2019年09月25日

独居老人の生活1646(ED治療最前線)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1646(ED治療最前線)  


  二十歳で強い精力は自慢にはならない。

  でも七十歳で強ければ、それは魂の強さだ。


本ブログではこれまで幾つかのED(勃起不全)治療をテーマに取り上げてきた。

「バイアグラ」 などの飲み薬、 「陰茎海綿体注射」、 「睾丸マッサージ」 等々。

今日は2種の最新ED治療法をお届けしたい。


@ 陰茎への塗り薬、 「eroxon」(エロクソン)

pict-eroxon.jpg


英国の製薬メーカー、 フューチュラメディカル社が開発。
英国のメディアで同薬を特集する報道が相次いでいる。

新薬エロクソンの強みは使用してから5分で効果が現れる。
”ペニスにクリームを塗って” 5分お待ちくださいってこと。

1時間前とかの服用(準備)がないので、 その時の雰囲気でいつでもヤレる。 

なぜこの塗り薬が効くか?

狭心症などに用いられる 「ニトログリセリン(血管を拡張させる作用あり)」 を有効成分として含有。

ペニスの皮膚から吸収されることで血流を改善し、 勃起を促すメカニズム。

相手の女性に影響がないか? 

同社の公表資料によれば、 「有効成分は塗って5分後にはほぼ全てがペニス内に浸透している。

1003例の試験のうちパートナーに軽度副作用が報告されたのはわずか4例だけ」 とある。

ペニスにのみ塗布するので、 飲み薬のED治療薬と比べて副作用が少ない由。

加えてバイアグラ等の飲み薬は、 心疾患の人は服用できない。

しかしエロクソンは塗り薬、 ペニスのみに作用するので、 心臓病がある人でも使用OK。

短所は、 効果の持続時間は30分程度と短い。
ジジイは30分も勃起してれば十分、 それ以上だと疲れてしまう。

新薬なので価格がまだ分からない。
タイでも早く発売してほしいものだ。

                 * *


A 低出力衝撃波治療。

バイアグラなどでは効果があまりない、 中折れする、 心疾患などでED薬が飲めない、 薬に頼らず根本的な治療がしたい。

このような人に持って来いなのが低出力衝撃波治療。

この治療は、 低出力の体外衝撃波を一定時間与えることで、 ED患部及びその周辺部位の血管新生を促してEDを根本から治療。

単にEDの症状を治療するのではなく、 血管性EDの原因を治癒し自然な勃起のメカニズムへと促すのがウリ。

大きな痛みやダウンタイム、 合併症なく陰茎内の血管をリフレッシュ(血管新生)させるのが治療目的。

pict-新たな毛細血管を産生させペニスの血流を増加.jpg


効果の実感は、 2通りのタイプあり。

1.血管拡張の効果からすぐに改善を実感する患者。
2.1ヶ月程度かけてゆっくりと効果を実感する患者。


分かり易くいえば、 ペニスに低強度の衝撃波を照射 → ペニスの毛細血管を新たに作り → EDを改善。

また現在ED治療薬を内服している人でも、 改善効果を高めるため併用して治療できる。


治療(施術時間)は、 ペニス部分に専用ジェルを塗布し、 衝撃波を陰茎部に軽く当て照射する。

施術時間は20分程度、 これを5週間で計6回行う。
                 (注:治療サンプル)

痛みは特になし、 施術後すぐに帰宅 → 日常生活OK。

pict-5週間で計6回.jpg
             ☝ 治療例の1つです。


低出力衝撃波治療器の 「EDマックス」 は、 スイスの医療機器メーカーSTORZ MEDICAL社が開発。

pict-低強度の衝撃波を照射.jpg


剃毛・麻酔は不要で、 施術後の制限なし。
痛みや腫れもなし、 治療後に報告された副作用なし。

気になる治療費は、 スキンクリニック(新宿東口)の場合、

 ・施術代1回 100,000円。
 ・全3クール治療コース(6回)400,000円。

ちょっとお高いのが金玉に瑕(キズ)。
それでも勃起するとなれば、 惜しくはないか。


尚、低出力衝撃波治療器は上記EDマックスの他に、 「ED1000」 もある。
これは米国で開発され、 ED治療専用の医療機器として発売中。

ビデオでどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=7xlMvx3vsGU

「ED1000」 によってEDの根治した患者は75%との報告あり。
(帝京大泌尿器科の1年間にわたる臨床治療のデーター)


参考までに:
<ED-MAXでの低出力衝撃波治療のクリニック>

・新宿東口スキンクリニック
東京都新宿区新宿3-21-6 龍生道ビル5F
TEL : 03-5379-0229
新宿の他に大宮・新潟・名古屋・京都・大阪・福岡でも営業。


・西南泌尿器科クリニック
福岡県福岡市城南区別府3-1-6
TEL : 092-0852-2131


・アジアン美容クリニック
東京都台東区上野2-11-10 小島ビル3F
TEL : 0120-387-901


・クリニックビザリア Dr.COBA ED センター
TEL : 0120-869-693
愛知県名古屋市中区栄3-7-12 サカエ東栄ビル4F


・福岡アールスキンケアクリニック
TEL : 0120-781-710
福岡県福岡市中央区大名2-1-53 天神吉田ビル4F


・河田形成外科皮膚科
岡山県岡山市北区幸町4-12
TEL : 0120-783-753


・大阪上野クリニック
大阪府大阪市北区梅田1-2 駅前第2ビル2F
TEL : 06-6456-3000


・上野EDクリニック
東京都台東区根岸1-8-18 高松ビル2F
TEL : 03-6861-7030


・医療法人社団 銀座キューヴォクリニック
東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階
TEL : 0120-488-468


・クリニックビザリア 銀座
東京都中央区銀座2-10-8 マニエラ銀座ビル3F
TEL : 0120-625-257


・恵比寿医院
東京都渋谷区恵比寿3-29-17
TEL : 03-6277-1079


・美容外科形成外科川崎中央クリニック
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎5階
TEL : 0120-190-929


・福岡博多駅前通中央クリニック
福岡県福岡市博多区祇園町4-13 博多ゼネラルビル6階
TEL : 0120-163-772


・新宿中央クリニック
東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル6F
TEL : 0120-669-970

・大阪梅田中央クリニック
大阪府大阪市北区芝田1-5-12 備後屋ビル5F
TEL : 0120-344-622


・金沢中央クリニック
石川県金沢市広岡1-1-26 TRLビル3階
TEL : 0120-088-731


・広島中央クリニック
広島県広島市中区銀山町1-11 フジスカイビル5F
TEL : 0120-088-407


・秋葉原中央クリニック
東京都千代田区神田佐久間町2丁目20番地 翔和秋葉原ビル2F
TEL : 0120-118-874


・鹿児島三井中央クリニック
鹿児島県鹿児島市山下町9-1 チャイムズビル6F
TEL : 0120-077-618


・西新宿杉江中央クリニック
東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
TEL : 0120-106-645

                * *

日本全国、 低出力衝撃波治療のクリニックはまだまだたくさん。
それだけ需要があるということだろう。

ジジイは思う、 特にチェンマイの爺さんにとってEDはお気の毒。
なぜなら爺さんには若い奥さんや恋人がいるからだ。

70歳で30代のパートナーならざらにいる。
爺さんがED、 彼女は女盛り、 これでは男が廃(すた)る。


pict-老人と女性との写真.jpg
          ☝ 寝てるだけでは男じゃない。






 そう、死ぬまで勃起だー!


チェンマイって ホントいいですね!


 <参考までに>

@ 各ED治療薬を比較してみよう。
本ブログ1084(2018年1月13日)の再掲です。

1.バイアグラ(製品名)
   シルデナフィル(成分名)

・勃起力が強く効果が得られやすいが、 副作用が強い。
・効果持続時間は3〜6時間

・食事の影響を受けやすく空腹時の服用が推奨されている。



2.レビトラ
   バルデナフィル(成分名)

・バイアグラの改良品とも呼ばれ、 勃起力・効果持続時間が
 バイアグラより優れており、 副作用もバイアグラより少ない。

・効果持続時間は5〜8時間
・食事の影響は受けにくいが、 空腹時の服用が最大効果あり。



3.シアリス
   タダラフィル(成分名)

・自然でマイルドな勃起力効果、 ED治療薬としては副作用が
  最も少ない。

・効果持続時間が24時間〜36時間とED治療薬の中では最長。
・食事の影響を最も受けないとされている。



4.ステンドラ
   アバナフィル(成分名)

・勃起力はバイアグラとレビトラの中間程度。
  副作用はバイアグラと同じくらい。

・服用はSEX前の30分前、 15分後から効き目が出る。
・効果持続時間は3〜6時間。

・100mgと200mgとも1日1回の服用、 空腹時がベスト。
・50mg錠もあり、 必要に応じて服用量を調整する。


参考までに価格だが、 「渋谷三丁目クリニック」 では、
1錠100mgで2,000〜2,500円。


通販もあって 「お薬なび」 TEL:050-5539-9156
ステンドラ
100mg   4錠   5,400円(1,350円/錠)
       28錠   30,240円(1,080円/錠)


副作用は火照り、 鼻づまり、 動悸、 めまい、 頭痛など。
しかし服用した人の1割程度で、 いずれも軽度なもの。

必要以上に血流が活発になることで起こるとか。


低血圧、 心臓、肝臓、腎臓の悪い人などは服用不可。

医師の診断を受けて服用...これはどのED治療薬について同様で
要注意。

                * *


A 「テストステロン補充療法」 のご紹介。
   本ブログ#1566(2019年7月1日)の再掲です。
              

ジジイはなぜEDになったか。

それは加齢によって男性ホルモン=テストステロンの分泌が不足 → 人体で最も細い陰茎動脈が硬化 → 血流悪化 → EDに...


ある泌尿器科の専門医が言う。

バイアグラは勃起させるテストステロンが足りないのに、無理やり勃たせようとする。

しかし薬ではなく、 患者の体内に直接テストステロンを補充(注射)し、ED症状を緩和する治療方法がある。

健康保険適用(3割負担)なら、 1回の注射で2,000〜5,000円程度(初診料別途)。

2〜4週間置きに注射剤投与し、症状や状態を見ながらテストステロンの量や期間を決める。

個人差はあるが、 多くのED患者は治療開始から3〜4ヶ月後には改善を実感(朝勃ちあり)。

1年後には以前の元気な状態にまで回復、 2年以内に治療終了のケースが多いという。

(注) 患者の100%が完治..ということではない由。

既に海外では一般的な治療法とか。

               * *

しかしテストステロン補充療法、 治療を受けられない人がいる。

前立腺ガン、 多血症、 睡眠時無呼吸症候群などがある場合だ。

但し、この療法によって前立腺ガンが発生するわけではない。


注射剤以外にも、 経皮吸収剤(軟膏・ゲル)や経口薬、 貼り薬による治療法もある。

世界で一番多く使われているのが経皮吸収剤で、 「テストステロン・ゲル」という薬。

   pict-pict-テストステロン・ゲル.jpg

自宅で簡単にできるため人気があるが、 日本ではまだ軟膏や経口薬に関しては保険適用外と聞く。

               * *

しかしながらテストステロン補充だけに頼っていては、 精力増強には今一歩。

生活習慣も大切だという。

・眠りのリズムを整える。
・有酸素運動=ウォーキング、 ヨガ、 ストレッチ、 スクワットなどをする。


加えて食事が大事。
・インスタント食品やコンビニ食など、 食品添加物を避ける。

・良質なタンパク質や食物繊維、 カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、 鉄分や亜鉛をとる。


ちなみにジジイが精力増強のために食べているのがナッツ類。
アーモンド、 カシューナッツ、 ピスタチオス、 クルミを毎日5粒ずつ。
pict-pict-5大ナッツ.jpg

他にゴマも精力の維持・増強には有効とか。
ナッツ類にしても食べ過ぎは逆効果、 数種あわせて手のひらに載る程度で十分。

(注) 本ブログは情報のみ、 お試しは自己責任でお願いします。

               * *

一方で、そんな面倒なことまでして勃たせなくてイイ..というご老人がいらっしゃるかも。

そんな方のために 「週刊現代」 今週号が説いている。

”セックスは入れて、 果ててこそ完結..そんな発想はもう古い!
60過ぎたら別の愉しみ方がある、 過去のヤリ方にこだわるな”

その例を挙げよう。

勃たなくていい、 イカなくていい。

花鳥風月を愛でるように、 ゆっくりと流れる時間を愉しみながら、 愛するパートナーと溶け合うように1つになる、 そんなセックスもあるという。

一緒に風呂に入り、 お互いで洗いっこする。
チンコ、 割れ目を丹念に洗い合うのだ。

一瞬の快感を求めるよりも、 たっぷりと愛撫しあい、 抱き締めあって精神的な充足感を得る。

これが大人・老人のセックスなんだとか。

pict-老人セックス.jpg

爺さんは 「あなた、息が臭い、 体臭もひどいわ」 って言われそうだが...

あなたは70歳、 次のような女性の裸体を隅々まで舐め尽くし、 たっぷり愛撫、 2人は情熱的に抱き合う。


                ☟




                ☟




  pict-pict-タイ人婆さんビキニ.jpg
                ☝
   抱き締めあって精神的な充足感を得るのも大変だわ。

以上。
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:07| Comment(2) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする