2019年12月08日

独居老人の生活1713(友人・日野さんの新しい恋人)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1713
                     (友人・日野さんの新しい恋人)


 無分別なことをやらかさないような恋人は、

 決して、本当の恋人だとは言われない。

                          トマス・ハーディ (イギリスの詩人・小説家)


@ 昨夜は寒い中での晩ごはん、

友人2人と和食 「憩」 (エンプレスホテルから南に20m)で食う。
ここはまだ室内、 寒さはさほど感じなかった。

   12月7日午後8時ころの外気温は14℃。
  pict-1575766000838気温.jpg


しかし二次会で行ったのが 「Jazz Cafe」  (地図はココ
この店はオープンの建物で窓もなし。

ロックのライブで熱気ムンムンのはずだが、 寒さが我々を襲う。
                  ☟
pict-P_20191207_212452_vHDR_On_p_Jazz Cafe1 (2).jpg


Beer Changのサービスレディは寒さで震え上がっている。
ジジイが彼女の手を握ったらその冷たいこと。

彼女が友人の顔に手を当てたら、 「ヒエッ!」 と爺さんが叫ぶ。
まさに彼女の手、 「冷えっ」 と書けるほどに冷え切っていた。

ところが同行の友人・日野さん(70)だけは超人というか異常。
ジジイは 長袖 T-シャツ + 長袖シャツ + 厚手のパーカーを着ていたのだが....

pict-P_20191207_212452_vHDR_On_p_Jazz Cafe1 (1).jpg
              ☝ 左が日野さん。

日野さんは半袖シャツ1枚のみ、 平気で冷たいビールを飲んでいる。
今も若き恋人Eちゃん(29歳)と週2回の H をする程のタフ爺さん。

燃える血潮と湧き上がる情欲が、 日野さんの身体を熱くさせているのだろう。

勃つか勃たないか..と言ってるジジイとは全く異なる。
一緒にいたKさん(75歳)が異議を唱えた。

「肥満体の人は体が脂肪で覆われ、 ミンクのコートを着ているようなもんだよ」


翌朝5時に起床、 寒いからか鼻水が出て止まらない。
12月8日午前6時過ぎの外気温は....

   pict-1575771030454.jpg

外が8℃ではいつもの早朝Walking、 やる気がしない。
で、朝ごはんの準備に取り掛かった。


  ********************


A 友人・日野さんの新しい恋人。

日野さん(70歳)は10年越しの恋人・Eちゃんと今もラブラブ。
それでも同じ相手では飽きが来る。

pict-1513140467505.jpg
        ☝ 恋人Eちゃん(29歳)と日野さん。


男なら浮気の1つくらいしてみたい。
しかし彼女は 「他に女を作ったらこれよ!」

人差し指と中指でハサミを作り、 日野さんの股間をチョンの仕草。
チンコを切ると脅かされれば浮気心もシュンとなる。

しかし先日、 とうとう日野さんに新しい恋人ができた。
彼女はこんなに可愛い.....


                  ☟




pict-1575459804345澤谷宅の猫 (1).jpg
           ☝ 名前はクロ、 勿論メス猫だ。



   もう1匹、 クロの子供(メスの猫)も引き取った。
pict-1575459804345澤谷宅の猫 (2).jpg


知り合いのタイ人から譲ってもらったという。
実は子猫1匹を貰う約束で出向いたのだが、 母親猫がニャンニャン泣いて嫌がった。

親子を切り離すのは可哀想と、 情に厚い日野さんは2匹を貰い受けたという。

今では 「クロ!」 と呼べば2階に駆け上がり、 ベッドに横たわる日野さんの腹に乗っかって来るほどの相思相愛。

ニャーオとまさに猫撫で声で日野さんに甘えるのだ。

しかしクロは、 Eちゃんが日野さん宅に来ても徹底して無視し、
ニャンとも言わない。

クロはEちゃんを恋敵と見ているのかも。

Eちゃんとのセックス中はクロの侵入を防止、 ドアを閉める。
で、H が終わり日野さんがドアを開けたら、 何とクロはドアの外側にいたそうな。


  pict-猫はなんでも知っている2.jpg
    ☝ ニキ・アンダーソン著、 筑摩書房。

クロは、 部屋の中の2人のセックスを知っていた。
聞き耳を立ててじっと様子を窺っていたのかも....

                * *

ある日、 日野さんが2階の寝室に入り、 ふとベッドを見たら....
クロの糞がベッドの上にたっぷり乗っている。

猫がそんなことをするとは....
この話を聞いたジジイ、 すぐには信じられなかった。

クロは復讐心からベッドにウンコしたのだろうか。

それとも犬が電柱などに小便し、 「ここは俺の縄張り」 とやるように、 猫は糞して縄張りを主張するのが本能か?


頭にはきたが仕方ない、 日野さんはシーツを洗濯するはめに...

                 ☟

pict-1575459804345澤谷宅の猫 (4).jpg
       ☝ 洗濯後、 部屋の中でシーツを干す。


日野さんはボヤく。

「やっぱし猫だよなあ、 滅茶苦茶やりやがる。
  ちゃんとダメだと言い聞かせ、 躾てやりました」

そして嬉しそうに言う。
「Eちゃんは1度だってベッドの上に糞したこと、 ないですよ」


そう、 Eちゃんが猫なんぞに負けるわけがない。

猫撫で声だって、 猫のクロよりずっと上手。

「パパ...パパァ......







クリスマスに金のネックレス、 買って欲しいの〜」


チェンマイって ホントいいですね!   

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:30| Comment(2) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする