2019年10月03日

独居老人の生活1653(ニャチャン旅行-1)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1653(ニャチャン旅行-1)


 六十五歳で引退なんて、ばかばかしい。

 俺が六十五歳のときには、まだニキビができていたよ。

                                  ジョーン・バーンズ


今、 ニャチャン(ベトナム)に来ている。 (地図はココ

バンコク〜ニャチャンの直行便があると聞き んじゃ行ってみるかと....一人旅だ。

利用した便は 「Air Asia」。

10月1日チェンマイ23:30発 → ドムアン空港2日 0:40着。
10月2日ドムアン7:55発 → ニャチャン10:00着。

帰り便は、
ニャチャン発10:30 → ドムアン着12:15。
                     14:40発 → CNX着15:55。

飛行機代は、6,155バーツ(往復)、 ネットで予約した。

                 * *

フライトは定刻通りでスムース、 ニャチャンに9:50到着。
ニャチャンのイミグレには長い列、 これでは時間がかかりそう。

pict-空港 (2).jpg

しかし係官のBOXがドンドン増えて列はすぐに短縮。
ベトナムの入管手続きはサービスがいい。

ロビーに出てすぐやることは両替。
空港ロビー内に数店あるが、 どこも同じレート。

どの店にも日本円の文字が全くなし。
韓国や中国があるというのに....pict-空港 (3).jpg

100米ドルの両替で → 2,200,000ドン(空港はレート悪し)。
後でニチャンの街中で両替したら、 2,310,000ドンだった。

ジジイは空港で200ドルを両替、 約5%(10ドル分)の損。 
空港ではもっと少額の両替にすれば良かった。

次にスマホのシムを購入、 両替店で売っている。
1週間で8米ドル、 店員さんにシムを入れて貰った。
 

空港の外に出ると待っていたのはハングル文字の出迎え。
韓国人がいっぱい来るのだろう。

pict-空港 (1).jpg
          ☝ 全ての紙にはハングル語。


ジジイに近づいて来たのはタクシーの呼び込み。
訊くと350,000ドン(約460バーツ=1600円)。

タクシーの運転手が若い人で、 ダウンタウンにあるホテル名を告げても位置が分からず。

スマホのナビを見ながらあっちこち探してまわる。
何とか見つけたが、 10分ほどのロス(料金は同じ)。
ちなみに空港 → ホテルまでの距離は約23q。

ホテルにチェックインするも、 部屋の利用は午後2時から。
荷物を預け、 ちかくのレストランでランチ。

そのあと時間つぶし、歩いてネットに出ているカフェに移動。
                  ☟
pict-Rainforest (2).jpg



ところがこのカフェ、 人気店なのか席待ちの行列が....
                  ☟
pict-Rainforest (1).jpg


待つほどのことでもない、 すぐ別のカフェに行く。
で、午後2時半過ぎ、 ホテルにチェックイン → 昼寝(爆睡)。

                * *

夜7時前、 昼寝から目覚める。
夕飯はビーチにあるレストランへ歩いて行く。

pict-夕食 (1).jpg



pict-夕食 (4).jpg



注文したのがシーフード盛り合わせ:350,000(460バーツ)。
サラダも付いており、 とても1人では食べ切れず。
                  ☟
pict-夕食 (2).jpg

頑張って食ったがダメ、 3割ほど残す。
サイゴンビア(中瓶って感じ)が8万ドン(105バーツ)。



  周りの客はほとんどが韓国人、 チラホラと白人。
pict-夕食 (5).jpg



  pict-夕食 (3).jpg
    ☝ 白人と何人だろう、 カップルでディナー。
      羨ましい!

                * *

たっぷり昼寝をしたので、 夜はまだまだ。
Grabタクシーを呼び、 ナイトクラブへと足を向けた。

pict-ディスコ (4).jpg
        ☝ ビーチ沿いの通りで、 とても賑やか。



   ビーチ沿いにあるナイトクラブ。
pict-ディスコ (2).jpg

入場料が50万ドン(約660バーツ)。
ビール(小瓶)だけ注文、 16万ドン(210バーツ)。



  店はディスコ、 流れる曲がうるさいのなんの。
pict-ディスコ (3).jpg



pict-ディスコ (1).jpg



客は白人のオッサンを除けば若い人(おそらく韓国人)ばかり。
老人は間違いなくジジイだけ。
                  ☟
pict-ディスコ (5).jpg


さすがに若者と一緒に踊りまくることはできなかった。

ジジイにも恥じらいがあるようだ。






 74歳だもんな。


チェンマイって ホントいいですね!  


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:51| Comment(2) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする