2019年09月10日

独居老人の生活1632(カラオケTwentyに行く)


  本ブログは下品で低劣な内容です。 
  紳士・淑女および18歳未満の方は、お読みにならないでください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1632(カラオケ20に行く)


  そうだ、 ジジイにはやる気はあった。

  無かったのは、 金と、 結局、女運だ。

                              チェンマイの独居老人


歩きながら、 或いは車を駆りながら、 人生の路上で何を拾い、 何に行きあうか、 これもまた人間の運、不運であり、 人生の彩に違いあるまい。

そして路上で拾ったものはやはり路上に棄てて、 人間は絶えず独りの自分を心がけ、 1人で人生の旅を急ぐべきなのだ。

すればこそ、 新しい邂逅もあり、 新しい発見もある。
アメリカのフォークにある。

「幾つの道を歩いたら、 俺は1人前の男になるのか。
 幾つの愛を棄てたら、 1人前の男になるのか。
 幾つの戦いを終えたら、 俺は1人前の男になるのか」

人間は往々路上で自分の人生を拾い、 そして路上に自分の人生を失って行くものだ。

と斯様に石原慎太郎は 「男の世界」 に書いている。

                * *

幾つのカラオケを歩いたら、 ジジイは1人前の男になるのか。
どれだけのカネを棄てたら、 1人前の爺になるのか。
幾つの H を終えたら、 ジジイは1人前の男になるのか。

ということで、 この日 行ったのは 「カラオケ20」。
ジジイが初めて行く店だ。 (地図はココ


友人2人と和食店 「五郎」 で夕飯を取った後、 Grabタクシー(80B)を呼び、 「カラオケ20」 へと向かう。

pict-P_20190908_210956_vHDR_On_pカラオケ20 (7).jpg
     ☝ R107沿い、 ランナーゴルフ場近くに位置する。



    店の入り口は建物の脇。
pict-P_20190908_210956_vHDR_On_pカラオケ20 (6).jpg
            ☝ 一緒に行った友人。


   こんなに綺麗なホステスが勢揃い。
pict-P_20190908_210956_vHDR_On_pカラオケ20 (5).jpg



この日は3人とも連れ出しの意欲(性欲)なし。
1人(69)は昼間にヤッたばかり。

また1人(71)は、 長年の恋人と明日 H の予定で精力温存。
ジジイ(74)は ”清く正しく美しい生活” が信条。

ということで、 連れ出し不可のホステス8人が並び、 そこからまず69歳が1人(28歳)を指名。

pict-P_20190908_210956_vHDR_On_pカラオケ20 (2).jpg



    続いて71歳がさっと26歳をチョイス。
pict-P_20190908_213813_vHDR_On_p.jpg



   最後にジジイが清楚な感じの29歳を指名。
pict-P_20190908_211709_vHDR_On_p_1.jpg
            ☝ 6歳の子持ちだとか。



  ジジイの太ももに優しく手をかけてくれる29歳。
pict-P_20190908_211524_vHDR_On_p.jpg  



  今度はしっかりジジイの手を握り締めてくれる。
pict-P_20190908_220943_vHDR_On_p.jpg
        ☝ ジジイは興奮して勃起した...は嘘。



  71歳は股間を掴まれ、 歓喜して悶える。
pict-P_20190908_210956_vHDR_On_pカラオケ20 (3).jpg
                 ☝
         「わー、 大きいのネ!」
        「勃てばビール大瓶くらいになるんだ」

         と法螺を吹く爺さん(71歳)。


   こうしてあっという間の1時間30分。
pict-P_20190908_210956_vHDR_On_pカラオケ20 (1).jpg


注文したビール大瓶は6本(3本セットになっている)。
ホステスにはドリンクなし、 同じくビールを飲んでいた。

勘定は1,100バーツ/人 + チップ。
前述の通り、 女の子の連れ出しはせず。

ちなみに連れ出した場合の金額を訊いたら、
「2時間で3,000バーツ、 泊りはありません」 と言う。

(注) 参考に訊いてみただけ。 実際は幾らか?
    お店でご確認ください。

アシスタントマネージャー:M. Fun
 Tel : 087 179 2208

店のTel : 053 217 770

              * *

こんな他愛のないチェンマイ、夜のカラオケ遊び。

ジジイにとって何年ぶりだろうか、
女の子と手と手を絡ませ合い、 彼女の太ももを撫で....

それだけで.....







あああー、 いい気持ち。


チェンマイって ホントいいですね! 
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:18| Comment(4) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする