2019年10月01日

独居老人の生活1652(食事と水泳ができる所)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1652
                          (食事と水泳ができる所)


   宗教は人類にとっての阿片だ。
                                      カール・マルクス


@ バンコク〜チェンマイ新幹線構想消滅か。 

タイPBSやバンコクポストなどが2019年9月下旬に報じたもの。

タイ政府は日本政府と検討してきたバンコクとチェンマイ県チェンマイ市を結ぶ高速鉄道計画(全長約670キロ)を断念したもよう。

日本側が実施した事業化調査で採算性が極めて低いことが判明。
タイ側は負担軽減のため、 日本に共同投資に求めたが、 日本政府がこれに応じず。

タイ運輸省が最近閣議に提出した交通インフラマスタープランに同計画は含まれず、 事実上廃案になったという。

バンコク〜チェンマイ間には大都市が存在しない。
最大の都市はチェンマイ市だが、 人口は2018年で約13万人に過ぎない。

また、タイ北部は農業が中心で、 世帯平均収入(2017年)は
約2万バーツ/月。 バンコク首都圏(4万1335B/月)の半分程度。

両都市間の交通は格安航空便が1日20往復以上運航し、運賃は片道1000バーツ程度から。

加えて安くて便利な長距離バスも多数運行している。

こうした状況から、 高速鉄道を建設しても乗客数は期待できず。
運賃の面でも競争が激しく、 巨額の債務だけが残るという懸念。

安全面の不安も.....鉄道の運行管理、 保守整備の能力不足だ。
高速鉄道での事故は大惨事を招く。

その場合、 日本に対するタイの国民感情にも悪影響が出よう。


タイ政府は中国政府との共同事業として、 バンコク〜ナコンラチャシマ間を2017年に着工。

但し、工事は大幅に遅れ、 完成の見通しは立っていない。

この計画は、 バンコクからナコンラチャシマを経由しラオス国境のタイ東北部ノンカイに伸びる路線。

(ノンカイ到達までを考えると何年かかるやら....
  ジジイが生存中の完工は100%、無理だろう)


  **********************


A 落ち落ち橋には近づけない。

2019年9月29日午前10時頃、 タイ東北部ナコンパノム県で起きた事故。 (地図はココ

コンクリート製の橋が約20メートルにわたり崩落し、 約10メートル下の川に落ちた。

この事故で、 橋の上で釣りをしていたタイ人男性(23)が橋とともに川に転落、溺死した。

橋は2005年に建設され、 運輸省地方国道局の管理下にあった。
地元当局が事故原因を調べている。


まだ14年しか経っていない橋が突然壊れてしまう....日本では考えられないこと。

地震があったわけじゃなし、 不可解なタイの橋だ。

                 * * 

タイ東北部では、 12日前にも橋の崩落があったばかり。

2019年年9月17日午後9時半頃、 タイ東北部アムナートジャルーン県(ココ)の国道2034号線で、 橋が約40メートルにわたり崩落。

  pict-タイ東北で橋崩落、トレーラー転落 .jpg


現場を走行していた大型トレーラーが数メートル下の川に転落。
運転していた男性に大きなけがはなかった。

崩落した橋は12トン以上の車両の通行が禁じられていた。

当局は重量制限を超えたトレーラーが進入したことで橋が壊れたとみて調査している。

pict-写真提供、タイ運輸省国道局.jpg


  **********************


B この日のランチ。

店名がレストラン 「Phufinn Lake」。
場所はハンドン、 Soi Mooban Wang Tan (地図はココ

チェンマイ市街から車で20〜30分ほど。
静かな住宅街の中で営業する雰囲気抜群のレストラン。

pict-P_20190915_141317_vHDR_On_pBenの近く (2).jpg



  飲んだ後、 池の縁(ふち)で昼寝もできる。
pict-P_20190915_141317_vHDR_On_pBenの近く (1).jpg



注文はポークライス:90バーツ、 Beer Chang大瓶80B。
                  ☟
pict-P_20190915_141317_vHDR_On_pBenの近く (3).jpg



   魚の唐揚げ:165バーツ。
pict-P_20190915_141317_vHDR_On_pBenの近く (4).jpg
     ☝ これら2品を同行の友人とシェアして食う。



レストランの隣には50mプールがある。
有料で、 大人が80バーツ(終日)、 子供は40Bだったかな。

pict-P_20190915_150307_vHDR_On_p.jpg



  プールとレストランの前には小さな公園がある。
pict-P_20190915_155055_vHDR_On_p.jpg


先に泳いで、 腹を減らしてレストランへ...こんな食事もいい。

営業時間は朝10時から夜9時まで(年中無休)。
たまには静かな郊外で、 のんびり過ごして休養しよう。

そうか、 毎日が休養か!

  ***********************


C ケシ栽培の取締り。

タイ麻薬取締委員会は2019年9月27日、 チェンマイ県の山中でケシ約900本を除去したと発表した。

pict-タイ麻薬取締委員会3.jpg



pict-タイ麻薬取締委員会4.jpg


同委によると、 今年2月から除去したケシは11県の約7500本。

北部ナーン、 プレー、 東北部がルーイ、ナコンラチャシマ。
中部はスパンブリ、 パトゥムタニ、 南部チュムポンなど。

かってはタイ/ラオス/ミャンマーの国境地帯でケシ栽培が盛んに行われ、 ”ゴールデントライアングル” と呼ばれているが...                 (source : @、 A、 C Newsclip)


除去のケシは Opium poppy、 日本では阿片ケシとも呼ぶ。

  おっかの上 ひっなげしの花で〜 ♬
  うっらなう あっの人のこっころ〜

アグネスチャンが唄うヒット曲のひなゲシとは異なる種。
https://www.youtube.com/watch?v=VWgV5VRhrQ4


アグネスチャンは早く香港に帰り、

自由化運動を助ければいいのに........彼女にとって







 日本は天国、  居心地がいいんだろう。


チェンマイって ホントいいですね! 
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:40| Comment(2) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする