2019年10月09日

独居老人の生活1658(ニャチャン旅行-5:パソコン紛失顛末記)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1658
               (ニャチャン旅行-5:パソコン紛失顛末記)


  雲の向こうは、 いつも青空。

                     ルイーザ・メイ・オルコット(米国の女性作家)


楽しかったニャチャン旅行。

pict-ベトナムニャチャン観光.jpg
             ☝ ニャチャン市街。  

2019年10月6日夜、 チェンマイの自宅に戻りホッとするジジイ。

しかし、 そのあとにどんでん返しの結末が待っていた。
キャリーバッグを開けるとパソコンが入っていない。

ドムアン空港に置き忘れてきたのだ。
さあ困ったジジイ、 愚痴でも言わなきゃ収まらない。

時は夜の7時頃。
友人の貧乏人HさんにLineで電話 → すると彼が言う。

「ボーとしてないで、 すぐチェンマイ空港に行くべきです。
 そこで紛失を届け出た方が手っ取り早いと思いますよ」

貧乏人はイイことを言う、 そして付け加えた。

「使った搭乗券があるでしょ?  それを持参して....」

ジジイはゴミ箱から捨てた搭乗券を拾い出す。
次にパスポートを持ち、 バイクで空港へと向かった。

               * *

チェンマイ空港に着いたものの、 何処へ行けばいいか?
空港のビル内を歩く、 ここがいいかな...と考える。
                 ☟
pict-P_20191007_183427_vHDR_On_pツーリストポリス (1).jpg
        ☝ チェンマイ空港の Information.


しかしパソコン紛失を取り扱ってくれるか、 ちょっと不安。
ジジイはさらに歩く、 国内線 → 国際線まで見て歩く。

pict-チェンマイ空港2.jpg


適当な関係部署が見当たらない、 ならば先ほどの Informationへと逆戻り。

と、 「Tourist Police」 のカウンターが目に入る。

紛失なら交番、 日本人的発想でここに飛び込んだ。
女性の係官1人が座っていた。

ジジイはパスポートと搭乗券(ベトナム → BKK → CNX)を出す。

そしてドムアン空港Transferで、 入国審査後のX線検査所にパソコンを置き忘れたことを告げる。

係官は電話でドムアン空港に問い合わせを開始。
もう1人女性係官が現れて手助けする。

pict-P_20191007_183427_vHDR_On_pツーリストポリス (2).jpg
       ☝ 主に右側の女性が対応してくれた。


彼女は電話で話しながら、 ジジイに次の質問を浴びせる。

お住まいは?  電話番号とMail Addressは?
PCのメーカーは?  何色?  PCはバッグに入っている?

ここまではジジイもスラスラ回答。

電源オンして現れる画面は?   この問いにジジイは一瞬??

思い出すとパスワードを入力する画面になっている。

「ではパスワードを言ってください」 と女性係官。

そして間があいて、 「パソコンは確保されてます」

ジジイはこの声にどれほど喜んだことか。

「いつ取りに行きますか?」

「明日の午後、 ドムアン空港到着で....」 とジジイ。

彼女は次のメモをくれて、 ここに行けと言う。
  pict-P_20191007_183427_vHDR_On_pツーリストポリス (4).jpg
     ☝ 219は紛失コード番号。

次にジジイがやることは、 航空券の購入だ。
Tourist Policeの隣に 「Lion Air」 のチケットカウンターがあった。

空席がありすぐ購入。
10月7日 10:55 CNX発 → DMK(ドムアン空港)12:10着
10月7日 16:50 DMK発 → CNX 18:05着。

明日は日帰りバンコクツアーだ。
せっかく行くんだから、 2〜3泊してバンコク夜遊びも...チラッと頭をよぎった。

しかし気力・体力・カネもなし。
バイクで自宅に戻り、ビールを飲んで一人で祝杯をあげた。

                * *

翌朝、チェンマイ空港へはバイクで行く → 予定通りバンコク到着。

その足でドムアン空港3階のインフォメーションを目指す。

指示されたゲート8番近く、 インフォメーションを見つけた。
しかし 「ここではない、 向こうの方だ」 という。

pict-ドムアン空港Information.jpg

教えられた通りに目指すインフォメーションを探すが見当たらない。

また先ほどのインフォメーションに戻って訊く。
今度は最初より詳しく教えてくれた。

で、また行って辺りを探すが何処にもない。
通路に立っていた空港職員らしき女性2人に尋ねた。

1人が 「ご案内いたします」 と言って歩き出す。
そこからすぐ近くに目指すインフォメーションがあった。

ドアを開けてオフィス内に入る。

ジジイは何故すぐに見つけられなかったか。
それは 「AOT Information」 のオフィスだったから。

AOT=Airport of Thailand(タイ空港公社)は、 ドムアン空港〜スワンナプーム空港のリムジンをサービスしている。

pict-AOTタイ空港公社.jpg
   ☝ このカウンターは、 リムジンなどのInformation。

一言、 「AOT Information」 と言ってくれていたら、 簡単に見つけただろう。

ジジイにはリムジンの先入観があり、 紛失取り扱いの窓口とは
全く考えなかった。 加えてオフィスだったとは....

AOT オフィス内でパスポートを提示。
係の女性は躊躇せず、 無言でジジイにPCを渡す。

この時 PCとジジイを一緒にパチリ、 渡したという証拠写真だ。


ジジイがなぜPCを置き忘れたか、 つらつら考えた。
いつもなら、 PCをデイバックに入れて持ち運ぶ。

今回は、 荷物が少量だったこともあり、 機内持ち込み用のキャリーバッグに入れていた。

デイバックなら、 背負った時にPCの重さで有無がわかる。
キャリーバッグではこの重さの感覚が鈍かった。

これがパソコン紛失の原因、 今後は必ずデイバックで持ち運ぶ...これに決めた。

                * *

時刻は午後1時半を過ぎていた。
PCを受け取り、 喜びのジジイは遅めのランチ。

出発ゲートエリアのレストランは何処も高い。
で、ドムアン空港内のフードコートへ行く。

国内線ロビーの1番端の2階、 セブンイレブンの奥にある。

pict-P_20191007_135611_vHDR_On_pドムアン食堂 (2).jpg
      ☝ クーポン券を買ってから食い物を選ぶ。



1品50バーツから売っている。
ビールはビアシン(小缶)2本と水1本で150バーツした。
                  ☟
pict-P_20191007_135611_vHDR_On_pドムアン食堂 (1).jpg
     ☝ ビールなど含め、 260バーツのランチだった。

                * *

出発エリア内に入り、 あとは搭乗を待つだけ。
時間があったので、 「Tourist Police」 へのお土産を探す。

ジジイのために頑張ってくれた女性係官への感謝の気持ち。
綺麗で清楚な感じの女性だが、 下心は全くない。

お土産は、 今タイ人に大人気のドーナツがベストかと....
                  ☟
pict-P_20191007_201302_vHDR_On_pドーナツ (4).jpg



出発エリア内で販売しているはずで、 店舗を探す。
  行列があったので簡単に見つかった。
pict-P_20191007_201302_vHDR_On_pドーナツ (3).jpg


オリジナル(ドーナツ12個入り)1箱(264バーツ)、
デコレーションドーナツを3個(40バーツ/個)を購入。

VATが7%かかり、 合計406バーツの支払い。
               ☟
  pict-P_20191007_201302_vHDR_On_pドーナツ (2).jpg

チェンマイでは店舗がなく、 入手できない。
スワンナプーム空港でも販売していないと聞く。



デコレーションドーナツ3個の内1個だけ、 ジジイが自宅に帰ってから食した。  評判通りで美味しい!

   pict-P_20191007_201302_vHDR_On_pドーナツ (1).jpg

                 * *

取り戻したパソコンをリュックに背負い、 ドーナツの箱を持ってチェンマイ空港に到着。

そして 「Tourist Post」 を目指して歩く。
カウンターには男性係官1人だけが座っていた。

彼に渡してもしょうがない。
ジジイはドーナツの箱をカウンターに置き、 スマホを取り出しにかかった。 

女性係官の写真を見せ、 「彼女にお渡しください」 と....

ところが男性係官は、 ジジイを見るとすぐ、 無言でパネル裏に入って行く。

するとあの女性係官が笑顔で現れた。
ジジイは背中のデイバックを見せて、

「パソコンはここに入ってます。
 これを食べてください、 ありがとう」

ジジイは手を振りながら、 ツーリストポリスを後にした。

pict-P_20191007_183427_vHDR_On_pツーリストポリス (3).jpg
      幸運の女神に思えた彼女の笑顔 ☝


心から感謝しております、  ツーリストポリスのおネエさん!



チェンマイ〜バンコク往復航空賃:3,590バーツ(12,600円)、

雲の向こうは、 いつも青空、 とは言え痛い痛い出費が.....






 ボケの代償だ。


チェンマイって ホントいいですね!

posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:27| Comment(12) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする