2019年11月01日

独居老人の生活1679(かわいそうなハト)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1679(かわいそうなハト)


 かわいそうって思われるのが 一番つらい。

                           ビートたけし (お笑い芸人)


@ タム ルアング洞窟の探検。

チェンライ県にあるこの洞窟は、 そこに閉じ込められた13人のサッカー少年らの救出劇で一躍有名になった。

pict-Tham Luang Cave.jpg


これまでは入り口だけの見物、 それでも大勢の観光客が押し寄せている。

ところが今日、 2019年11月1日より、 観光客が洞窟内部に入る許可が出た。
国立公園/野生動植物保護当局(NDP)は、 公式に許可を発表。

洞窟オープンを前にして、 10月27日に ”予行演習” を実施。
問題もなく計画通りスムースに進行、 この日のオープンとなった。

pict-Tham Luang Cave 2.jpg


洞窟訪問者は25〜30人のグループに分けられる。
1回に3グループが内部に入り見物、 営業時間は9:00〜16:30。

洞窟でレスキュー隊が使用した備品・設備は既に片付け終了。
内部には安全手すりや飾り付けがなされており、 観光客が安全で楽しく洞窟探検ができるように改装。

ただ人気の洞窟だけに、 訪れる人は少なくとも1000人/日、 休日ともなると3000人/日にも上る。

ハイシーズンになると訪問者数は増加、 先月26日(土)にはこの日だけで7,259人が訪れた。

洞窟内部探検で益々人気アップ、 今後、 交通渋滞や長い列(待ち時間)が予想される。

  (追記:11月1日オープンの日の行列)
pict-タムルアン洞窟.jpg
          ☝ 写真はBangkok Post。


ということで、 それでも行ってみたい方は事前準備が必要か。

ジジイはこんなの所詮洞穴、 全く興味なし。
穴に入るのなら、 もっともっと興奮する別の穴がある。

雨水はなくてもヌルヌルしてきて....
ただ多額の入場料がかかって来る場合があるが。


  ********************


A 再度、 日本に害鳥が飛んで来た。

日本には謎の鳥がいる。
正体はよく分からない。

中国から見れば 「カモ」 に見える。
米国から見れば 「チキン」 に見える。

欧州から見れば 「アホウドリ」 に見える。
日本では 「サギ」 だと思われている。

オザワから見れば 「オウム」 のような存在。
でも鳥自身は 「ハト」 だと言い張っている。

「カッコウ」 だけは一人前に付けようとするが、
お 「フクロウ」 さんに、「タカ」 っていた。

それでいて、約束をしたら 「ウソ」 に見え
身体検査をしたら 「カラス」 のように真っ黒、

疑惑には口を 「ツグミ 」、
釈明会見では 「キュウカンチョウ」。

頭の中身は 「シジュウカラ」、
実際は単なる鵜飼いの 「ウ」。

「キジ」 にもなる 「トキ」 の人だが
私はあの鳥は日本の 「ガン」 だと思う。


とまあ、 2チャンネルで人気を呼んだが、 今や懐かしの鳥。

その 「ハト」 は伝書鳩だったのか、 またノコノコ戻って来た。
ある時はコリア鳩、 またある時はシナ鳩....渡り鳥でもある。

中韓にとっては益鳥、 日本にとって最大の害鳥、 糞を垂れ流すだけの存在だ。

               * *

あの鳩ポッポが今度は新党を立ち上げた。
2030年までに国会議員30人を目指すという。

pict-鳩山由紀夫共和党.jpg

鳩山由紀夫元首相(72)が2019年10月25日、 新しい政治団体 「共和党」 結成のための準備会を都内で開いた。

鳩山氏が党の代表を意味する 「棟梁」 に、 そして、首藤信彦元民主党議員(74)が党首にあたる 「物差」 に就任する予定とか。

彼らが目指す国家は、 空想社会主義者ロバート・オウエンの 「ユートピア」。

力による秩序と強力な同盟関係による安全保障を基本とする、 アメリカの共和党とは全く違うようだ。

               * *

鳩ポッポが 「棟梁」 だと?

「盗領」 の間違いじゃない?  
日本の領土を盗んで他国に渡そうとする伝書鳩。
                   ☟
pict-鳩山由紀夫、北京.jpg


日本の鳩でないことは確かだ。

菅直人が仲間の時には、 「奸鳩」 (カンバト)とも言われた。

ある人は 「外国鳩」 と呼ぶ。

ジジイはこう呼びたい、

かわいそうなハト、 つまり......







 「バイコクバト」   


チェンマイって ホントいいですね!
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:30| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする