2019年12月27日

独居老人の生活1729(ポーランドで連想するのは?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1729
                  (ポーランドで思い浮かべるのは?)


 結婚するとき、
 私は女房を食べてしまいたいほど可愛いと思った。

 今考えると、 あのとき食べておけばよかった。

                       アーサー・ゴッドフリー (米国の放送局エンターテイナー)


<米国政府がチェンマイの古い建物保存のために資金援助>

在チェンマイ・アメリカ総領事館のオニール総領事が2019年12月18日、 150,000ドル(16,500,000円)の贈呈式に出席。

セレモニーは 「The Lanna traditional house museum」
(ランナー伝統家屋博物館)で... (地図はココ

チェンマイ県やチェンマイ大学から関係者が出席した。

資金は伝統ある家屋や米の納屋などの保存に加え、 ランナーの次世代工芸アーティストの養成を目的とする。

pict-US Government grants.jpg


セレモニーに出席したアメリカ大使館のヘルス代理大使は次のように述べた。

「アメリカはタイの文化と歴史に対し敬意を払っております。
今回の支援で、 両国の良き関係が末永く続くことを願います」

とまあ、 米国はチェンマイの歴史と文化にカネを出した。

                * *

一方、 日本の場合はどうか。
日本も米国に負けず劣らずやっている。

「草の根・人間の安全保障無償資金協力」 と銘打って。

2019年12月17日、 「チェンマイ県チャイプラカーン郡の校舎建設計画」の引渡式典が執り行われた。

式典には在チェンマイ日本国総領事館の松本洋総領事が出席。

日本政府は、 校舎建設にかかる総額1,671,000バーツ(約5,447,460円)の支援を行った。

この度校舎が完成し、 児童たちに安全で快適な学習環境を提供。

pict-草の根・人間の安全保障.jpg
             ☝ 赤の矢印が松本総領事。

その他にも支援はいっぱい、 ココをクリック。


カネを出すの米国や日本など、政府だけとは限らない。

チェンマイの爺さんたちは、 恵まれないタイ人女性に多額の資金援助を行っている。 それも自腹で...

ジジイの友人(74)はここ数年で、 タイ人女性4人それぞれに家と車を贈与、 しかし全部、 売られて逃げられた。

ま、それで女性はカネを得て、 暫しの幸福感を味わった。
日本政府はこういった爺さんに勲章をあげていいと思う。

勲章がダメなら、 年金を無税にして欲しいもの。

                * *

2019年12月20日、 前述の在チェンマイ日本総領事館・松本洋総領事の講演会が催された。

講演テーマは、
「ポーランドってどんな国? これまでの勤務経験から」

場所はYMCAで、 主催は 「在住者クラブ」 という日本人会。
ジジイもポーランドに興味があって参加。

pict-DSCN6412.jpg
              ☝ 松本洋総領事。


総領事はスピーチが上手で分かり易く、 聴衆を魅了した。

ポーランドで思い出す人名といえば...で講演がスタート。
総領事は3名のポーランド人を挙げられた。

コペルニクス(享年70)、 キュリー夫人(享年66)、 そして
フレデリック・ショパン(享年39の通説)。

3人とも名前は知っていたが、 ショパンを除きあとの2人がポーランド人とは思い浮かばなかった。

ジジイがパッと浮かぶポーランド人は、 アンジェイ・ワイダ(享年90)。

映画監督で、 たくさんの名作を世に送り出した。
数ある秀作の中で、 ジジイが最も好きな映画は1957年公開の
「地下水道」。


また、ポーランドでジジイがすぐ連想するのは、 ワルシャワ・ゲットーとカチンの森の2つ。

ナチスとソ連に蹂躙された悲劇の歴史がここにある。

                 * *

ポーランドでジジイが思い浮かぶ無名人は2人。

1人はケンタッキー州にある大学の言語学教授で、 奥さんもポーランドからの移民だった。

ジジイが勤務する会社(米国)の英語教師(社員の英語教育)として、 週1回、 教えに来ていた。

ジジイも時々顔を出していたら、 「大学が日本語講座を設けるので、 その講師になって欲しい」 との要請あり。

勿論ボランティアで、 週1回、 授業は午後5時スタート。
ジジイは勤務を早退し、 日本語講師として1年間、大学に通うことに...

pict-DSCN0670.jpg
                   ☝
 左端がポーランド移民の教授、 中央がジジイ(47歳の頃)
 他はジジイの左横(白のスーツ)女性を除きすべて受講生。

ちなみにジジイのボランティア活動は後にも先にもこれ1回。

そんなことで教授と仲良くなり、 レキシントンにある教授の自宅でご馳走になったり、 彼が来日した際は東京の拙宅に来て貰ったりした。


もう1人はMさんという日本人の女医(内科)。
ジジイは今から32年前(42歳の時)、 ネフローゼ(腎臓病)で都内の病院に2ヶ月半入院。

その時の担当医がM先生で、 退院後も通院でお世話になった。
そのうち担当医が男性医師に替わっていた。

「M先生はどちらに行かれたのですか?」 と医師に訊く。

「ポーランド大使館の医務官として今ワルシャワにいますよ」

それを聞いてジジイは 「ヘー、 何でまたポーランドへ」 と思ったものだ。
大使館に派遣される医務官は、 アフリカや発展途上国が主で、 先進国は少ない。

当時のポーランドはまだ社会主義国、 優秀な医師がいなかったのかな?


M医師は評判がよく、 患者の人気も高かった。
しかし女性という観点では色気なし、 美人とは言えなかった。

M医師は独身だったのか、 その後の消息は分からない。
年齢でいえば現在、 60代後半か。

ケンタッキーの教授もM医師も既に高齢者、 お元気かな?
てなことを思い浮かべ、 松本総領事の講演を拝聴していた。


最後に進行役から 「何かご質問あればどうぞ」 の呼びかけ。
ジジイが手を上げようかと思ったら、 誰かに先を越された。

ポーランドに関する学術的な質問、 それがよかった。

もしジジイが質問していたら....

「ポーランドの女性は美しいと聞きますが本当ですか?」
 
そして 「その賞味期限はどのくらいでしょうか?」


あちらの国の女性...若い頃は美人でも、 数年後には....

                 ☟

   pict-やさしい魔法使い.jpg
        ☝ 魔法使いのお婆さんのように....

または、



       若い頃       →      
pict-肥った外国人女性2.jpg
                             ☝
                      ビヤ樽になっちまうよ。



チェンマイって ホントいいですね!                




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:51| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする