2019年07月28日

独居老人の生活1592(甘やかしの終焉-2)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1592(甘やかしの終焉-2)


我々が食事をできるのは、

肉屋や酒屋やパン屋の主人が博愛心を発揮するからではなく、

自分の利益を追求するからである。

                          アダム・スミス (英国の哲学者、 経済学者)


その事故は2019年7月21日に起こった。

1人の女性ツーリストが、 チェンマイ空港ターミナルビルの外を
歩いているとき。

pict-Power Bank explodes in Chiang Mai Airport.jpg


女性が背負っていたリュックが突然燃え上がったのだ。
彼女は気付いてすぐバッグを放り投げる。
                ☟
pict-Power Bank explodes Chiang Mai Airport.jpg


衣服の一部が焦げたが、 彼女や通行人に怪我はなくラッキー。
燃えた原因はリュックの中のモバイルバッテリー。

チェンマイ空港は、 監視カメラをfacebookで公表し警告。

「もしこれが飛行機内で起こったらどうなるか想像してください。 
 モバイルバッテリーの持ち込みには厳しい規制があります」

現行のモバイルバッテリー規制:

モバイルバッテリーは、
1.32000 mAh 以上のものは、 飛行機への持ち込み厳禁。

2.20000〜32000 mAh は、 2個まで機内持ち込みOK。

3.20000 mAh 以下は、 5個まで機内持ち込みOK。

(注) 単位のmAh の説明は後記で記載。

pict-Power Bank explodes.jpg


空港のセキュリティ関係者は、 今回の事故についてこう語る。

「ツーリストのリュックの中には香水が入っており、 その香水が
 モバイルバッテリーのリチウムイオン電池に漏れ、 反応が起き
 たものと推察しています」

ツーリストのリュックは、 スマホの充電中に燃えた由。

ウーン、 彼女はモバイルバッテリーとスマホをリュックに入れて、 歩きながら充電してたってことか。

器用なことをやるもんだ。
こんな女と一緒の飛行機....絶対に乗りたくないわ。


  **********************


A 韓国の日本製品不買運動の裏側。

前回(昨日)の続きで、 未読の方はそちらからお読みください。

              * *

2019年7月5日、 日本による ”韓国のホワイト国” 除外を受け、 すぐに運動を起こしたのが次の団体。

「韓国中小商人自営業者総連合会(韓商総連)」 とその傘下。
「日本の商品は販売しません!」 と宣言。

なんか胡散臭い。
韓商総連の前会長は、 2012年の大統領選挙で文在寅の選挙対策委員会にいた程の熱狂的シンパ。

文在寅当選のご褒美に新設されたポスト、 大統領の ”自営業秘書官” に抜擢された。

まだある。
韓商総連の現会長・キム・ソンミンも文在寅のシンパ。

つまり、 不買運動の主導者は、 筋金入りの文シンパなのだ。
見事に作り上げる ”官製不買運動” ってこと。

キム韓商総連会長は、 韓国マート協会の会長を兼務。
自分でもソウル市内に2店舗を経営している。

pict-韓国の不買運動.jpg
        ☝ 日本製品を棚から取り除く。


テレビ局が取材に来ると、 「日本製品は売上激減」 と答える。
これは当たり前、 煽るのが目的だから。

市内のいくつかの店では、 「それほど変わりません」 という。
韓国人も我々日本人も、 文の官製不買報道に騙されてしまう。


しかし起因となったのは、 徴用工訴訟の賠償判決後、 文政権が何ら解決策を示さず放置したこと。

これに理解を示す理性的な韓国人もいる。
経済は冷え込み、 就職率は最悪。

文大統領は、 「これは国難」 だと煽り、 反日で挙国一致を図っている。

2019年7月20日夕刻、 文在寅支持の左派団体が日本大使館周辺でデモ。  その数 400〜500人。

「経済報復を撤回しろ!  安倍を糾弾する!」 


だが同時刻、 ソウル市庁舎前で 「文在寅 退陣しろ!」 の反政府デモが行われていた。  その数は数千人規模。

こちらのデモは、 日本では報道されない。
ほとんどが反日不買運動ニュース。

デモの規模が、 文在寅政権の不人気ぶりを示している。
                          (source : 週刊文春)

                * *

韓国政府の発表によると、 今年1〜3月期、 韓国の企業は141億ドルの海外直接投資を行った。 これは過去最高の数字。

韓国の政治的問題や人口構成(少子化)など社会的なファクターを考えると、 韓国企業は海外に出て行かないと生き残れない。

文政権の最低賃金の引き上げに加え、 法人税率アップの負担は大きい。

自動車や造船業界では、 文政権の支持基盤・労働組合のストライキで青息吐息。

で、国内の雇用機会減少(失業率アップ)、 国内の民間企業における設備投資も減少に....

近い将来、 韓国経済は長期低迷に入るだろう。
現状を見れば、 その確率は北朝鮮崩壊よりも高そうだ。

そこでもう一押し。






経済制裁第2弾、 待ってますよ、  安倍さん!


チェンマイって ホントいいですね!

  <注記: mAh >
充電式の電気製品には、 mAh(ミリアンペアアワー)の単位が
使われる。
「mAh」 とは、 放電容量と呼ばれるバッテリー容量の意味。
「mA」=ミリアンペア、 1mA=0.001A。  「h」=1時間。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:54| Comment(5) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

独居老人の生活1591(甘やかしの終焉-1)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1591(甘やかしの終焉-1)


  建前は、 それを守っている限りは

  他の人々の行為をあてにできるので、

  少なくともその分だけは甘えが満たされる。

                           土居健郎( 「甘えの構造」 の著者)


“ホワイト国” リストからの韓国の除外を閣議決定。
半導体材料の輸出に関し、 優遇措置を外す。

たったこれだけで韓国は右往左往の感。
日本製品の不買運動を起こしている。

昨日のニュースで、 中、高校生が運動への参加を宣言した由。
ソウル近郊の高校など6校の学生連合は、 記者会見を開いた。

「日本が経済報復を撤回し、 謝罪と反省をするまで日本製品を
 使わない」 と表明。

pict-日本製品は使いません」 高校生.jpg


子供たちは勘違いしている。
”経済報復” というが、 単に優遇措置をなくしただけ。

半導体関連製品の輸出をストップするわけではない。
案件ごとに許可申請するので 、 審査にMax 90日必要という事。

要は韓国を、 中国やインド、 タイ、 台湾、 マレーシア、 ブラジル、 メキシコなどと同じ扱いにしたのだ。

日本は戦後、 韓国を優遇し続けてきた。
その1つが2004年の韓国のホワイト国入りの認定。

ちなみに現在、 日本のホワイト国指定は27カ国(韓国含む)。
 <欧州>
アイルランド、 イタリア、 英国、 オーストリア、
オランダ、 ギリシャ、 スイス、 スウェーデン、
スペイン、 チェコ、 デンマーク、 ドイツ、 フランス、

ノルウェー、 ハンガリー、 フィンランド、 ブルガリア、
ベルギー、 ポーランド、 ポルトガル、 ルクセンブルク。

 <北米・南米>
アメリカ、 カナダ、 アルゼンチン。

 <オセアニア>
オーストラリア、 ニュージーランド。

 <アジア> 
韓国(2019年、 安全保障上の理由から除外)。


これを見ると、 如何に韓国が優遇されていたかがよく分かる。
日本が韓国を普通の扱いにしただけで ”経済報復” かい。

               * *

不買運動をやりたければ、 国を挙げて好き勝手にやるがいい。

それで韓国経済が良くなり、 韓国人の暮らしが良くなるのなら、
結構なことではないか。

日本のオムツ、 化粧品、 文房具などは買うんじゃないぞ。
韓国製を使うか、 他国から輸入すれば済むことだ。

韓国で70数%シェアの日本製カメラはドブに捨てろ。
キヤノン、 オリンパス、 ニコンを韓国からなくすのだ。

韓国メディアの掲載写真は、 ほとんど日本製カメラを使用。
ならば、早く自国メーカーを育てたらいい(現在1社もなし)。

病院で日本製の医療器械があれば、 検査・治療を拒否しろ。
医療機関も、 不買運動をやったらいい。

人気のトヨタ・レクサス、 1車残らず叩き壊せ。
                ☟
pict-韓国レクサスを破壊.jpg

朴元淳・ソウル市長の愛車もレクサスだ、 すぐ行って破壊しろ。


2018年末の韓国 「アジア経済」 の記事を覚えているか?

「韓国では今年日本車が4万台以上売れた。
 しかし日本で販売された韓国車はわずか5台だった」

日本では、 韓国品の不買運動は起きていない。
そんなものに関係なく、 日本人はイイ物は買うし、 イマイチ製品は買わないよ。

ジジイは、 自主的に韓国からの輸入品を買わないでいる。
特に困ることは1つもない。


韓国人の皆さん。
日本に来なくたっていいから。 スッキリする。

でも韓国のLCC(航空会社)が困るだろう。
乗客が激減するんじゃあ。

韓国の若者よ。
日本の会社に就職するのはボイコットしろ。
大嫌いな国に職を求める、 恥ずかしいだろうよ。


サムソンのスマホなども買うんじゃないぞ。
製造過程で、 日本からの輸入品がたくさん使われている。

半導体だってそう。 サムソン本社に行ってデモしろや。
日本製品はダメ、 非輸入品3原則を実行させろ。

日本製品は 「持たず、 使わず、 持ち込ませず」

                 * *

韓国の皆さん、 ウォンは意外と弱い、 これ知ってる?
韓国の政府系銀行の信用度は低い、 財務状況が悪いせいだ。

韓国の銀行発行の貿易用小切手、 すなわち 「信用状」 には日本の銀行保証の枠が付いている。

不買運動やってんだろ?  だったらこれも...
日本の銀行保証は 「持たず、 使わず、 持ち込ませず」

だけど反対に、 日本からお断りすることだってある。

そうなると輸出依存度の高い韓国だ。
輸出に支障が出れば → 貿易赤字増大 → ウォンが売られる。

これで韓国の金融リスクが高まり、 1997年の 「アジア通貨危機」 が再来するかも。

1997年のこの時は、 日本が1兆円を貸して韓国を助けた。
韓国人の皆さん、 ジジイはじめ日本人が言ってるよ。

「いつまでも あると思うな 日本援助」

               * *

トランプ米大統領は昨日26日、 世界貿易機関(WTO)の制度を
見直せと、 次のように批判した。

「中国や韓国などが発展途上国として優遇措置を受けている。
 これは不公正だ。
 進展なければ、 米国として独自に途上国扱いをやめたい。
 WTOは壊れている」 


韓国人の皆さん。
すぐアメリカ製品の不買運動をやるよね。

日本と同じに、 優遇措置をやめるんだから。
えっ、 米国を怒らすと怖いからやらない?

日本ならいいのか。
そうか、 日本はいつも 「はい、 ごもっともで...」 だから。







でも ”甘えの構造” は終わりだよ。


チェンマイって ホントいいですね!
/span>

  (source)
「週刊ポスト」 今週号を参考にしました。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:32| Comment(10) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

独居老人の生活1590(これが運命か)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1590(これが運命か)


死者にたいする最高の手向けは、 悲しみではなく感謝だ。

                            ソーントン・ワイルダー (アメリカの劇作家)


@ まだ見つからない?

pict-missing-girls.jpg

2019年7月19日(金)、 13歳の少女はバイクでチェンマイ県、
メーテン・ Ki Lek にある祖母の家を出た。

時刻は午後4時頃、 途中で友だちの少女(15歳)を乗せる。
このあと2人は消えてしまった、 行方が分からない。

もし2人を見かけた人がいたら連絡して欲しいと....
警察:089 269 5832、   家族宅:093 149 4179.

               * *

どこに行ってしまったんだろう?
山中に転落した?   誘拐された?    家出した?

乗っていたバイクも発見されていない。
2人が見つかったというニュースはまだ聞いていないが.... 


  *********************


A ローマ教皇来タイ。

ローマ・カトリック教の最高位、 フランシスコ教皇が2019年11月、
タイと日本を訪問する。

pict-フランシスコローマ法王.jpg

今年はタイにおけるローマカトリック教会の誕生350周年記念で、
それに合わせての来タイとか。

ローマ教皇のタイ初訪問は、 1984年のヨハネ・パウロ2世。
フランシスコ教皇は2番目となる。

タイにおけるカトリック信者は、 278,000人いる由(2003年)。
総人口の1%にも満たない。

信者はタイ族よりも、 多くはヴェトナム系住民や山岳民族、 華僑などが圧倒的。


ちなみに日本を見ると、 1981年、ローマ教皇・ヨハネ・パウロ2世が日本初訪問。

教皇フランシスコの日本訪問が実現すれば38年ぶりとなる。

日本のカトリック教会の信者数は44万1107人。 

この数は、 生長の家の45万9531人よりも少ない。
  (文化庁 『宗教年鑑』 2016年版)


  *********************


B 昨日の昼ごはん。

目当ての店に行ったら満席、 「30分以上の待ち」 と言われ、 ならばと目的地変更。

で、出向いたのがこの店 「バーン・スアイ・カフェ」。

pict-DSCN5920バーンスアイカフェ (1).jpg

ところがビールは置いていないという。
それでは食えない、 ならばと隣接するレストランへ移動。

オーナーは同じ、 広い庭園に2店舗あるって感じ。
店名が 「CAVE」   (地図はココ

pict-DSCN5908CAVE (3).jpg



  バイクを置き、 奥に進むとレストランがある。
pict-DSCN5908CAVE (1).jpg



   店内。
pict-DSCN5908CAVE (2).jpg
     ☝ 店に入ったのが2時頃、 ガランとしていた。

ポークサラダ:79バーツ、  カオパット79バーツ、
Beer Chang大瓶:80バーツ。

                * *

食後にコーヒーでもと、 また隣のカフェに戻る。
庭で客の子供がブランコで遊んでいた。

pict-DSCN5920バーンスアイカフェ (3).jpg



 広い店内、 この他にもテーブルがたくさんある。
pict-DSCN5920バーンスアイカフェ (2).jpg



  アメリカーノ(ホット):50バーツを注文。
pict-DSCN5920バーンスアイカフェ (5).jpg

カップの下に見える茶色の棒。
ジジイはクッキーだと思ってかじったが硬くて食えない。

スプーンのようにしてコーヒーをかき混ぜるためのものだった。
誰かに見られてなかったか、 やはり恥ずかしい。


両店とも雰囲気良くサービス抜群、 ゆっくりくつろげる。
お勧めです!


  ********************


C タイの葬式初体験。

先日、 生まれて初めてタイの葬式に行ってきた。

夜7時半からというので、 ジジイは7時40分、 チェンマイ市内の
お寺に到着。

  既に読経が始まっていた。
pict-P_20190723_195243_vHDR_On_pChinさん.jpg


本堂に入ると、 すぐ顔馴染みのタイ人婆さんと目が合う。
婆さんはジジイを入口の方に連れ戻し、 まず線香を...と言う。

靴を脱いで上がった所に線香があり、 既に焚かれていた。
ジジイは火のついた線香を手に持って拝む。

そして後ろの席に座って1時間、 居眠りすることなくお経を聞いていた。

日本人はジジイただ1人、 手を合わせてCさんを偲ぶ。
彼は54歳、 愛煙家なので肺ガンかと思ったが死因は胃ガン。

今年2月には元気にジジイとも話していた。
ビールも好きなので、 故人とは結構飲んで食った。

若い頃、 日本に長く住んでいたので日本語ペラペラ。
年上の奥さん(タイ人)とは日本で知り合って結婚したという。

ジジイが日本からチェンマイに戻った翌日(6月3日)、 自宅を訪ねるとベッドに横たわっていた。

げっそり痩せていて、 好きなタバコもビールもダメ、 食も進まないという。

ジジイが帰ろうとしたら、 Cさんが起き上がってきたので、 すぐベッドに戻す。

その時がCさんとの最後になる。
知り合って5年くらいは経っていたろうか。

5ヵ月前には、 彼が死ぬとは想像もできなかった。
ジジイによく気を遣ってくれたのに.....54歳は早過ぎる。


読経は8時45分で終了、 そのあと散会となる。
ジジイはお寺を出て、 帰り道、 レストランに立ち寄る。

ビールを飲みながら.....





 Cさんに感謝した。


チェンマイって ホントいいですね!







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:01| Comment(4) | 交遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする