2020年01月25日

独居老人の生活1756(精力増強サプリメント)


   本ブログ、 本日の内容は下品です。
   紳士・淑女および18歳未満の方はご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1756(精力増強サプリ)


 老いたからヤラなくなるのではない。

 ヤラなくなるから 老いるのだ。

                             バーナード・ショーの言葉のパクリ


@ ターペ門広場は立ち入り禁止。

チェンマイのランドマークともいえるターペ門。
その外側にある広場が只今閉鎖中。

pict-P_20200125_073140_vHDR_On.jpg

期間は2020年1月23日〜2月6日、 工事をやるようだ。



   このように囲いが張られている。
pict-P_20200125_073206_vHDR_On.jpg



   何を作るのかな?
pict-P_20200125_073441_vHDR_On.jpg



しかしゲート付近のみ立ち入りOK、 狭くはなってるが....
                   ☟
pict-P_20200125_073253_vHDR_On.jpg


何かのイベントに備えた作業(工事)であろう。
完成が楽しみだ。


  ********************


A ゴーンさん、 居心地はどうなのかな?

日本から逃亡した 「日産食い逃げ爺」 のカルロス・ゴーン。
逃げ込んだ先が国籍のあるレバノン、 彼は今、首都ベイルートに居る。

しかし雲行きが怪しくなってきた、 レバノンが、政治・経済危機に揺れている。  

2020年1月15日、 ベイルートでデモ隊が治安部隊と衝突し、多数の負傷者が出た。

その前日にはドルの預金引き出し制限に激怒した抗議者たちが銀行を襲撃したばかり。

pict-銀行を襲うデモ隊(1月14日、ベイルート)-REUTERS.jpg
             ☝ 1月14日、ベイルート。


1月18日、19日にもデモ隊と治安部隊の衝突があり、 2日間で負傷者が490人超となった由。

国民の怒りは銀行にも向けられている。
金融危機を回避するため、 多くの銀行が引き出し額を月約1000ドルまでに制限しているからだ。

預金者は自国通貨レバノンポンドでの取引を余儀なくされているが、 同通貨は対ドルで急落。

反政府デモの圧力により2019年10月末にハリリ首相が辞任。
それ以来、 レバノンが無政府状態になっている。

                * *

逃亡者・ゴーンは2020年年初め、 レバノン人の弁護士グループから告発を受けた。

日産在職中の2008年にイスラエルを訪問したことが、 イスラエルのボイコットを定める法律に違反している...との訴えだ。

レバノン人の若者が言う。
 
「これがもし僕なら、 即座に刑務所行きだ。 でもゴーンは悠々と暮らしている。 これがレバノンの現実さ」

レバノンで若年層の失業率は25%に上るとされる。
通貨下落やインフレとも相まって、 一般市民の生活は苦しさを増している。

その一方で富裕層は、 ゴーン被告のように複数の国籍を使い分け、 海外に資産を移しているとか。
   (source : Newsweek)

                 * *

贅沢三昧のゴーンが月1000ドル(約30,500バーツ=11万円)で暮らせるわけがない。

銀行はゴーンの頼みとあらば、 幾らでも引き出しOKか。
ま、無政府状態の母国でのんびりやってくんなはれ....ゴーン。


  *********************


B 精力増強サプリメント。

先日、 友人Kさん(72歳)から譲り受けた黒ニンニクだが、 ジジイは毎日1個、 食している。

効果の方はまだ食い始めてから約1週間で、 今のところはよく分からない。

昨日、 そのKさんがこんなことを言う。

「2年ぶりにヤリました、 バイアグラをのまずにビンビン。
相手は30歳の昔のカノ女、 50過ぎた女房とじゃ無理ですわ」

その元気の源が、 黒ニンニクと次の精力増強サプリ。
この2つの併用で、 昔の精力が蘇ったというのだ。

   赤ガウクルア.png
   

   pict-P_20200115_142304_vHDR_On精力サプリ (1).jpg

100カプセルで300バーツ、 1粒を1日3回(食後) 服用する。
一般の薬局で販売しているそうな。

Kさんの横に居たFさん(精力増強に研究熱心)が解説する。

「このサプリの主成分は ”アカガウクルア” です」

pict-ソフォン(アカガウクルア).jpg


一般的(世界的)には 「Butea Superba」 (ブテアスペルバ)という名で呼ばれている。

タイのメコン川流域に生息する熱帯のハーブの一種。
タイでは天然のバイアグラと呼ばれ、 その効果は絶大だとか。

アカガウクルアにはテストステロンの分泌促進を促す 「亜鉛」 が含まれている。

加えてアカガウクルアに含まれるフラボノイドには抗酸化作用があり、 血流状態を改善。

血流が悪いと ED・中折れが起きてしまう。

アカガウクルアをのむ際の注意点は、 性ホルモンへの影響が考えられる成分のため、 ホルモン療法を行っている場合は要注意。

また、狭心症や降圧薬などの薬を服用中の場合は、 医師や薬剤師に相談要。


   日本では通販で入手可能。
pict-赤ガウクルア.jpg
          ☝ 楽天市場(参考まで)

アカガウクルア 100% サプリメント 180粒
1粒に300mg  国内加工(タイ原産)   3,150円(送料無料)

              * *

このような効能と彼らの実績を聞くと、 「じゃあ俺も試してみるか」 という気になるのは当然か。

で、 ジジイと一緒に居あわせた爺さん4人(77、 76、 75、 68歳)がすぐ黒ニンニクを貰い受けた。

ジジイと77歳の爺さんが写真のサプリメントを即購入。
加えて、 ジジイは黒ニンニク3袋を譲り受けた。
                   ☟
pict-P_20200125_080114_vHDR_On黒ニンニク.jpg
        ☝ 右端の袋は、 現在食べている最中。


精力減退に悩む男は、 70代の爺さんとは限らない。
一昨日の朝にバッタリ会ったYさんはまだ61歳。

20代の奥さん相手にビンビンかと思いきや、 いや違うと言う。
マンネリからか、 結構中折れするそうだ。

となると今から黒ニンニクやアカガウクルアのサプリで精力増強を図る必要があろう。

いくら20代の若い奥さんでも、 いつも同じじゃ飽きがくる。

「相手を変えれば大丈夫ですよ」 とジジイがアドバイス。

「そんな恐ろしいこと...バレたらムスコ、 切られます」


ジジイは精力増強した暁には、 チェンマイ中の美女を口説きまくるつもりだ。





1ヶ月後の2月下旬、 精力増強の結果をご報告いたします。

  乞う ご期待!



チェンマイって ホントいいですね!


  

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:18| Comment(0) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする