2019年07月09日

独居老人の生活1574(言語の力-2)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1574(言葉の力-2)


  私は、 今日、 引退を致しますが、

  我が巨人軍は永久に不滅です!

                          長嶋茂雄 (引退セレモニーでの挨拶)


以前、 本ブログで取り上げたのが長嶋茂雄語録。
だがミスターにはまだまだエピソードがあったのだ。

今日はそんなミスタージャイアンツをお楽しみください。

   pict-長嶋.jpg


@ 長嶋がゴルフ場へ行った時のこと。

ゴルフ場近くの農家の人が 「長嶋さんにプレゼントしたい」 と
山から採ってきた山芋を差し出す。

「こんなに長い山芋は滅多に採れないんです。
 どうぞ受け取ってください」

そしたらミスター、 「どうもありがとうございます」 と言いながら、
膝で山芋をパキッと2つに折って車のトランクに放り込んだ。

そして颯爽と帰っていったという。

                 * *

A 長嶋がレポーターになった時。

有名ゴルフ大会のレポーターを任されたミスター。

「今日の風はこんなに強いんですよ」 と

芝をむしって飛ばして見せた。

ミスターは風向きを考えていなかった。
芝が全部、 ブワッと自分の顔にかかっちゃた。


そのあと長嶋の後ろにいるギャラリーが、 カメラに向かって手を振ったり、 ピースしたりと大はしゃぎ。

カメラマンが 「後ろ、 しゃがめ、 しゃがめ!」 と手で合図。
と、長嶋はいの一番にしゃがみ込んでそのままレポート。

                 * *

B トライアスロン大会のスターターを任された時。

その日はあいにくの雨。

長嶋がスタートのピストルを撃ったが、 雨でシケちゃってるから音が鳴らない。

何回か引き金をひくが、 それでも鳴らない。
困ったミスター、 口で叫ぶ。

「ドーン!  ドーン!  皆さん、ドーンですよ!」

               * *

C 現役の頃、 若手選手に車の運転を頼む。

走行中、 「そこを左折してくれ」 と言ったが、 言うのが遅くて交差点を通り過ぎてしまう。

仕方なく若手選手はしばらく行って U-ターン。
さっきの交差点に戻って来た。  そしたらミスター、

「ほら、 今度こそ左折だ」

U-ターンして来たのだから右折、 若手選手は戸惑ったという。

                * *

D 長嶋がデート中のこと。

独身のミスターがデートしてたら、 記者たちにしつこく追いかけられた。 

頭にきて一言。

「いい加減にしてよ、 僕にもデモクラシーがあるんだ!」

               * *

E 握手を求めたファンが長嶋に言う。

「私、 長嶋さんと同じ誕生日なんです」

するとミスターは、
「へー、 で、 あなたの誕生日はいつなんですか?」

               * *

F 長嶋が現役の頃。

巨人の同僚選手・富田勝が、 「カーブの打ち方を教えてくれ」

こう言われたミスター、
「球が来た、 曲がった、 打て」 と教えた。

               * *

G 同じく現役の頃。

試合終了後、 銀座に飲みに行ったことを記者団に聞かれ、

「午前2時に寝て5時に起きる。
 僕は5時間寝れば十分なんです」

               * *

H 同じく現役の頃。

「ホテルに帰って、 シャワー食べて、
 うどんを浴びたらもう12時だった」

これもミスターの単なる言い間違い。

               * *

I 同じく現役の頃。

「今年初めての開幕戦で.....」

               * *

J 長嶋が監督時代のこと。

ピンチを迎え、 ミスターはマウンドへ行く。
そしてピッチャーにこうアドバイス。

「カーブでカウントを稼いで、 決め球はカーブだ!」

               * *

K 同じく監督時代。

「代打、 後藤」 と主審に告げる。

そのとき後藤は、 代走で出塁中だった。

               * *

L 長嶋が解説者時代の頃。

緊迫した試合の流れについて、 アナウンサーから聞かれて一言。

「この試合は1点でも多く取った方が勝ちでしょうね」

               * *

M 長嶋がレストランに行った時。

ミスターが鶏肉料理を頼んでこう言った。

「アイ アム チキン」  
                            (週刊ポストから引用)

               * *

今後、微力ではありますが、 巨人軍の新しい歴史の発展のために、 栄光ある巨人が明日の勝利のために、

今日まで皆様方から頂いたご支援、 ご声援を糧としまして、
さらに前進して行く覚悟でございます。

長い間皆さん、 本当にありがとうございました。 

   pict-長嶋茂雄、引退。後楽園1974年10月14日.jpg
     ☝ 長嶋茂雄、 後楽園1974年10月14日)






長嶋って ホント いいですね!

 <追記>
本ブログ#1315(2018年10月5日)でお届けした長嶋語録。
まだお読みでない皆さま、 以下に再掲しましたのでどうぞ!

             * *

長嶋が数え年61歳の時に放った言葉。

「エー、 初めて還暦を迎えまして....」

                *

ミスターは 「好きな四文字熟語を」 と言われ、 渡された色紙に
こう書いた。

 「長嶋茂雄」
                *

駅でたまたま新婚旅行客の一団と一緒になり、 何か言葉をかけてあげてと言われて...

 「皆さん、 がんばってください」

                *

「キューバもアイアンからウッドに変わって.....」

金属バットから木製バットになった時の長嶋発言。

                *

「長嶋さんの打撃論は?」 と記者に問われ、

「打つべきときに、 打つべき球を打つ」  とてもシンプル。

                *

千葉・佐倉出身の長嶋茂雄が対談で.....

「どうして千葉からいい選手が出るんですかね?」 の質問。

ミスタージャイアンツは、

 「東京に近いからねエ」

よく分からないのがミスターの持ち味だった。

                 *

ペナント争いのシーズン中、 誕生日にホームランを打った選手に

「凄いな、 俺はバースデイアーチ、 打ったことないよ」

ちなみに長嶋の誕生日は2月20日、 まだキャンプ中。

                 *

長嶋が巨人の監督時代に....

「ジャイアンツの監督は大変ですよ、
 毎日がジャイアンツ戦ですから」

                 *

オープン戦が終わりいよいよ開幕、 抱負を訊かれた長嶋監督、

 「開幕10試合を7勝4敗でいきたい」

                 *

長嶋監督が、 ピンチヒッターに耳元で指示。

 「打つとみせかけてヒッティングしろ」 

どうすりゃいいんだろ?

                 *

主審にピンチヒッターを告げに行く。
この時バントの構えをしながら、

「代打、 バント土井」   主審も泡食ったろう。

                 *

試合開始前に予想を訊かれ、

「伯仲してます、 一点でも多くとった方が勝つでしょうネ」

                 *

「野球の勝負は家に帰って風呂に入るまでわかりません」
                   ☟
pict-「勝負は家に帰って風呂.jpg

                 *

長嶋がスランプの打者にバッティング指導をした。

 「来た球を打て!」
                 *

デーブ大久保が長嶋監督に、

「監督、少しスィングがおかしいので見て貰えますか」 と素振り。

監督 「うーん、 どれどれ」

バットを持ってしばらく素振り。  大久保にバットを返して

 「どうだった?  オレのスウィング」

                 *

ミスター主催の少年野球教室にて...

「球がこうスッと来るだろ、 そこをグゥーッと構えて腰を
 ガッとする、 あとはバァッといってガーンと打つんだ」

                 *

槇原投手が完全試合継続中に、

「槇原が緊張するからパーフェクトと言ってはダメだぞ」

と槇原の横で言う。
                *

サヨナラ勝ちをした後のインタビューでコメント。

「いやぁ興奮を通り越してエキサイティングしました!」
 
                           以上。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:45| Comment(0) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

独居老人の生活1573(女性読者と2人でランチ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1573
                         (女性読者と2人でランチ)


  美人なるものは、 目には極楽、

  心には地獄、 財布には煉獄である。

                               フォントネル (フランスの著述家)


ジジイが独居老人ブログを書き始めて早や5年経過。
その間、 「お会いしたい」 という読者も現れる。

先ほど数えてみたら、 11人の方からお誘い戴いた。
こんな事を書くと申し訳ないが、 暇つぶしの絶好の機会。

で、10人の読者にお目にかかった次第。
お一人、 「青」 さんの時だけはジジイが日本滞在中でダメ、 代理で友人に行って貰った。

後日、 その友人が撮った写真を見たら 「青」 さんは美女。
滅多にないチャンスを逸し、 悔しい思いをした。

残り9人は全て爺さん、 その9人には共通点がある。
どういう訳かジジイが仰天するような助平、 女性が大好き。

ま、 女が嫌いという男はチェンマイには来ないんだろう。
スケベだが9人とも好人物、 これも共通点。

               * *

お会いした10人中、 1人だけ女性がいらした。
「雪」 さんという中国人の方。

しかし日本滞在が長く、 日本語ペラペラ読み書きOK、 日本に詳しい美女。

お会いした時、 ご亭主(中国人の僧侶)が用心棒として付き添い無言でガード。

残念ながら、 雪さんご夫婦は1年ほどのチェンマイ生活の後、 中国へ戻られた。

ということで、 女性読者と2人だけで会ったことは1度もなし。


ところが昨日(7月7日)、 それが11人目で実現したのである。
奇(く)しくも七夕、 ジジイが長年待っていた織姫が現れた。

   pict-織姫.jpg

コメントの書き方から、 「あの人は女性じゃないの」 と言う友人や読者(コメント)が数人。

中には、 「30歳前後なら俺もすぐ行く、 連絡して..」 と言う厚かましい友人もいた。

「え〜女性かな?」 とジジイは思ったが、 一昨日、ご本人の名前を読んで女性と確信。

xx子と書かれていたからだ。
但し、 宿泊先が高級ホテル、 ジジイの財布ではとても無理。

ここで、 20〜30代の女性じゃないと推測。
若い女性はあんな高いホテルを選ばない。

しかし性別・年齢に関係なく、 チェンマイのことでお手伝いできるならジジイの喜び。

そりゃあ20代の美女なら最高に嬉しいが....

                * *

てなわけで昨日の12時半、 宿泊するホテルに出向いた次第。
約束時刻より5分早く到着、 彼女は既にロビーで待っていた。

容貌を云々するのは失礼だが、 お世辞抜きで美人。
淑やかに話され気品が漂う。

チェンマイは今回が初めてではなく、 以前にロングステイもされたという。

「ホテルには3泊、 その間に台所付きアパートを探したい。
 料理もしたいから.... 2ヵ月間ほど滞在予定です」


ホテル近くのタイレストランへ徒歩で移動。
ジジイはバイクで来たが、 ホテルの駐車場に置いて行く。

「私は飲めるんです、 ビールもワインも大好き」

と言って彼女はBeer Chang大瓶をオーダー。
食べながら、 軽く1本 空ける。

「私は未亡人、 遺族年金 もらってるんです。
 主人の死後 嫁ぎ先を離れ、 実家に戻りました」

当然ながら、 遺産も入ってきただろう。
だからかスペインを旅したり、 タイでロングステイもOKだ。


昨日はタイ語不要、 日本語で会話が楽しめる。
ジジイが浮かれるのも致し方ない。

ジジイはビール大瓶2本、 瞬く間に空けた。
滅多にないこと...日本語で女性とお喋り、 ブログのお陰だ。

彼女の写真をお見せしたいのだが、 了解が得られず。
で、こんな感じということで、 次の有名人3人を混ぜた顔。

      日テレ・笛吹雅子アナ。
   pict-笛吹雅子2.jpg
     


      じゅんとネネ(右側)
   pict-じゅんとネネ.jpg



      テレ朝・大下容子アナ。
   pict-テレビ朝日.jpg

以上、 この3人を混ぜれば彼女の顔になる。

「歳は訊かないでください」 と言う彼女。

「ブログで30代後半って書いときますよ」

「それはチョッと無理無理....」


彼女はレストランで空心菜炒めと海老焼きを注文。
その時ジジイが言った。

「空心菜はタイ語でパットブン、 覚えやすいんです。
 昔、米国の人気歌手で、 パットブーンがいたでしょ?」

「私、 知りませんが....」 と彼女。

ここから判断すると、 70代でないことは確か。

ジジイが見たところでは、 50歳前後かな。


割り勘で支払い、 また歩いてホテルに戻る。

「バイクの運転、 大丈夫ですか?」

ビール2本を飲んだジジイを気遣ってくれた。


そしてジジイは次の言葉を期待したが.....







「私の部屋で、 しばらく休んで帰られたら如何?」


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:15| Comment(4) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

独居老人の生活1572(言語の力)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1572(言葉の力)


 一回でも、 腹の底から笑った事のある人間は、

 どうしようもない悪人にはならない。

                                カーライル (イギリスの思想家)


吉本興業の芸人が反社会的勢力のパーティーに出演(闇営業)。
これが今、 世間を騒がせている。

こんなことは昔からあったこと。
美空ひばりは山口組・田岡一雄組長の庇護のもと大スターに...

北島三郎は稲川会の宴席に出演、 これがバレて紅白歌合戦出場を辞退した。
小林旭、 細川たかしらも同様に、 ヤクザの宴席で唄っている。

俳優・若山富三郎か小林旭のどちらかと記憶する。
彼が暴力団幹部と一緒にゴルフした。

それを批判され、 返した言葉がすごい。

「組長たちとゴルフして何が悪いんだ?
カネを貰ったわけじゃない、 カネを渡してもいない。

ただコースを一緒に回っただけ、 世間に一切迷惑をかけてない。
ゴルフ場で一緒して、 何故いけないんだよ」

昔の芸能人は今と違っていた。

                * *

落語の月亭可朝は、 歌がヒットしてブレイクした。

pict-月亭可朝.jpg

”ボインは赤ちゃんが吸うためにあるんやで〜
お父ちゃんのもんと違うのんやで〜”

この可朝が野球賭博で捕まった。 で、刑事に訊いた。

「野球賭博はなんであきまへんのや」

若い刑事が呆れ顔で答えた。

「暴力団の資金源になっとるからに決まってるやろ!」

そこで月亭可朝は膝を叩いた。

「それやったら大丈夫ですわ、 わし、 トータルで勝って
ますさかい。
暴力団の資金を吸い上げている いうことですわ。
お上から表彰状 もろうてもええんとちゃいますか」


芸人はこのくらいのことは言って貰いたいもの。

               * *

俳優・加藤剛が、 女優志望の娘と共にTV番組に出演した。
娘は食事のとき、 食べるのがすごく遅いんだとか。

それを加藤剛が、

「いつまでもクチャクチャやってると、 口の中でウンコに
 なっちゃうよって言ってるんです」


二枚目俳優・加藤剛の言葉だったので、 強く印象に残った。

               * *

先代・林家正蔵の言葉は、 笑点で林家木久扇がよく物真似していたのでご存知かも....

正月、 林家正蔵の家(長屋)の餅にカビが生えてしまった。
で、 弟子が訊いた。

「どうしてカビが生えちゃうんでしょうね?」

「てめえは、 そんなこともわからねえのか、
  早く食わねえからだ」

                * *

ある結婚式でのこと。
司会から乾杯の音頭の指名を受け、 来賓の爺さんが発声。

この爺さん、 かなり緊張していたのだろう。

「では、 新郎新婦のご冥福を祈って....乾杯! !」

                * *

披露宴のクライマックス、 新郎新婦から両親に花束贈呈。
そして受け取った父親が挨拶。

新郎の父親は口下手、 で、ここは新婦の父が代わって言う。

「ふつつかな娘ですが....」 と言うつもりでいた。
しかし酔っていたからだろう。

「ふしだらな娘ですが.....」

あとで娘と奥さんから、 こっぴどく叱られたという。

                * *

芸能人はファンから色紙を頼まれる。
サインだけのもあるが、 蕎麦屋や居酒屋の壁に飾られたりする。

大相撲の元横綱・曙は、 色紙にこう書いたと聞く。

「春はあけぼの」


漫画家の手塚治虫、 こんな色紙なら貰って嬉しい。

                ☟

pict-手塚治虫の色紙.jpg

                 * *

噺家・柳家小さんの色紙は有名だという。
絵と文字を書いたが、 抜群に上手いと評判。

狸の文福茶釜をサラサラッと書き、 横に 「他抜」 とくる。
             ☟
   pict-柳家小さん.jpg

なぜ狸を他抜と書くのか、 小さん答えて曰く、
「他人を追い抜くくらいの気概を持て」 。


小さんの弟子の立川談志は色々、 何でもあり。
    若い頃は、
  pict-立川談志色紙.jpg
    ☝ 笑われるまでに 噺家さんざ泣き


ほかには 「ピエロの笑いには涙がある」  「伝統を現代に」
「狂気と冒険」  「勝手に生きろ」  「弟子ァ 馬鹿だ」



山のアナ アナで人気だった三遊亭圓歌はキザだった。
一文字色紙が多く、 墨で書く。
              ☟
   pict-三代目 三遊亭圓歌.jpg

ほかには、 「夢」  「和」  「藝」
イメージとはかなり違った色紙になっている。


ある噺家は居酒屋で色紙を求められた。
そこで咄嗟にこう書いた。

「愛は憎しみに変わり、
 アルコールはアセトアルデヒドに変わる」

受けなかったそうだ。

               * *

ジジイがチェンマイの人気居酒屋 「サムライキッチン」 で飲んでいた時。
この店の壁には、 懐かし映画や商品のポスターが飾られている。

ふと目に入ったのがそんな宣伝広告。 (黄色の矢印)
                 ☟
pict-DSCN5780サムライキッチン.jpg


美人局(つつもたせ)とは、 男が妻や情婦に他の男を誘惑させ、 それを種に相手の男から金品をゆすり取ること。

それが 「銘菓 美人局」 とは....凄い菓子があったもの。

とよく見れば、 ジジイの見間違い、 勘違い。

                  ☟

pict-pict-DSCN5780サムライキッチン.jpg


美人豆、 佐賀県武雄の名物で、 砂糖をまぶして固めた豆菓子。
看板はどういう訳か九州と和歌山に分布されている。
                  ☟
pict-pict-銘菓美人豆.jpg


「サムライキッチン」 にある看板は本物、 どこで入手したんだろう?

だけど 「美人豆」 を 「美人局」 と一瞬勘違いしてしまったジジイの愚かさ、 情けない。


念のために、 ジジイは美人局....






遭ったことなし、 やったこともなし。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:18| Comment(4) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする