が2,000を突破しました。
これまでに削除したコメントは3点。

内容が主としてタイの王室に関するものです。
せっかく送って戴いたのに消去、 申し訳なく思ってます。

それ以外は全てオープンにしてます。
消したくなるような迷惑コメントは頂戴しておりません。

従って禁止IP(着信拒否の意味)は一度もありません。

ほとんどが暖かい励まし、 そして色々教えてくださるコメント。
誤字・脱字、 知らない知識や情報などで、 ジジイは助かっております』

              * *

とまあ、 今回の7,000も同様で、 皆さまからの激励のコメントに感謝の気持ちでいっぱいです。

戴くコメントは全て、 自動的に掲載されております。
ジジイが勝手に選別しているわけではありません。

しかし掲載されたあと、 ジジイの判断で削除したコメントは2,3ございます。
以前はタイ王室の内容でしたが、 その後の削除はジジイの個人的事柄が書かれたコメントです。

読者の方とお会いしますと、 ジジイの個人的な事も話に出ます。

そのお答えした内容がコメントにあり、 削除した次第です。
お二人いらっしゃいましたが、 何卒ご理解戴きたく....


本ブログが縁で初めてお会いした読者の方はこれまでに11人。
うち女性は2人、 当然ながら20代とかの若い人ではありません。

女性はもうお一人いらしたが、 ジジイが東京滞在中でダメ。
友人に代理で会って貰うという実に残念な思いを致しました。

そのほか飲み会やパーティなどでお目にかかった方も....

ブログ内容からジジイの下品な風貌をイメージ → しかし会ってみれば気品ある美男子、 想像と違って驚いた..と述べた人はゼロ。

お会いして分かったことは、 みな好色爺さんばかり。
「この歳でもう、 女には興味ありません」 という方はゼロ。

でも皆さん素敵な人ばかり、 その後もお付き合い戴いたりして、 ブログ冥利に尽きる思いです。

何人がコメントなさったか、 これは勘定したことがありません。 (簡単に調べる方法があれば...)

                * *

最近は 「なんと下品なブログだ!」 といったお叱りのコメントは入らなくなりました。

これは下品な内容の場合、 冒頭に次の断り文を入れるからだと思います。

”本ブログ、 本日の内容は下品です。
紳士・淑女および18歳未満の方はご遠慮ください”

これもジジイの判断で、 ちょっと下劣かな..と思った時に加えているだけです。 ジジイの ”ちょっと” は相当きわどい。

「お前のブログは全て下品だ!」 というコメントがあっても仕方ないと思ってます。


今年4月で、 ジジイがブログを書き始めてから6年目に突入。
 (最初の投稿が2014年3月27日でした)

その間、 継続してコメントを出してくださる方々、 麻疹のように一時期どっとコメント、 しばらくしてパッタリという方々。

直接お会いした方と、 ブログ開始前からの友人1人を除けば、 コメントは全て存じ上げない方々から...

いずれにしてもありがたいことで、 感謝するばかりです。
今後とも𠮟咤激励のコメントをお待ちしております。


次はコメント数10,000に達した時にまた書くつもりです。

ま、それまで本ブログが続いていればと...それより、






ジジイが生きてるかどうか.....


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:11| Comment(6) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする