2019年08月06日

独居老人の生活1600(国会議員の亡命)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1600(国会議員の亡命)


平壌・赤十字の高官が日本の精神病院を視察した。

 「なんでこの男はここに入ってるのかネ?」

  「亡命を企てたのです」

「亡命なら政治犯で刑務所だが...なぜ精神病院に入れたのか?」

 「こいつ、 北朝鮮に亡命しようとしたんです」


                * *

間もなく8月15日、 日本では戦没者慰霊祭が執り行われる。

チェンマイでも例年通り2ヵ所で開催、 いつも在チェンマイ日本総領事が出席されている。

イラク先遣隊のヒゲ隊長こと佐藤正久は現在参議院議員で、 2017年8月、外務副大臣に就任。

pict-佐藤正久外務副大臣が明かした.jpg
          ☝ 佐藤正久外務副大臣(58歳)

自衛隊出身の副大臣は、 今年も戦没者追悼式典に出席か。
国のために命を落とした多くの兵士、 戦争は誰だって望まない。

平和を守るための軍隊、 日本では自衛隊がある。

その自衛隊の存在が憲法ではあやふや、 佐藤副大臣が自衛隊の国軍化を主張するのは当然のことだ。


そんな自衛隊を今でも憎悪する国会議員がいるから驚きだ。
この先生は、 ご自身の Twitterにこう書いた。
                 ☟
「自衛隊員の母親の望みも虚しく、 自衛隊員は他国の子供を
 殺傷する恐怖の使徒になるのである」

こんな事を言うから、 現職自衛官と称する男から罵声を浴びる。
            「お前は国民の敵だ!」
                  ☟
pict-小西洋之参院議員2.jpg
      ☝ ジジイも思う、 「お前は日本人じゃない!」


国民の敵・小西 洋之(47歳)は、元郵政省出身の参議院議員。
東大教養卒 、 2010年に民主党公認で千葉県選挙区で初当選。

2014年、 自著を自費出版するのだが売れ行き悪し。
で、彼は自分で購入、 約319万を政治資金から支出して...

その翌年には、自著 「私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり」 約1200冊分を自分で購入、 その代金194万円を出版社に支払っている。

政治資金を使って自著を購入 → 選挙民に配るわけで、 隠れ選挙活動と言っていい。

こんな小西先生は2015年9月、 参院平和安全法制特別委員会の採決で大活躍。

小西先生は窓枠によじ登り、 背後から議長席に飛び込んだ。
鴻池祥肇委員長の議事進行を邪魔しようとしたのだ。
                   ☟
pict-佐藤正久外務副大臣.jpg
        ☝ 黄色の矢印が小西、 白が佐藤議員。


自民党議員などが議長席を取り囲みこれを阻止。
佐藤正久議員に妨害され、 小西先生は英雄になり損ねた。
                   ☟
pict-小西洋之参院議員.jpg
       ☝ 拳骨でジャンプを阻止する佐藤議員。


小西先生は 「殴られた」 と恨み骨髄。
で、その2年後の2017年8月、 復讐劇を開始する。

佐藤正久が外務副大臣の就任挨拶でこう述べた。

「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に務め、
 もって国民の負託にこたえる決意であります」

これに小西先生が因縁をつけた。

挨拶は自衛隊員の 「服務の宣誓」 の文言であり、憲法66条の文民条項の趣旨に反する暴言だ。

戦争を阻止するための外交に、 武力紛争の際の武人精神で臨むとする極めて不適切な発言..と罷免を要求。 

佐藤正久副大臣は、 ほんの1部を引用しただけ。

pict-DSCN5976.jpg
            ☝ 赤の 「 」 の部分を引用。


まさにイチャモンと言っていい。
小西先生が指摘する憲法66条文民条項は既に解決済みの問題。

2001年、 小泉内閣の時に、 中谷元防衛長官に対する質問主意書が出された。

元軍人(中谷元)の防衛長官は憲法66条文民条項にどうか..というもの。

答弁書は、 「現職の自衛官は文民に当たらないが、 退職者は文民」 と閣議決定。


文民の外務副大臣が自衛隊員の 「服務の宣誓」 を引用したところで、 何ら問題なし。

小西先生はここでも撃沈され英雄になれず。

                 * *

小西先生を一躍有名にしたのが 「亡命宣言」 だ。

2017年4月、 「共謀罪(テロ等準備罪)が成立すると本気で国外亡命を考えなければならなくなると覚悟している」 とツイート。

pict-小西ひろゆきの亡命.jpg


結果 ”共謀罪” (テロ等準備罪)が成立してしまった。
ならば小西先生は、 何処かの国に亡命...してるはず。

しかし現在も日本においでになる。
いつ亡命なさるか、 ジジイは楽しみに待っているのだが...


2015年3月の参議院予算委員会で、 集団的自衛権行使の問題に関し、 小西先生はこう発言して批判。

「憲法を何も分からない首相と、 それを支える外務官僚を中心とした狂信的な官僚集団」


日米安保、 集団的自衛権、 ”共謀罪”、 今日まで続いている。
戦争に巻き込まれる、 こそこそ話をしただけで逮捕される...

小西先生ら野党がこう言って批判したが、 な〜んも起こらない。
豊かで平和な日本、 戦後74年間、 保たれている。

そして今年も戦没者慰霊祭、 追悼の日が間もなくやって来る。


狂っているのは小西洋之先生のほうではないか?







早く北朝鮮にでも亡命しろ!


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:53| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする