2019年11月10日

独居老人の生活1687(ランプーン・灯篭祭り)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(ランプーン灯篭祭り)


 人々が愛を軽く見ているわけではない。
 それどころか誰もが愛に飢えている。

 ところが愛について学ばなけらばならないことが
 あるのだと考えている人はほとんどいない。

                         エーリッヒ・フロム (ドイツの社会心理学者)


@ 昨日(11月9日)の晩ごはん。

昨夜はランプーンへ....ランプーン・灯篭祭りの観光だ。
チェンマイから車かバイクで南下して約30分。

観光の前に腹ごしらえ。
店名はタイ語(ジジイは読めません)  (地図はココ
ランプーンバスターミナルから近い距離。

   ここが入り口。
pict-P_20191109_203044_vHDR_On_pランプーン・レストラン (1).jpg



  土曜日だからか、満席の盛況。
pict-P_20191109_203044_vHDR_On_pランプーン・レストラン (3).jpg



  ライブはタイ語の楽曲ばかり、 素晴らしい!
pict-P_20191109_203044_vHDR_On_pランプーン・レストラン (2).jpg



野菜炒め90バーツ、 ポークネック160バーツ、
 Beer Chang大瓶が75バーツ。
pict-P_20191109_203044_vHDR_On_pランプーン・レストラン (4).jpg

メニューはタイ語表示のみ。
しかし写真付きだから注文に困ることはない。

定休日なし、 午前10時〜夜 0時まで営業。

ランプーンにもこのような素敵なレストランがある。
田舎だと思ってバカにしちゃあダメか。


  **********************


A ランプーン・灯篭祭り。

ランプーンの観光スポット、 チャーム・テーウィー像の広場では、 今、イベント真っ最中。  (地図はココ

ワット・ハリプンチャイから徒歩5〜6分の所。

チャーム・テーウィーといえばモン族ハリプンチャイ王国の初代女王、 ランプーンの創設者と言っていい。

詳しくお知りになりたい方は旅行社の案内で...(ココをクリック)

ならばと昨夜(2019年11月9日)、 ランプーンに行ってみた。

  入り口、 24時間オープンしている。
pict-DSCN6249チャーム・ティーウィーの像.jpg



   広場は灯篭でいっぱい。
pict-P_20191109_215619_vHDR_On_p.jpg



   恋人たちは愛を囁く。
pict-DSCN6232.jpg



   真っ赤なイルミネーション。
pict-DSCN6248.jpg



  チャーム・テーウィー像を拝む人々。
pict-DSCN6241.jpg



 こんな方まで参拝している。


            ☟



pict-DSCN6242.jpg



灯篭(といっても火を灯すわけじゃないが)の販売。
                 ☟
pict-DSCN6235.jpg
             ☝ 59バーツ。



彼女の願掛けは何だろう?
「2人の愛は永遠不滅、 結婚したいわ、 お金欲しい!」
                   ☟
pict-P_20191109_221359_vHDR_On_p.jpg



   書き終えた灯篭を竿で吊るすのだ。
pict-DSCN6247.jpg



   彼女たちの願いは何だろうか?
pict-DSCN6239.jpg



ジジイも購入、 願い事を書く。

愛に飢えているジジイは、 愛について深く考えた。
愛というのは学べば学ぶだけ悩ましい。


ついに愛の源泉を探し当てる、 ここだった......で、願掛け。



                ☟




                ☟





pict-P_20191109_221717_vHDR_On.jpg



 相手を募集中です。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:18| Comment(6) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする