2019年07月31日

独居老人の生活1595(盟友逝く)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1595(盟友逝く)


 りっぱな死に方を心得ていない人間というのは、

 生前の生きざまが悪かった人間である。

                          トマス・フラー (17世紀のイギリスの聖職者・作家)

本ブログでは、過去数回にわたりパタヤ旅行の模様をお伝えした。

加えて ”ヤンゴンの切腹” (#159、 2015年1月15日掲載)では、 その恥ずかしい顛末をテーマにした。

これら旅行の団長を務め、 ジジイたちを指導してくださった爺さんが西さん(昭和15年生まれ、 仮名)だ。

pict-DSCN7951.jpg
                   ☝
 2016年8月、 パタヤの桟橋で、 左が西さん、 右が日野さん。


その西さんが今年7月20日、 あの世へと....(享年79)
死因は虚血性心疾患急性心筋梗塞、 心臓麻痺というやつか。

急性とあるように、 突然に襲われてあっという間に...
西さんはとてもお元気だった。

今年7月上旬、 ミャンマー経済視察団・団長としてヤンゴンに赴き、 観光情勢を実地調査されたばかり。

ジジイも誘われたが、 6月から胃の調子が悪くて断念。
友人の日野さん(70、 仮名)がチェンマイから飛んで合流。

「11月、チェンマイに行くよ」 と話されていたのだが...

西さんは真面目な爺さんで愛妻家(奥さまは日本人)。
10数年居住のチェンマイでは奥さまとご一緒に仲睦まじく...

だからか、 愛人は一切持たなかった。
ゴーゴーバーなどのプロ専門で、 遊び方はとても綺麗。

pict-DSCN7938.jpg


20バーツ札を数10枚用意し、 おねえちゃんのオッパイを触るごとに渡す。
なので何人ものおねえちゃんが席にやって来た。

おねえちゃんを連れ出すと、 部屋で一緒にビールを飲む。
日本から持参したツマミを食べ、 彼女の乳や太ももを触る。

pict-DSCN7937.jpg


ジジイと同じで巨乳がお好きな爺さんだった。
そんな西さんは、 ヤンゴンから帰国してほぼ1週間後に死去。


理想的な死に方をなさったと思う。

ボケもせず、 ガンなどを患うこともなく、 寝たきりにもならず、 周りに迷惑をかけず、 日本でピンピンコロリ。

ヤンゴンでコロリといってたら、 ご家族は大変だったろう。

羨ましいりっぱな最期、 欲を言えばせめてあと5年、 お元気でいてほしかった。

西さんと最後にお会いしたのは今年5月5日、 東京でのランチ。
いろいろと思い出が蘇る。

チェンマイで数年前、 奥さまを交えて食事をご一緒した時、 ジジイはこう言った。

「西さんはお酒が大好き、 でも若い女には興味なしだから」

奥さまは笑いながら.....






「気を遣って戴き、 ありがとうございます」


ご冥福をお祈りします。  寂しいネ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:18| Comment(6) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする