2019年12月24日

独居老人の生活1726(NON-OAビザからNON-Oに・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1726
                   (NON-OAビザからNON-Oに・・)


 昨日から学び、 今日を生き、 明日へ期待しよう。

                                アインシュタイン (ドイツの理論物理学者)


本日は、 「NON-OA」 ビザが失効し、 新たに 「NON-O」 を取得した人のお話。

友人Hさんが先日1年ビザ(Retirement)を新規に取得。
イミグレは勿論チェンマイオフィス。

Hさんが初めて1年(Long Stay)ビザを取ったのは2005年。
申請した場所は東京のタイ大使館だった。

   pict-P_20191223_131315_vHDR_On浜田ビザ (3).jpg
              ☝
 下段の 「8 AUG 2017」 は、 Hさんがパスポートを更新し、
 イミグレでトランスファー(スタンプ移し替え)した期日。


ジジイが付けた赤い矢印を見てください → 「NON-OA」。
この時Hさんは、 80万バーツを預金して取得した。

でその後、彼は毎年このビザをチェンマイ・イミグレにて延長してきたわけである。

そして2018年4月24日に ”最後の延長” を終えた。
 (ビザの有効期限は2019年6月4日)

Hさんはこの5日後、 安心して4月29日に帰国(成田着)。

  pict-P_20191223_131315_vHDR_On浜田ビザ (2).jpg


では、なぜ ”最後の延長” になったのか?
彼は体調を崩し、 チェンマイに戻って来れなくなったから。

従って今年6月4日を過ぎた時点で、 HさんのO-Aビザは失効してしまった。

ちょっとここで注目したいのは、 上の写真(上部)でお分かりのように、 Hさんのビザは 「Retirement」 になっている。

                * *

体調が回復したHさんは、 2019年11月18日、チェンマイに戻って来た。  しかし既にビザは失効している。

すぐ(翌日)旅行代理店に行きビザ取得を依頼。
この時点でHさんは、 2ヶ月以上前から80万バーツを預金済み。

で、2019年11月25日にイミグレを訪れて申請すると、 下のスタンプを押された。
                ☟
   pict-P_20191223_131250_vHDR_On浜田(1).jpg
                ☝
スタンプには、 「2019年12月18日までに再度イミグレで申請せよ」 とある。  ビザは 「NON-O」。

                * *

Hさんは業者とともに12月13日、 イミグレに出向く。
そして受領したのが次のビザ。

  pict-P_20191223_131315_vHDR_On浜田ビザ (1).jpg

ご覧の通り黄色の矢印、 「NON-O」 のRetirement ビザ。
有効期限は2020年3月11日まで(90日間)。

この期日に合わせて再度申請すれば、 今度は1年ビザを貰える。

Hさんは、 「NON-OA」 の医療保険加入の件を全く知らずにいた。

今年11月、 チェンマイに戻って来て初めて知ったという。
良いタイミングで 「OA」 が失効したもの。

これで医療保険加入の対象外になったわけだ。

               * *

ところで、 ジジイにはビザ研究に熱心な友人Xさんがいる。
このXさんは次のような見解を示している。

「たとえO-Aビザであったとしても、 チェンマイで一旦延長していれば医療保険加入の適用外になる」

Xさんの見解通りなら、 あえてO-Aビザを失効させる必要なし。
O-Aの方も、 これまで通り普通に延長申請するだけでいい。

ま、Xさん説を信じてやってみるのも一考の価値ありか。

ダメならO-Aビザを失効させ、 Hさん同様チェンマイでRetirement ビザを申請すればい。

業者の考えとは異なるかもしれないが、 皆さま独自の判断でトライしてください。 


  *********************


話は変わって、 お次は12月22日(日)の夜行便で日本に帰った
Sさんのエピソード(ビザには関係なし)。

このフライトで頭にきたSさんが、 帰国後、 ジジイにボヤきのLineを送って寄こした。

以下はSさんのボヤきです。

「利用したのは北京乗り換えの中国国際航空(Air China) 。
まずチェンマイ空港、 中国人で溢れていっぱい。

北京行きに加え、 上海便、 広州便が同じ時間帯で出発するため、 出国セキュリティーチェック、 イミグレは長蛇の列。

やかましいというか喧騒そのもの、 加えて平気で列に割り込む奴ら、 全部中国人。

お陰でセキュリティ通過に1時間もかかってイライラ。
中に入れば、 搭乗口辺りのロビーは人人人で満杯。

当然、空いてる椅子などないのだが、 それでも横になって寝ている奴、 椅子に荷物を置いている奴がいる。

Sさん、 仕方なく寝ているデブ中国人に 「失礼」 と言って座ろうとすると、 ポカンとして沈黙。

寝ていることが迷惑...こんな発想は欠片もなさそう。
デブには起き上がってもらい、 Sさんは座ったそうな。

「中国人はマナーが悪い!」  
こんな当たり前のことでボヤくSさんも修業が足りないか。

                 * *

搭乗してみれば、 当然ながら満席。
機内持ち込み荷物を棚に上げたSさん、 この後もゆっくりできない。

すぐに棚は満杯になり、 それでもバンバン押し込む乗客たち。
Sさんのバッグはとても小さく、 パソコンが入っている。

その上に重いハードケースを置くもんだから、 パソコンが壊れないかとヒヤヒヤ。

どの棚も荷物をギュウギュウ押し込む状態、 機内は人と荷物でひしめき合う。

で、Sさんは棚から自分の荷物を下ろし、 膝の上に置くことになる。

食事サービスの時には、 勝手に2つ分を取っちゃうチャイナ娘がいて、 これにはおったまげる。

                * *

北京空港乗り換え(トランジット)でもイライラするSさん。
高飛車で威圧的なセキュリティチェック。

こんな不愉快なトランジットは初めてという、 日頃は左翼のSさん。
社会主義国家の有り様に目が覚めたか。

「もう金輪際、 Air China は使わない」 と決心した由。

では、 なぜSさんはエア・チャイナを選んだのか。
それはチケット代が往復4万円ちょっとで安かったから。

安い料金には、 イライラ我慢代が含まれている。

Sさんは金持ち、 もっとマトモなフライトを選べばいい。


チェンマイの若い女には....





気前よく貢いでいるくせに.....


チェンマイって ホントいいですね!   




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:42| Comment(12) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする