2019年11月17日

独居老人の生活1694(日本人男性についてどう思いますか?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1694
               (日本人男性についてどう思いますか?)


 命と引き換えに金を欲しがるのは強盗であるが、

 女はその両方とも欲しがる。
                               バトラー (米国の哲学)



@ 道路の一時的閉鎖(チェンマイ)。

pict-Ton Kwen Junction.jpg


閉鎖の道路はTon Kwen Junction(トンクエン交差点)地区。 
  (地図はココ

立体交差建設による工事のためで、 安全確保を図る。
閉鎖期間は2019年11月20日〜2020年10月26日。

従来の信号システムを止め、 大きなロータリー形式になる由。
 (以上、 道路当局が11月13日に発表)

ハンドン、 サンパトン方面に行かれる際にはご注意を....


  **********************


A 結婚式を餌にする業者。

ウエディングプランナーという会社がタイにもあるようだ。

結婚予定のカップルに対し、 場所や料理、 エンターテインメントなどアイディアを提供、 夢の挙式を実現させる。

それも安価でやるとなると、 カップルは飛びついてくる。

ウエディングプランナーは2人を挙式場所に連れて行き、 過去の素晴らしい実績を挙げて見せる。

信頼できる会社に全てを任せ、 あとは待ちに待った結婚式!

                * *

2019年11月15日、 12組のカップルが警察に訴えてきた。

pict-Wedding Organizer.jpg


ウエディングプランナーにお金を払ったが、 式の準備もなく置き去りにされたという。

つまり詐欺に遭ったわけ、 facebookを通じて知った会社だ。
ウエディングプランナーは分かっているだけで3つの社名を使用。

デポジットなど前金を受け取っては消えていく。
気の毒なのは客のカップル、 カネは戻らず式の計画はやり直し。

既に50組以上が被害に遭っているそうな。
美味い話にゃ裏がある、 夢心地の2人には見分けがつかないか。

pict-Wedding Organizer 2.jpg


それでも雨降って地固まるだ、
困難を乗り越えて、 強い絆の夫婦誕生となるかも...


  ***********************


B この日の晩ごはん。

また和食店が新規オープン、 店名が 「Namba」。
ナワラット橋を東に渡って約500m、 信号の手前左側にある。  
   (地図はココ

   店内
pict-P_20191106_203215_vHDR_On_pNanba (1).jpg



   席は歩道にまで・・
pict-P_20191106_203215_vHDR_On_pNanba (2).jpg



pict-P_20191106_203215_vHDR_On_pNanba (3).jpg



    巻き寿司:128バーツ。
pict-P_20191106_203215_vHDR_On_pNanba (4).jpg



   焼きそば:98バーツ。
pict-P_20191106_203215_vHDR_On_pNanba (5).jpg



   サーモン刺身:158バーツ。
pict-P_20191106_203215_vHDR_On_pNanba (6).jpg


なんとまあ、 チェンマイには日本食の店が多いこと。
シャブまで含めると、 犬も歩けば和食店にあたる..の状態だ。

しかし淘汰され、 撤退していく店も多い。
ここでジジイが行かない(通わない)和食店の特徴を書く。

1.高級店、 例えば 「寅次郎」  「水仙亭」 など。
   (貧乏人では行きたくても行けません)

2.ビール代が高い......日本人経営の店にその傾向あり。
   (大瓶90バーツまでが限界)

3.これと言って食べたい料理がない店、 これが結構ある。
   (店のウリがないとも言える)

4.ジジイ宅から地理的に遠すぎる店。
5.店内に動物、 特に猫がヌーと現れる店。(論外)

6.清潔感がないような店(猫も同じだが....)
7.勘定をごまかす店、 店員がチョロまかしてしまう。

8.ライスが不味い店...かたくて食えないようなご飯を出す。
   (美味しくない..とも言えよう)


  *********************


C タイ人女性にインタビュー。

(A)日本人男性についてどう思いますか?
(B)日本人の彼氏 欲しいですか?

出てくる女の子を見てるだけで楽しいが、 それ以上に興味を持ったのが、 (A)に対する彼女たちの答え。

我々男性への印象で、 ある形容詞(言葉)が1番多く出てくる。
皆さまは、 それが何だと思いますか?  (答は最後で...)

では、 5分ほど見てやってくださいませ。
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=m_CCx6G-G28


もうお分かりですね。






このジジイのことでした。


チェンマイって ホントいいですね!

 <日本人男性についてどう思いますか?>

     こんな爺さんはどうなのか?
  pict-爺さん.jpg



    ではオッサンなら?
pict-1512962440933.jpg

          
1番多い回答は、 「可愛いと思います」。

アレー、 爺さんは問題外....ジジイは相手にされず。
彼女たちの対象は、 若い男性のみ。

やっぱし我々は.......カネしかないわ。 
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:29| Comment(7) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

独居老人の生活1693(制限付き自由)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1693(制限付き自由)


  ある場合に自由と称せらるるものは、

  他の場合においては放縦と称せらる。

                          クウィンティリアヌス (ローマ帝国の修辞学者)


@まずは昨日に引き続き、 1年ビザの医療保険義務付けから。

タオ・クワーイさんという読者の方から昨日、 以下のようなコメントを頂戴した。
                  ☟

ビザを扱っている業者に聞くと、 60歳以下に適用の 「O-A」 と 「O-X」 ビザが医療保険義務付けになったとのこと。

で、今 「O-A」 を 「NON-O」 ビザに切り替えるため、 ビザ業者のところへ日本人が続々と相談に来ているとのことです。

チェンマイ・イミグレでは 「O-A」 ビザ所有でも11月に1年延長を許可された日本人がいたとの話しもあります。 (以下省略)


そして嬉しいことをおっしゃってくださった。
「独居さんはNON-O」 ビザだから大丈夫です」

                  * *

下の写真(A)は友人Xさんの1年ビザで、 在日本タイ大使館で取得したもの。
彼が50歳代で、 まだ年金を受給していなかった頃だ。 
       (A)        ☟
   pict-1573853282701ビザのスタンプ (1).jpg  

赤の矢印2ヵ所、 「NON- OA」 と記載されている。
Xさんはその後、 毎年チェンマイでビザを延長。

しかし 「O-A」 のため、 今後のビザ延長には医療保険加入が必要になろう。 Xさんは加入(約9万バーツ/年)するつもりとか。


次の写真(B)はジジイの1年ビザで、 Xさん同様在日本タイ大使館で取得したもの。
       (B)       ☟
   pict-1573853282701ビザのスタンプ (2).jpg

赤い矢印2ヵ所には、 「NON-O」 と書かれている。
ここがXさんのビザと異なるところ。

ジジイが60代で申請した時には年金を受給しており、 年間受給額は80万バーツを超えていた。

なので年金受給証明書で取得できたわけだ。
 (タイ国内での銀行預金はゼロ)

ということで 「O-A」 でないジジイはタオ・クワーイさんがおっしゃる通り、 保険無しで延長できると思っている。

ジジイのビザ延長は来年9月、 来年の事を言うと鬼が笑うか。


タイ国内で取った1年ビザは 「NON-O」だから保険不要。
日本(タイ大使館)で取ったビザは 「NON-OA」 だから保険要。

と、このようには一概に言えないのだ。
ジジイのように日本で取得しても 「NON-O」 (年金)がある。

うっかりすると勘違いしてしまう、 自分のパスポートを確認だ。


  *********************


A これも自由か。

昨日の 「壁がなくなる」 のコメントから...

ジジイが 「60歳でジジイを取り囲む壁がなくなった」 と書いた。
これに対し、 なんだかな〜殿から次のようなコメントを戴いた。

「無いと思えば有るのが壁ですからね〜
在タイで何ができますか?

監視付きですから何かルールから逸脱したり失敗仕出かしたりすると摘み出されちゃう立ち位置ですよ。

与えられた範囲内での自由は自由とは呼べないのでは…」

                * *

仰る通りで、 我々が暮らす社会には法律やルール、 慣習があり、 その範囲内での自由だと思う。

数年前に中国人観光客がやったこと。
チェンマイのお堀端で、 辺りをはばからずウンコする自由はある。 

しかしそれが本当の自由なんだろうか?


去年(2018年)の5月29日、 飛行機内で起こったある騒ぎには考えさせられた。

騒ぎを起こした張本人(男性)にミスはない。
航空券を所持し、 指定の席に座っただけのこと。 

それでも彼は自由を奪われ、 機外に ”摘まみ出された” 格好だ。
その模様を見てみよう。

悪臭で飛行機を降ろされた.jpg


この不運な乗客はロシアの有名なロックギタリスト(58歳)。
彼はスペイン領カナリア諸島からアムステルダム行きに搭乗。

しかし彼は耐えがたい悪臭を放ち、 周りの乗客が嘔吐したり失神する事態になる。

で、ポルトガルのファロ空港で緊急着陸。
待機していた救急車に運ばれた。

乗客の一人は緊急着陸に至るまでの機内の混乱ぶりをこう語った。

「彼が通路に足を踏み入れたとたん、 乗客は叫び始めた。
 皆、鼻をふさぐためのハンカチを必死で探した」

人々は不潔だと思ったが、 男性は恐ろしい病魔に侵されていた。

壊死性感染症、 皮膚や筋肉などの体組織が細菌に感染し、 組織が壊死して腐敗臭を放つ病気だ。

乗務員は香水をふりまいたり、 彼をトイレに座らせてドアを閉めたりしたが、 何の役にも立たなかったという。

壁を作っても臭いは自由、 漏れてくる。

彼は搭乗前、 滞在中のカナリア諸島で医師の診察を受けた。
だが 「ビーチでよくある感染症」 と診断され、抗生物質を渡されただけ。

病院に運ばれた男性は治療の甲斐なく、 その後死亡した由。

   悪臭で飛行機を降ろされた3.jpg
               ☝
そのギタリスト・アンドレイ・スチリン氏の演奏です。                 
https://www.youtube.com/watch?v=CQ3fbBSBh6c&feature=emb_logo

                * *

全てに自由であっても、 そこには決まり事があろう。
人殺しだってやる奴はいるが、 逮捕されて自由はなくなる。

要は、 社会や他人に迷惑をかけない、 不快にさせないこと...
これから逸脱すれば、 自由は嫌われる自由になってしまう。


ジジイは法や規則、 マナーを考えて行動するが、 それが不自由だとは少しも思わない。

何時に起きようが、 酒をどんだけ飲もうが、 若い女性と食事をしようがジジイの自由。

不自由してるのは、 カネがない + ビンと勃起しないこと。


  **********************


B 自由が行き過ぎちゃったのかな?

場所はフィリピンのボラカイ島。

pict-boracay.jpg


2019年10月、 台湾人女性がちょっとした水着姿で、 2日にわたってビーチを歩きまわった。

ところが、 その女性と連れの男性、 加えて彼らが宿泊するホテルの経営者が警察に呼ばれて説教を受ける。

「ボラカイの規律を守って貰わなければ困るよ」 と....

彼女が言うには、
「私は自分のボディに自信があり、 如何に表現するか、
 それは自由だから、 悪いことは何もしていないと思っていた」

なお、 女性には罰金刑を科せられたという。

罰金なんて野暮なこと。
ジジイはこんなファッショナブルな水着、 大好き!



              ☟





    pict-1573789307278ボホール島のバカ (2).jpg  
               ☝
彼女の水着を英語で 「'micro' G-string」 と言うようだ。
                 (超G紐)





チェンマイのお堀端を歩いて欲しいな.....自由ですよ。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:55| Comment(8) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

独居老人の生活1692(1年ビザに医療保険加入が必要)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1692
                   (1年ビザに医療保険加入が必要)


 「なんであの娘(こ)と付き合ってるんだ?」

 「妻が死んだときの保険だ」

                                  筒井康隆 (作家)


こんな保険ならジジイも加入したいが....

以下、友人からの情報で、

1年ビザの延長のためにランパーン・イミグレに行く。
イミグレ係官からこう言われ由。

「あなたはO-Aビザじゃなくて良かったね。
 O-Aは、 医療保険加入が必要になりました」

ということで、 ランパーン・イミグレ事務所では、 Non Oビザには保険適用がないようだ。


しかしチェンマイ・イミグレでは、 医療保険加入がないため、 延長できなかった日本人がいたとの情報もある。

これはあくまで噂(又聞きの又聞き)なので....(未確認)

pict-チェンマイ新イミグレーション.jpg
         ☝ チェンマイ・イミグレ事務所。


イミグレの事務所(出先機関)によって、 運用がバラバラの可能性はありそう。

とにかく医療保険適用が始まっている事だけは確かだ。


  **********************


観光目的で日本から友人(63)がチェンマイにやって来た。
夕食のとき、 友人が言う。

「普通預金口座を作ろうと銀行に行ったんです。
  そしたらビザがないからダメ、 と言われました」
 
ビザを取るためには銀行預金(普通80万バーツ)が必要。
しかし口座が開けないとなるとビザも取れない。

「鶏が先か卵が先か、 これじゃあ1年ビザ、 取れませんよ。
 業者に頼めば何とかなるんでしょうが....」

友人は将来、 チェンマイでの長期滞在を計画している。
その準備のためには銀行預金口座が不可欠。

ジジイはこう応じた。

1.まず観光ビザでタイに入国し滞在する。
  もしビザ期限が切れたらミャンマーにビザラン。
  そうすれば3ヵ月はタイ滞在が可能。 

(注)観光ビザは日本にあるタイ大使館に申請すれば簡単に
   取れる。 ビザの有効期間は発行日から90日。

2.アパートに入居し、 賃貸契約書を結ぶ。

3.賃貸契約書を持って日本総領事館(or大使館)に行き、
  居住証明書を取る。

4.居住証明書を持って銀行へ行く。
  「ビザ申請のため80万バーツ預金するので、 口座を開設
   したい」 と申し出れば、 OKする銀行があるはず。

口座を作ったら、即80万バーツを預金すること。

以上、 準備することは
1.観光ビザ  2.賃貸契約書  3.居住証明書  
4.80万バーツ。


日本でも銀行や証券会社の口座開設にはマイナンバーカードなどが必要。

タイも厳しくなったということ。

10年以上前、 ジジイがチェンマイの銀行に口座を作ったときは、 パスポートだけあればその場で即OKだった。


ところが難問が勃発...1年ビザには医療保険加入が必要、
もしチェンマイ・イミグレでそうなったら.....非常に困る。






ランパーンに短期の引っ越しでもするか。


チェンマイって ホントいいですね!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:30| Comment(7) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする