2019年07月01日

独居老人の生活1566(息子よ 永遠なれ!)


   本ブログは下品で低劣な内容です。 
   紳士・淑女および18歳未満の方は、ご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1566(息子よ 永遠なれ!)


  人は信念とともに若く、 疑惑とともに老いる。

  人は自信とともに若く、 恐怖とともに老いる。

  希望ある限り若く、 失望とともに老い朽ちる。

                              サミュエル・ウルマン (米国の実業家・詩人)


ジジイは50代で既にED、 つまり勃起障害。
正直言って、 SEXはもうできないものと諦めたていた。

それがチェンマイで暮らし始め、 友人の勧めでバイアグラ(ジェネリック)を服用 → 我がムスコは蘇る。

イエス・キリストは刑死の3日後に死者の中から蘇り、 弟子たちの前に現れた...これが復活で、 キリスト教の根本的教理となる。

我がムスコの復活は、 スケベ心の基本的支えになっている。
本ブログでは、 これまでに何回かEDを取り上げた。

いくつかのED治療薬(バイア)を掲載したこともある。
陰茎に注射し、 数時間勃起状態を保つ治療法もご案内した。

ということで今日は、 「テストステロン補充療法」 のご紹介。

              * *

ジジイはなぜEDになったか。

それは加齢によって男性ホルモン=テストステロンの分泌が不足 → 人体で最も細い陰茎動脈が硬化 → 血流悪化 → EDに...


ある泌尿器科の専門医が言う。

バイアグラは勃起させるテストステロンが足りないのに、無理やり勃たせようとする。

しかし薬ではなく、 患者の体内に直接テストステロンを補充(注射)し、ED症状を緩和する治療方法がある。

健康保険適用(3割負担)なら、 1回の注射で2,000〜5,000円程度(初診料別途)。

2〜4週間置きに注射剤投与し、症状や状態を見ながらテストステロンの量や期間を決める。

個人差はあるが、 多くのED患者は治療開始から3〜4ヶ月後には改善を実感(朝勃ちあり)。

1年後には以前の元気な状態にまで回復、 2年以内に治療終了のケースが多いという。

(注) 患者の100%が完治..ということではない由。

既に海外では一般的な治療法とか。

               * *

しかしテストステロン補充療法、 治療を受けられない人がいる。

前立腺ガン、 多血症、 睡眠時無呼吸症候群などがある場合だ。

但し、この療法によって前立腺ガンが発生するわけではない。


注射剤以外にも、 経皮吸収剤(軟膏・ゲル)や経口薬、 貼り薬による治療法もある。

世界で一番多く使われているのが経皮吸収剤で、 「テストステロン・ゲル」という薬。

   pict-pict-テストステロン・ゲル.jpg

自宅で簡単にできるため人気があるが、 日本ではまだ軟膏や経口薬に関しては保険適用外と聞く。

               * *

しかしながらテストステロン補充だけに頼っていては、 精力増強には今一歩。

生活習慣も大切だという。

・眠りのリズムを整える。
・有酸素運動=ウォーキング、 ヨガ、 ストレッチ、 スクワットなどをする。


加えて食事が大事。
・インスタント食品やコンビニ食など、 食品添加物を避ける。

・良質なタンパク質や食物繊維、 カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、 鉄分や亜鉛をとる。


ちなみにジジイが精力増強のために食べているのがナッツ類。
アーモンド、 カシューナッツ、 ピスタチオス、 クルミを毎日5粒ずつ。
pict-pict-5大ナッツ.jpg

他にゴマも精力の維持・増強には有効とか。
ナッツ類にしても食べ過ぎは逆効果、 数種あわせて手のひらに載る程度で十分。

(注) 本ブログは情報のみ、 お試しは自己責任でお願いします。

               * *

一方で、そんな面倒なことまでして勃たせなくてイイ..というご老人がいらっしゃるかも。

そんな方のために 「週刊現代」 今週号が説いている。

”セックスは入れて、 果ててこそ完結..そんな発想はもう古い!
60過ぎたら別の愉しみ方がある、 過去のヤリ方にこだわるな”

その例を挙げよう。

勃たなくていい、 イカなくていい。

花鳥風月を愛でるように、 ゆっくりと流れる時間を愉しみながら、 愛するパートナーと溶け合うように1つになる、 そんなセックスもあるという。

一緒に風呂に入り、 お互いで洗いっこする。
チンコ、 割れ目を丹念に洗い合うのだ。

一瞬の快感を求めるよりも、 たっぷりと愛撫しあい、 抱き締めあって精神的な充足感を得る。

これが大人・老人のセックスなんだとか。

pict-老人セックス.jpg

爺さんは 「あなた、息が臭い、 体臭もひどいわ」 って言われそうだが...

あなたは70歳、 次のような女性の裸体を隅々まで舐め尽くし、 たっぷり愛撫、 2人は情熱的に抱き合う。


                ☟




                ☟




  pict-pict-タイ人婆さんビキニ.jpg
                ☝
   抱き締めあって精神的な充足感を得るのも大変だわ。



                * *

こちらの例は再婚同士で、 男65、 女52歳の夫婦。
ヤリ方は、 官能小説を一緒に音読しあう。

段落ごとに交代で読み上げていく。
小説だから口に出せる → 卑猥な言葉で刺激しあうのだ。

”熱い舌で念入りに2つの睾丸を転がし、 肉棒の裏を唾液まみれにした”

”尻の谷間を舐め、 肛門にヌルっと舌先を潜り込ませる”
                                               (週刊現代から引用)

「こんな事までするのかしら...」 と驚き、 じわじわ脳から快楽的物質が出てくるそうな。

こうなるともう変態夫婦って感じだが....
そして読了後、 小説と同じようにヤッてみるのか。

              * *

ウッヒャー、 ジジイは御免だわ。
どんなに若い美女でも、 肛門なんぞ とても舐められない。

もし舐めてるときに、 ブッと放屁されたらどうしてくれる。


将棋の米長邦雄名人(享年69)は、 「指と口があれば、女をイカすことができる」 と豪語した。

ジジイも十分理解できる。

しかし俺は男だ。







我がムスコよ、 永遠なれ! ........と願っている。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:13| Comment(4) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする