2019年09月23日

独居老人の生活1645(女は何処から来るかしら...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(女は何処から来るかしら)


 人の礼法あるは水の堤防あるがごとし。

水に堤防あれば氾濫の害なく、 人に礼法あれば悪事生ぜず。

                                貝原益軒 (江戸時代の儒学者)


@ モデルさんかな?

 pict-DSCN6132かようまりの (3).jpg
             ☝
ご自身の事務所を経営する司法書士、 ユーチューバーでもある。
加えて宅地建物取引士の資格もお持ちの才媛。

名前は加陽麻里布(かようまりの)さん(27歳)。

今年(2019年)5月、 足立区議選にNHKから国民を守る党(N国党)公認で立候補。

pict-かようまりの.jpg



    N国・立花孝志党首の応援。
pict-かようまりの2.jpg


Top-10に入る5548票を獲得して当選かと思いきや、 彼女は
墨田区在住の人。

立候補は自由にできるが、 居住区が別で、 公職選挙法とやらで獲得票は0票になって落選。

現在裁判中で、 最下位当選者の当選無効をめぐって争っている。


しかしただの候補者じゃない。
かようまりのさんはN国党・立花孝志党首(52)の恋人なのだ。
                  ☟
pict-DSCN6132かようまりの (2).jpg
     ☝ エレベーターの中で自撮り、 熱々の2人。

立花孝志党首は独身、 離婚歴があり、 かようまりのさんと同い年の娘がいるとか。

25歳年下の恋人とルンルンの立花さん、 8月25日は手に手を取って靖国神社に参拝。
                   ☟
pict-加陽麻里布5.jpg

尚、かようまりのさんは次の国政選挙に立候補するそうな。


「週刊Flash」 が彼女に恐る恐るインタビュー。
「立花氏とのSEXはどうですか?」

「立花先生は ”自分が” っていうより、 相手を気持ちよくさせた
 い思いが強いんです。 だから尽くしてくれるタイプかな」

前戯1時間、 挿入後1時間で粘っちく攻める52歳の立花党首か。
これじゃあNHKをぶっ壊す前に、 自分がぶっ壊れるんじゃない?

かようまりのさんがのろける。

「先生は誰に対しても愛のある、 ホントにやさしい人なんです」


嘘をつけ、 NHKにはやさしくないぞー!    (source : 週刊 FLASH)


  **********************


A 最近チェンマイで見かけるモノ。

先ずは以前、 チェンマイ市街の至る所で見かけたのがこれ。
            ☟
    モバイルシェア自転車。
pict-DSCN3361.jpg


ところが最近さっぱり目に入らない。
あれだけあったのに....何処へ行っちゃった?

まさか...ネ、 これは中国の光景。
             ☟
pict-中国で放置のシェア自転車.jpg
           ☝ 放置自転車の山=屑。


代わりによく見かけるようになったのが.....
                  ☟
pict-P_20190913_182744_vHDR_On_pグラブFood (1).jpg



  そう、 Grab Food、 バイクで食品をデリバリー。
pict-P_20190913_182744_vHDR_On_pグラブFood (2).jpg
   


ピン川沿いのベトナムレストラン前で待機するGrabバイク。
                  ☟
Inkedpict-P_20190913_182744_vHDR_On_pグラブFood (4)_LI.jpg


「これとこれを買って来て」 とGrab Foodに頼めばOK。
Grab Deliveryもあるから、 どんな品でも大丈夫。

カラオケ店にだって買いに行ってくれると思う。

「今すぐこの女の子(写真を見せる)、 連れて来て」


  *********************


B この日の晩ごはんは、 和食店 「サムライキッチン」 へ。

最近、 同店がタニン市場近くに新規オープン。 (地図はココ

デビュー(1号店)はワロロット市場近く、 これが大当たり。
その後、 姉妹店数店をチェンマイ市内に出す発展ぶり。


   9月19日夜7時ごろ到着。
pict-P_20190919_190731_vHDR_On_pサムライキッチン (5).jpg



     店内。
pict-P_20190919_190731_vHDR_On_pサムライキッチン (2).jpg



この店のウリの1つが昔懐かしい広告やポスター。
                   ☟
pict-P_20190919_190731_vHDR_On_pサムライキッチン (6).jpg



   ウルトラマンにサッポロビール。
pict-P_20190919_190731_vHDR_On_pサムライキッチン (7).jpg



     こちらもサッポロビールのポスター。
  pict-P_20190919_190731_vHDR_On_pサムライキッチン (4).jpg



で、 飲んだのはBeer Changロング缶:59バーツ。
    握り寿司3つ:59B、  豆腐サラダ:59B。
  pict-P_20190919_190731_vHDR_On_pサムライキッチン (9).jpg



    価格は全て59バーツ。
  pict-P_20190919_190731_vHDR_On_pサムライキッチン (1).jpg
     ☝ 枝豆にサーモン刺身。


価格体系も料理もみな1号店と同じ。
違いは、 タニン市場近くのこの店にはエアコンと駐車場あり。

夜7時〜8時という稼ぎ時なのに空いていた。
ちなみに近くの居酒屋 「ガガガ」 もガラ空きだった。

現在ローシーズン、 どの店に行っても客は少ない感じ。


  **********************


C チェンマイで初めて見た日本人団体観光客。

つい先日、 爺さん4人で和食店 「五郎」 に行く。

同行の友人がチェンマイの日本人会(在住者クラブ)の会員で、
メンバーカードを見せるとビア生ジョッキが19バーツ。

一緒の3人も同じく19B(1杯目だけ)で、 4杯注文。
2杯目からはメニュー価格の59バーツになる。

4人で鍋(ポークすき焼き:140B/人)を突っつく。
               ☟
   pict-P_20190920_190646_BF五郎 (3).jpg


我々の通路を挟んだ横の席は団体用に予約されていた。
そして夜7時前、 ぞろぞろと日本人グループ8人ほどが姿を現す。

ところがどこで見繕ったか、 男全員がタイ人の女性連れ。
よくぞバッティング(女性の取り合い)しなかったものと感心。
                 ☟
pict-P_20190920_190646_BF五郎 (1).jpg


矢印のオッサンだけはタイ人で、 ガイドかツアー会社の引率者。
ジッと目を光らせているように見える。

女性はみな見かけ30代、 20代の若い子はいない感じ。
化粧もほどほど、 ケバくなく静かに食べている。

日本人男性陣も騒ぐこともなく、 とてもマナー良く静かに飲食。
こんな光景を見た時、 ジジイは40年ほど前のバンコクを思い出した。

オリエンタルホテルから出航するクルーズ船で、 アユタユ観光。
20人ほどの日本人観光客はみな若いタイ人女性連れ。

朝から飲酒、 驚くほどにマナーが悪く、船内の雰囲気は目茶目茶。
日本人の恥さらしもいいとこだった。

このエピソードは、 本ブログ#279 、2015年6月19日掲載「バンコクの悪夢」 でお伝え済み。

それに比べ、 「五郎」 の団体さんはこれぞ日本紳士の鑑。
  (女性連れ云々は別として...)

40年を経て、 日本人オッサンたちは洗練されてきたのだ。

チェンマイ観光を楽しみ、 且つ女性もマン喫して戴きたいと思う。


それにしても30代のタイ人女性たち、 何処で調達したのか?







ジジイもこのツアーに参加したくなった。


チェンマイって ホントいいですね!

  (参考までに)
本ブログ#279 、2015年6月19日掲載を思い出して(再掲)。

                 ☟
チェンマイ独居老人の華麗なる生活‐279(バンコックの悪夢)


   紳士とは、大道で追いはぎを働かない人間、
      何人をも殺さない人間、
  つまり、その悪徳が破廉恥ではない人物のことである。

  
                           ラ・ブリュイエール(フランスのモラリスト)


独居老人、初めてタイを訪れたのは今から30数年前。
ジジイが30代半ばの頃、一人旅だった。

バンコック(空港)到着は夜の8時過ぎ。
その日は雨降り、ホテルの予約なし。

ガイドブック記載の適当なホテルの名を告げ、タクシーに乗り
込む。 暗い道のり、酔いが覚めるくらい緊張した記憶がある。


ある日の夜、偶然「オリエンタル・ホテル」の前を通ると、そこに
「アユタユ・クルーズツアー」の案内があった。

翌日の便を予約、ここから船に乗ってアユタユ観光である。

pict-pic1-mandarin-oriental-hotel-(formerly-oriental-bangkok).jpg
       人差し指サイン マンダリン・オリエンタルホテル。

             * *


翌朝ホテル側から船(デッキ)に上がると、直ぐ若いタイ人女性を
連れた日本人に出くわす。
一人のオッサン(50代後半か?)がジジイに話しかけた。

「あんた日本人?  これはどうしたの?」 と小指を立てる。

「いやー、私ひとりですよ」 とジジイ。

pict-DSCN6551.jpg
   ☝ ジジイに話しかけたオンナ連れのオッサンたち。 



船が出発して3時間ほど経った頃か、デッキから船室に下りて
驚いた。
中央通路を挟んで片側の座席には、日本人爺さん20数名が座席
を占有。 それも全員、若いタイ人女性と一緒に・・・・・・。

その内6、7名の爺さんは、ホテルのスリッパを履いたまま。
連れのタイ女性もスリッパ履きが数人。

爺さんと若い娼婦の集団カップル、前夜は如何にもナニをして・・、
そんな淫靡な雰囲気が漂う。



そろそろランチ、 団体客にビールが運ばれてくる。

「カンパーイ!  オッパーイ!」 

と叫びながら、連れのタイ人女性の胸を揉む。

正に日本人御一行の狂宴、大声で話しながら若い女の肩を抱いたり、太腿を触ったり。  まあ賑やかなこと・・・・・・・・・。


ではもう一方の座席にはどんな客が座っていたか。
個人ツアーの白人たち、それも夫婦連れが多い。

通路は1.5m位か、 仕切りがないので日本人グループの行状は
嫌でも分かる。

一人旅の独居老人、 香港からの新婚旅行客と偶々相席になり、
昼食は3人で食べる。

ジジイは新婚さんとの会話の中で、やはり口に出た。

「すみません、女連れの上に騒々しいですよね。
 静かな日本人ジェントルマンはたくさんいるんですが・・・・。
 今日は同じ日本人として恥ずかしいです」


香港の新婚さん、笑顔で応える。

「分かってます、 色々な人がおりますよ」

pict-DSCN6552.jpg
        ☝
左は新婚さんの奥さん、 右が30代のジジイ。
この写真右側のテーブル全席を日本人爺さん一行が陣取る。

思い出すと腹が立つ、 船中でのランチ光景。


            * *


今のチェンマイで中国人観光客に出くわすと、このクルーズが
思い浮かぶ。
でも中国人が偉い?のは、 娼婦連れの団体は見た事がない。

ジジイにとっての ”バンコックの悪夢クルーズ”。


かっては我々日本人も、中国人と同様のバッドマナーで嘲笑さ
れていたと思う。
”旅の恥は掻き捨て”、 こんな日本人が団体ツアーで海外へ。

 ”Sex Animal”、 今では死語に近いが・・・・。


爺さん連中が娼婦と表を歩く、船に乗る、食事をする、それを
とやかく言うつもりはない。

しかしやるなら静かに、一人か少人数で、目立たぬように・・。
それが最低のマナーだと思う。
                      

独居老人、”バンコックの悪夢” を他山の石としている。


娼婦とのデートは2人だけ、 街の中も  部屋の中も。





    これもダメ?


チェンマイって ホントいいですね!
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:40| Comment(2) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする