2019年09月28日

独居老人の生活1649(嘘から出た反日)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1649(嘘から出た反日)


  他人からされたら怒るようなことを

  人にしてはいけない。

                              ソクラテス (古代ギリシアの哲学者)


@ 「TOKIO」のリーダ−・城島茂(48)が結婚を発表。

お相手はハーフ美女でグラビアアイドルの菊池梨沙(24)。
彼女は母が日本人で父親がバングラデシュ人、 タレントのローラと同じ。

2017年6月には週刊誌 「女性セブン」 が2人の交際を報道。
ということは、 城島が46、 彼女が22歳の頃からの付き合いか。

24歳年下、 これがギリギリの差、 30も下だと相手は16歳。
元メンバーの山口達也同様、 淫行になっちまう。

    できちゃった婚のお2人。
pict-城島茂.jpg
     ☝ 城島茂(48)         ☝ 菊池梨沙(24)。

城島茂は間もなく49歳(11月が誕生日)になる。
精々30代半ばがピッタリだと思うが、 若い女が好きなんだろう。

ジジイは妬んで言うんじゃないが、 こんなオッサンが二十歳ちょっとの女性に惚れ込んで....

それでもゲットしちゃう....有名人はモテるってことだ。
50近いオッサンが若い美女と H、 クッソー、

ジジイだって出来るもんならヤリたいよ、 クソー。


  ***********************


A チェンライ県のタムルアン洞窟が人気観光地に....

  pict-タムルアン洞窟.jpg


世界中の注目を集めた救出劇は2018年7月10日、 地元サッカーチーム 13人全員の 「奇跡の生還」 で幕を閉じた。

pict-タイ洞窟救出の舞台裏.jpg



pict-タイ洞窟救出の舞台裏2.jpg


それから1年、 それまで無名だった北部の田舎町が観光ブームに沸いている。

以前は年間5千人だった観光客は、 事故後の1年で140万人に...来場者は遭難事故前の280倍に増えた。

周辺に土産物屋や学習センターが立ち並び、 タイ政府も洞窟を
国立公園に指定することを検討しているとか。

pict-タイ洞窟の閉じ込め事件から1年.jpg



入り口付近には救出のさなか亡くなったタイの元海軍特殊部隊員、サマン・グナン氏の銅像が立つ。
pict-タイ・サッカー少年救出跡の洞窟.jpg


併設する学習センターでは洞窟の模型や救助で使われた酸素ボンベなどを展示。

「英雄たち」 と題した巨大な絵画の前で来場者は記念撮影をする。
                   ☟
pict-奇跡の救出劇“から1年...タイ.jpg


タムルアン洞窟 「奇跡の生還」 は映画化もされた。
タイトルは 「The Cave」、 2019年11月28日公開予定。

その予告編をどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=S7xCgTAGAqE
  (source : 日本経済新聞、 巻末にコピー追記)


                 * *

中国は国慶節の10月1日から7日までがゴールデンウイーク。
連休とあってどっと観光地に繰り出す。

国慶節関係で、 ホテル予約・agoda のデータによれば、
中国人ツーリストの人気訪問国は、 第1位が日本、 2位がタイ。

以下、 3位:香港、  4位:台湾、  5位:フィリピン、
6位:シンガポール、  7位:マレーシアと続く。

韓国が不人気、 タイじゃなく韓国にもっと行って欲しいが....


タイをみれば、 人気1番の観光地がバンコク、 2位:プーケット、
3位がチェンマイ(来なくてイイよ)。

ビーチリゾートでは、 プーケットに続く順位は、 サムイ、 パタヤ、
クラビ、 Lanta島、 フアヒンが人気

タイ観光は比較的低コスト、 アライバルビザが免除されているのも人気を後押し。

中国人、 チェンライのタムルアン洞窟にも行くのかな?


  ***********************


B 旭日旗= 反日シンボルの発端。

韓国人は、 旭日旗をいつから非難するようになったのか?
2010年まではなんら反応(批判・抗議)がなかったのに....

これが2011年から様相が変わった。
同年の 「サッカーアジアカップ」 の日本対韓国戦という説がある。

この試合で韓国の奇 誠庸(キ・ソンヨン、 当時22歳)選手が猿の顔マネして日本人を侮辱。

この行為が波紋を呼び、 キ・ソンヨンは翌日、 こう言って弁明。

「観客席の旭日旗を見て涙が出ました。
 私も選手の前に大韓民国国民です」

だから日本人を侮辱したと言ったのだが、 これは真っ赤な嘘。

韓国のテレビは観客席の旭日旗を出してきて放映。
それが何とまあ、 前年の日本対オランダ戦の映像。

韓国メディアお得意の捏造ニュース。
日韓戦ではどう探しても、 旭日旗が見当たらなかったからだ。

奇選手は何処で旭日旗を見たのだろうか?
韓国は、 嘘つきが英雄になる国。

日本サッカー協会(JFA)は、 大韓サッカー協会(KFA)に対し、 奇選手への聞き取り調査を依頼した。

奇は前言の旭日旗に関する発言を翻して弁明。

「あれは日本人に対してではなく、 セルティック(スコットランド)の選手に向けてやったこと、 日本人向けではない」

以前セルティックとの試合中、 相手チームのサポーターからサルの鳴き声で馬鹿にされたことがあったので...という。


イギリスのタブロイド紙ザ・サンは 「Cheeky monKI(生意気な猿=奇 誠庸)」 と銘打った記事で痛烈に批判した。
                    ☟
pict-MonkeyKorean.jpg

しかしそれでは収まらなかった。
韓国国民の旭日旗憎しの発火点は燃え広がる。

左翼活動家らが飛びつき、 今では反日のシンボル 「旭日旗」。

嘘つき韓国人の典型、 奇 誠庸(現在30歳)。
                  ☟
pict-女優ハン・ヘジン&サッカー選手.jpg

                  ☝
24歳の2013年7月、 8歳年上の女優ハン・ヘジン(32)と結婚。
同年6月末には2泊3日の日程で、 札幌に婚前旅行でやって来た。

よくもまあ、 いけしゃあしゃあと日本に来れたもの。
韓国人にとって嘘つきは普通の行為、 悪行とは思っていない。

もう30歳の奇 誠庸は選手としてこれから落ち目、 間もなく消えて行く。

しかし日本人は、 お前の嘘を千年万年、 忘れやしないぞ!

               * *

韓国人は世界の至る所で旭日旗デザインにインネンをつける。
前に本ブログで取り上げた、 アメリカ・ロサンゼルスでも抗議。

対象は 「ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクールズ」 の校舎の壁画。
                  ☟
pict-米西部ロサンゼルスのコリアタウンにある学校の壁画2.jpg


旭日旗に酷似、 で、地元韓国系団体らが抗議、 撤去を要請。         
しかし表現の自由を訴えるアーティストらが撤去に反対。

結局、 学区の責任者は撤去計画の一時中止を決めた。

                 * *

韓国人は自国のこんな建物にもイチャモンをつける。
釜山市に1975年に完成した朝鮮戦争 「国連参戦記念塔」。

空から見ると旭日旗に見えるから。
市は 「国連軍16カ国で、 旭日旗の16本ではない」 と説明。
                 ☟
釜山の建物、上から.png
                  ☝
     しかし押し切られて2020年に撤去すると発表。 
     

であるなら韓国人の皆さま、 抗議してください!
こちらの建物にも撤去を迫って戴きたい。

                  ☟

   旭日旗デザインの建物。
pict-北京の新空港.jpg
            ☝ 中国・北京の新空港。


旭日旗デザインに対し、 アメリカでも抗議し撤去を強要した。
中国にも撤去を要求できるはず、 何故やらないの?

                 * *

韓国人の皆さま、 チェンマイでもインネンをつけて戴きたい。
和食店 「さくら」 (ココ)に行ってみてください。

pict-DSCN1987.jpg
             ☝ 「さくら」 の女将。


こんな料理を出している、 すぐ抗議活動を開始しよう。

                 ☟

    サ−モン刺身。
pict-DSCN6144桜メニュー (1).jpg
          ☝ 見事な旭日旗デザインだ。



    まだあるぞ!
pict-DSCN6144桜メニュー (2).jpg
               ☝ 右はカニカマ。


「メニューから除外しろ!」  韓国人の抗議に対し、

「さくら」 のママさんはきっとこう言うだろう。


「お客さん、 来るとこ、間違えてますよ....」








「精神病院に行ってください!」


チェンマイって ホントいいですね! 

参考まで:
 <日本経済新聞 2019/9/25のコピー>

「世紀の救出劇」 から1年 タイの洞窟、 観光ブーム。

タイ北部チェンライ県。
かつてパイナップル畑が広がっていた場所に洞窟やレスキュー隊が描かれたTシャツを売る土産物屋がずらりと並ぶ。

「3カ月前に店を出した。 週末になるとたくさんの人が来るわ」
店番のノイさん(35)は話す。

2018年6月の遭難事故でサッカーチームの少年ら13人がタムルアン洞窟内に閉じ込められた。

米国や中国、日本など22カ国が救出にあたり、 米電気自動車メーカー、 テスラのイーロン・マスク氏も協力に名乗りを上げた。

18日間の救出作戦で全員が助け出された。

地元の人しか訪れなかった洞窟は一躍脚光を浴びた。
「年間5千人だった観光客が140万人に....予想以上の反応だ」。

タムルアン洞窟を管理する国立公園・野生動植物保全局のカウィー所長は驚く。

18年10月に森林公園に指定されたのに続き 「20年には国立公園に昇格させたい」 と意気込む。

周辺は観光開発が進む。入り口付近には救出のさなか亡くなったタイの元海軍特殊部隊員、 サマン・グナン氏の銅像が立つ。


南部パッタニー県から車で2日かけて来たビーさん(33)は、

「9歳の息子がサマン氏の銅像と写真を撮りたいというので来た。
 彼はヒーロー。 救出には本当に心を動かされた」 と話す。

洞窟への立ち入り解禁も検討されており、 カウィー所長は、
「安全対策を徹底したうえで年内には一般公開したい」 と話す。

タイは年間3800万人が訪れる観光大国だ。
ただ、旅行者は首都バンコクや南部のビーチリゾートに集中する。

洞窟は北部チェンライ県にとって、 格好の観光資源だ。

11月には救出劇を描いた映画「ザ・ケイブ」が公開される予定。

米動画配信大手ネットフリックスもオリジナル作品の製作に取りかかると発表しており、 再び注目度が高まりそうだ。

転んでもただでは起きぬタイの商魂が発揮されている。
 (チェンライで岸本まりみ)           以上


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:14| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする