2019年10月25日

独居老人の生活1673(Jungle De Cafe Baan Tawai)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1673
                   (Jungle De Cafe Baan Tawai)


人は心が愉快であれば、 終日歩んでも嫌になることはないが、

心に憂いがあれば、 わずか一里でも嫌になる。

人生の行路もこれと同様で、 人は常に明るく

愉快な心をもって、 人生の行路を歩まねばならぬ。

                             シェイクスピア (英国の劇作家)


@ ドイアンカーンへの道路が再オープン。

ドイアンカーンはチェンマイ市街から約150km、 車で3時間。
   (地図はココ

先週、 工事中だった道路が完工、 現在再開通している。
チャイプラカーンハイウエイ当局は、 注意を促す。

pict-Route to Doi Ang Khang .jpg


道路は急カーブと険しい坂道が多い。
天候も急に霧が出たり消えたりで、 ドライバーは安全運転を...!

尚、大型車両、 例えばバスなどの通行は禁止されている。

                * *

ドイアンカーンは標高1300mの山の上。
ここにはロイヤルプロジェクトがある。

プロジェクト内には大規模な庭園があり、 ハーブ園、 ツツジ園、 バラ園など見所が多い。

pict-花ドイアンカーン.jpg


また早朝に起床して日の出を見るのも人気とか。
「雲海」 が見られればもっと最高。

乾期に楽しみなのが花見、 桜が咲いて日本人の心を和ませる。

ジジイはまだ1度も行ったことがない。
ホテルは結構あるそうで、 泊りがけで行くのもいいかな。


  ***********************


A 昨日の昼ごはん。

昨日(2019年10月24日)、 10月2日にオープンしたばかりのカフェに行く。 

店名は 「Jungle De Cafe Baan Tawai」。  (地図はココ

「Jungle De Cafe」 がメーリム、 クイーン・シリキット植物園の
近辺にもあるが、 この店はハンドンで開業。

山の中にあるメーリム店と異なり、 ハンドン店は水田の中、 加えてホテルも営業。

では写真でお楽しみください。

  ここが入り口、 牛がトレードマークか?
pict-DSCN6184.jpg



ここで注文、 テーブルを確保して待ってればいい。
                 ☟
pict-DSCN6187.jpg



  ジジイはテーブルに座って待つ。
pict-DSCN6194.jpg



注文の品が出来上がるとアナウンスあり。
自分でカウンターまで取りに行く。

   ポークとライス:95バーツ。
pict-P_20191024_135031_vHDR_On_p.jpg
                   ☝
ジジイの注文ナンバーは59、 番号で呼ばれる(英語あり)。
ビールもあるので、 飲み助も安心。



  このように ”水辺でお茶を” でのんびり寛ぐ。
pict-P_20191024_141952_vHDR_On_p.jpg



   ネットの上で休むのもいい。
pict-P_20191024_140517_vHDR_On_p.jpg



記念撮影する女性客。
ふくよかというよりデブ、 ジジイの連れではありません。
                  ☟
pict-P_20191024_142500_vHDR_On_p.jpg



  こちらはポーズをつけて...何枚も撮ってました。
pict-P_20191024_145433_vHDR_On_p.jpg



   ではホテルを見物してみるか。
pict-P_20191024_142008_vHDR_On_p.jpg



  ずず〜いと奥に入って・・
pict-P_20191024_143333_vHDR_On_p.jpg



大きなプール施設があるのだが、 各部屋プール付き。
   温泉の露天風呂ではありません。
pict-P_20191024_143252_vHDR_On_p.jpg



   気になるお値段は?
pict-P_20191024_150134_vHDR_On_p.jpg

ウッヒャー、 高い!
朝食付きで1泊3,500バーツ(2人)とは....

ジジイの趣味に合わず、 ビールを飲んでもう満足。

ご家族連れ、 または恋人とご一緒にどうぞ!


  ************************


B あの人は今....どこに?

本ブログの長い読者の方なら、 次の2人を覚えておられると思う。

1人はサラピーとランプーの境にある田舎の一軒家で、 1人寂しく暮らしていた T さん。

轟自宅.jpg



     もう1人はこのスキンヘッド。
  pict-pict-よも助.jpg


2人がチェンマイから引き揚げて早や1年以上経過。
その後、 チェンマイには姿を見せず。

風の噂では、 旅行中に行き倒れで死んだとも....
しかし昨日、 2人の生存を確認。

2人は観光名所・日光で再会、 杯を交わして旧交を温めた由。

                 ☟

   pict-1571901962707轟さん.jpg
                 ☝
    (注) 2人は飲み友達、 ホモ達ではありません。


T さんは現在、 瀬戸内海のある島で1人暮らし。
よも助さんは国内を放浪後、 今、栃木県内に滞在中。

2人とも60代半ば、 恋人を探す気はさらさらなく、 気ままに独身を楽しむ。

これもある意味で、 優雅な余生の過ごし方であろう。

お二人さん!






チェンマイに戻ってらっしゃい。


チェンマイって ホントいいんだよ!  
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:58| Comment(2) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする