2019年08月18日

独居老人の生活1611(復興した都市・前編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1611(復興した都市・前編)


  人間が唯一偉大であるのは、

  自分を越えるものと闘うからである。

                             アルベール・カミュ (フランスの作家)

我々の住む街は常に同じ景色ではない。
天災地変でも、 戦争でも街は破壊される。

それでも我々の先人は、 如何なる困難をも乗り越えてきた。
今日はそのような街の復興の歴史を辿ってみよう。


@ 広島。

昭和20年8月6日午前8時15分、 アメリカ軍は広島市に原子爆弾 「リトルボーイ」 を投下した。 人類史上初の核攻撃である。

pict-1945年8月6日に米軍が投下した原子爆弾.jpg



pict-広島3.jpg


この核攻撃により当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万〜16万6千人が、 被爆から2 - 4か月以内に死亡したいう。

原爆投下後の被爆者も含めると、 56万人が被爆したとされる。

1935年頃の広島の風景をどうぞ。
            ☟
https://www.youtube.com/watch?v=3w_B28g8qL8


瓦礫の山と化した広島は、 見事に復興を遂げた。
                  ☟
pict-広島.jpg


ちなみに原爆投下前に、 米軍は焼夷弾で大都市を爆撃している。
こちらの被害も悲惨だった。

・1945年3月10日 :東京大空襲
・1945年3月12日 :名古屋大空襲
・1945年3月13日 :大阪大空襲
・1945年3月17日 :神戸大空襲など、

その他の都市を含め、 大空襲は1945年まで続いた。
下は大阪への大空襲、 西心斎橋から南方向を見る。
                 ☟
pict-高島屋大阪店1945年3月.jpg
     ☝ 後方の右寄りに見えるのが高島屋大阪店。


  ********************


A ベルリン。

1940年に始まったイギリス軍によるベルリン空襲。
1943年以降はイギリス軍が夜間空襲を、 アメリカ空軍が昼間に爆撃。

1945年4月16日、 ソビエト軍がベルリンに攻撃開始。
ヒトラーは総統地下壕において自殺、 国会議事堂も陥落した。

   pict-ベルリン陥落 1945.jpg
     ☝ この本は秀逸、 実に面白かった。(白水社)



   空襲や赤軍の攻撃で荒廃したベルリン市街。
 pict-荒廃したベルリン(1945年6月3日)2.jpg
            ☝ 1945年6月に撮影。



下の写真は普仏戦争後(1871年)のパレード、 ブランデンブルク門は威容を誇った
                 ☟
pict-1871年、普仏戦争後のパレード.jpg



  それも空襲や赤軍の攻撃で無残なものに・・
pict-イギリス空軍の爆撃やソビエト赤軍.jpg



   死傷者の世話をする人々。
pict-☆ベルリンの戦い.jpg



  それから74年、 今では人気の観光スポットだ。
pict-ベルリン.jpg
              ☝ ブランデンブルク門。


  *******************

B 福井市。

戦争でなくても都市は破壊される。

それが天災地変で、 最近では熊本地震(2016年)、 東日本大震災(2011年)、 阪神・淡路大震災(1995年)などだ。

戦後初の巨大地震に見舞われたのが福井大地震(昭和23年)。
やっと終戦、 これからという希望に悪夢が襲った。

死者 約3,800人、 負傷者 約22,200人、 全壊率 79.0%、
焼失面積 641,440坪に及んだ。

    福井市内。
pict-1948年6月28日 地震発生.jpg



  1937年建設の大和百貨店も壊滅。
pict-地震直後の大和百貨店.jpg



pict-大和デパートで1937年に建設.jpg



  北陸本線九頭竜鉄橋もズタズタに・・
pict-九頭龍川鉄橋.jpg


福井地震の模様をビデオでどうぞ!
            ☟
https://www.youtube.com/watch?v=AEZfL6-n-F4


不死鳥・福井と呼ばれるほどに復興した。
   かって大和百貨店があった場所。
pict-大和デパートで1937年に建設2.jpg



   そして九頭竜鉄橋も勿論復活。
pict-九頭竜川鉄橋2.jpg



福井市内を眺望、 下部の赤い〇印が大和百貨店があった場所。
                   ☟
pict-福井市中央公園.jpg


戦争、 そして大震災、 打たれて倒されても蘇えるパワー。

みんな負けずにやってきた。


一方、 タイはさほどの戦争被害もなく、 大地震もなかった。
せいぜいあって洪水に襲われた程度。

バンコクもチェンマイも、 着実に発展し続けている。
今ではバンコクの繁華街になったスクンビット通り。

ナナホテルのあるスクンビット Soi 4 を南に見たところ。
                  ☟
pict-DSCN6053.jpg



この界隈の40数年前は、 のどかな住宅街だった。
                  ☟
pict-1976年のスクンビット・ソイ4.jpg
         ☝ スクンビット・Soi 4 (1976年)


広島、 ベルリン、 福井は戦争や天災地変から復興・発展。

バンコクは後進国から発展し、 今や世界有数の大都市に....

街は活気づいて益々成長していく。


ジジイのような老人は...






衰えるだけ。 


チェンマイって ホントいいですね!


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:56| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

独居老人の生活1610(小川でランチ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1610(小川でランチ)


 どこかに涼やかな河が流れていれば、
 旅人たちが必ず寄ってくる。

 彼らは河のほとりで水を浴びたり、
 飲んだり、 安心してくつろぎ、楽しむ。

 誠実な良き人はこの河のようである。
 良き人を疑ったり警戒する者はいない。

 皆、仲良く友だちになりたいと願う。
良き人は楽しみ(利)を与え、苦しみ(害)は与えないからだ。

                            タパニー・ナーコンタップ (タイの詩人)


@ エンドレスの道路工事。

今、チェンマイ在住の日本人の間でも話題にあがるのが、 一向に終わりそうにない道路工事。

その道路はR118、 チェンマイとチェンライ結ぶ幹線道路で、 場所は温泉で知られるドイサケット地区。

pict-Chiang Rai Road construction.jpg


工事完成はいつ?  メディアでも活発に取り上げている。
晴れの日は、 車がそこを走れば埃まみれ。

現在は雨期、 雨の中をバイクが走って事故多発。
お天気に関係なく、 1番困るのはノロノロ運転での交通渋滞。

人々ができるだけ早い完成を要求するのは当然だ。

工事契約は2017年3月14日にスタートし、 工事完了は2018年12月3日の予定。

工事は9.2kmの距離、 予算は6憶3400万バーツ(約22億円)。

しかし納期遅れのため、 請負業者は2018年12月27日現在で、
遅延1日につき150万バーツの罰金が科せられる。

工事を如何に早めるか、 当局からの発表はまだ何もない。


晴天に車で走れば埃だらけ、 雨天でなら泥だらけになる。
如何にもタイらしい建設工事、 年内に終わるかな?


  *********************


A 韓国人ババァ、 逮捕される。

イミグレ警察は、 通称パークと呼ばれる韓国人ババァを逮捕。
パークは詐欺行為で韓国当局から起訴されていた。

pict-Korean Auntie.jpg

ババァはタイに逃亡、 身を隠して住んでいた。
韓国当局はタイ警察に情報を添えて逮捕を依頼。

捜査の結果、 チェンライに潜んでいたババァを見つけ出した。
ババァは韓国の会社に長年勤務、 その間に会社の金を騙し取る。

詐取したカネは4憶4千万ウォン(約4000万円)に上る。


よくぞやったりチェンライ警察、 お見事!
こんなババァは1年でもいい、 タイの刑務所にぶち込んで欲しい。


  *********************


B この日のランチ。

天気は晴れ、 ランチはメーリムのお洒落なタイレストランへ...
店名 「Hong Beach」  (地図はココ

   入り口の目印はこの看板。
pict-DSCN5846.jpg



   坂を上れば店に突き当たる。
pict-DSCN5844.jpg



   テーブルは小川の上、 中、 傍にある。
pict-DSCN5834.jpg



   水に浸かりながらのお食事はまた格別?
pict-DSCN5836.jpg
                  ☝
この川にワニが現れたらさぞかし....
ワニそっくりの模型を流せば、 客ははしゃいで喜ぶだろう。



   カウンターで食べてもいいね。
pict-DSCN5835.jpg



   この席で2人だけ、 恋人同士は別世界。
pict-DSCN5838.jpg



  雰囲気だけじゃない、 お味もいける。
  メニューはタイ語表示だけ、 でも何とかなるもの。
pict-DSCN5840.jpg
               ☝ 野菜炒め。



     ポーク。
pict-DSCN5841.jpg



     貝とソムタム。
pict-DSCN5842.jpg

他に注文したのは、 トリの唐揚げ、 ライス、 水。

ビールは店にないのではと心配し、 ジジイが持ち込んだ。
 (注)ビールはメニューにあります。

料理5品と水などを含め、 勘定は400バーツ。
3人で行ったので、 133バーツ/人の支払い。

定休日なし、 営業は10:00〜19:00、 駐車場あり。
ジジイたちが行った日は、 中国人や白人客は皆無だった。


チェンマイ市内から車で3、40分も走れば、 自然に親しみながら
食事ができる。

タイ人はみな、 静かに喋りながらゆったりと食事を楽しむ。

カオソイやカオマンガイも美味しいが、 たまにはこのような雰囲気もいいと思う。





これぞチェンマイ暮らしの醍醐味だ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:01| Comment(2) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

独居老人の生活1609(女たちの闘い-3:クルド人)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1609(女たちの闘い-3)


 我々が自分の持つ恐れから自らを解放するとき、

 我々の存在は、 同時に他の人々をも

 解放することができるのである。

                       ネルソン・マンデラ (南アフリカ共和国の政治家)


昨日はチェンマイの2ヵ所で 「戦没者追悼式典」 が開催された。
1945年に終戦(敗戦)を迎え、 その後74年は平和な日本に...

平和憲法があり、 反戦を誓い、平和を祈ったから戦争がなかった、 こう信じるおめでたい人もたくさんいる。

ならば世界の国々が日本と同様にすれば、 戦争は起こらず、平和な地球になるはず..なのだが....

お洒落してグルメや旅行を楽しむ大勢の日本人女性。
日本に生まれて良かったと、 どれだけの人が思っているだろうか。

                * *

クルド人(英語: Kurds)は、 中東のクルディスタンに住むイラン系山岳民族である。

トルコ・イラク北部・イラン北西部・シリア北東部等、 中東の各国に広くまたがる形で分布。

独自の国家を持たない世界最大の民族集団である。
人口は2,500万〜3,000万人といわれている。

軍事組織もあり、 それが2003年結成の 「人民防衛隊」(YPG)。
その40パーセントが女性戦闘員だ。

YPGの総数は約14,000人なので、 約5,600人近くが女性戦闘員ということになる。

彼女らは地元出身、 徴兵ではなく町の防衛ために志願して入隊。
銃の使い方などの訓練をへて、 各所へ配置される。

それが2012年設立のクルド女性防衛部隊(YPJ)で、 YPGの女性部隊として大活躍する。

つまりYPGとYPJは、 クルド人が多数を占めるシリア北部を事実上統治するクルド人の武装部門である。

YPJは国際社会から何の資金も受け取っていない。
クルドコミュニティが女性兵士に補給品と食料を提供。


シリア北部とトルコの国境にクルド人が統治する都市がある。
                    ☟
 pict-コバニ地図.jpg
       ☝ 地図の上部(北)の地域がクルドの住む町。
         そこの赤の丸印がコバニ市。

               * *

YPJ (クルド女性防衛部隊)がその名を世界に知らしめたのがクルド人の拠点都市・コバニ(アイン・アル=アラブ)の闘いである。

   pict-クルドでは女性部隊.png2.jpg
       ☝ 「TIME」 誌に登場したYPJ 兵士。


2014年7月、イスラム過激派組織 IS(イスラム国)はコバニとその周辺居住地域へ進撃を開始した。
                   ☟
pict-イスラム国.jpg
             ☝ IS のイメージ画像。
           

強力なISに対して、 武器の乏しいYPGが対抗する。
しかし、 劣勢でクルド人の武装組織が陣地から撤収。

トルコ政府はコバニなどから避難してくるクルド人住民の急増を受け、 国境を開放。

ほぼ2ヵ月間(9月21日)で、 ISはコバニ周辺の村を制圧。
この時点でトルコに越境したクルド人避難民の数は10万人を超えたという。

IS侵攻を阻止するため、 アメリカ空軍が空爆開始。
この援護によって YPG と YPJ は息を吹き返した。

2015年1月26日、 ISがコバニから撤退、 YPGは街を奪還したと宣言。

pict-イスラム国から奪還した町コバニ.jpg

                * *

「イスラム国」 は勿論、 イスラム教徒の男性は女性に殺されることを極端に恐れる。

『女性兵士に殺されると天国に行けない』 と信じているから。

ジハード(聖戦)で死ねば天国に行けるというのに、 女性に殺されたら地獄へか。 で、戦闘ではこうなった。

IS の兵士は、 YPJ 兵士の姿を見ると逃げ出したとか。
クルド人女性1人で IS兵士を20〜30人、 倒したそうな。

コバニ市における対ISの戦闘で、 YPJ の女性兵士は生命線であったのだ。 (15秒)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=0tNcI_Hmm7Y

                * *

YPJ (クルド女性防衛部隊)の兵士は比較的若い女性が多い。
では、 コバニ周辺と彼女らの勇ましくも美しい姿をどうぞ!

   笑顔が美しく、 明るい感じ。
pict-ネスリン・アブドラー( Nesrin Abdullah )YPJ 最高司令官.jpg



  男性兵士と同じ、 武器を持って歩くYPJ 兵士。
pict-コバネのYPJのメンバー.jpg



  彼女たちがISの侵略と闘ったのだ。
pict-コバニ陥落とクルド人女性兵士.jpg



  屈託のない笑い、 戦闘の合間か。
pict-クルド人が防衛隊2.jpg



  YPGとYPJの兵士。
pict-YPGおよびYPJの戦闘員.jpg



   郊外をパトロールする女性兵士たち。
    (この写真を含め、 以下7枚はNewsweek誌より)
pict-DSCN5881.jpg



コバニにある破壊された IS の戦車の残骸で遊ぶ子供(2016年)
                  ☟
pict-DSCN5882.jpg



    手にグラネードランチャーを握る兵士。
  pict-DSCN5883.jpg



   燃え上がる油田の近くに立つ子供と保護者。
pict-DSCN5884.jpg



イラクのマフルームにある避難民キャンプ近くの塹壕地帯。
                  ☟
pict-DSCN5885.jpg



戦闘に身を捧げた女性兵士たちを記念して建てられた巨大な像。
この像がコバニの街を見下ろしている。

pict-DSCN5886.jpg



打ち捨てられた IS の基地の中で談笑する女性兵士。
  (2015年11月撮影)
pict-DSCN5887.jpg
         ☝ 恋愛の話でもしてるのかな?

                * *


コバニ奪還後、 オランド仏大統領は YPJのネスリン・アブドゥッラー司令官ら女性2人をパリのエリゼ宮に招待。

YPJ司令官とオランド仏大統領との会談.png
                ☝
彼女らは、 それぞれ軍服と民族衣装で会談に出席。
会談では、 武器等の兵站支援をフランスに求めたという。


では IS 対 YPJ、 コバニ市の模様をビデオでどうぞ。 (23分)
                  ☟
https://www.youtube.com/watch?v=s3NyuIPfiIM


IS(イスラム国)のコバニ進撃開始は今からたった5年前のこと。
クルドの女性たちは命をかけて戦った。 

自らの意志で、 自分たちの街を守るために。
一方の日本、 平和でのどか、 女性が闘ってもこの程度。
                  ☟
pict-女性差別なくそう.jpg
         ☝ 女性差別をなくしましょう!



クルド女性防衛部隊(YPJ)の女性兵士の言葉が印象的だ。

「私たちは、 政府に頼ることなく、 自分たちで地域を守る必要
 がある。 政府はISISから私たちを守ることができない。

 私たちは自分たちを、そして皆を守らないといけない。
 人種や宗教は関係ない」


日本の女性たちが守ってるものって、 何だろう?

「あーせい、 こーせい.....」





国に要求する権利だけ...かもな。


チェンマイって ホントいいですね!


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:46| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする