2019年06月22日

独居老人の生活1558(はなはだ遺憾に思う)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(はなはだ遺憾に思う)


  リンゴを引っ張る力が地球にあるんなら、

  穴にだって引っ張る力があるんじゃないの。

                                    マン有引力の法則


@ 大臣はバカでも務まる。

岩屋毅防衛相は6月21日午前の記者会見で、 ロシア軍の爆撃機が領空侵犯したことについてこう述べた。

領空侵犯は沖縄県・南大東島と東京都・八丈島付近。

「領空侵犯を同日に2回も行った。 はなはだ遺憾に思っている

その上で 「防衛当局間でもこうしたことがないように、 しっかり申し入れをしたい」 と強調。


これに対しアルピニストの野口健氏(45)はこうツイート。

「彼らは民間機(大韓航空)だろうが、 領空侵犯したと判断したら
撃墜する。
果たして日本の遺憾砲にはどれだけ威力があるのだろうか…」


日本の政治家は ”遺憾に思う” という言葉が大好き。
アホの1つ覚えで、 なにか事があるとすぐ口に出す。

「遺憾」 の意味を辞書で調べると、

・思っているようにならなくて心残りであること。
・残念な、 そのさま。

つまり 「遺憾」 には謝罪/怒りの意味はない。
なので領空侵犯したロシア機からすれば、

「あ、そうですか、 それは残念でしたネ」 程度しか感じない。

てことは、 日本に対しては何をやっても大丈夫...と周辺国から思われているだろう。

                   * *

2019年6月初め、 岩屋毅防衛相(61歳、 大分3区)はシンガポールで韓国の鄭景斗国防部長官と会談。

彼の韓国との非公式会談は、 官邸の反対を押しきって独断開催したことが明らかになっている。

ところが、 肝心のレーダー照射問題を韓国側から 「事実無根」 と一蹴される。

それでも
未来志向の関係を作っていくために一歩踏み出したい」 と追及を怠り、 おまけに笑顔で握手を交わす始末。

pict-岩屋毅防衛相.jpg
   ☝ 米国のシャナハン国防長官代行を挟んで日韓両大臣。


国際舞台に立てて嬉しそうな岩屋防衛大臣。
ただのパフォーマンス、 頑張っているように見せたいだけ。

しかしバカ大臣は、 韓国に誤ったメッセージを送ってしまった。

岩屋大臣は、 パチンコチェーンストア協会の政治分野アドバイザーを長年務め 「票と金」 を貰っている。

ここぞと韓国人のご恩に報いたのであろうが.....

レーダー照射で自衛隊員が危険にさらされた訳で、原因追及もないまま、 笑顔で握手できる状況にはない。

ところが岩屋大臣は7日朝、 報道陣の取材に対しこう反論。

「やりとりと挨拶は全く別だ。 会うときも別れる時も、 気持ち良くというのが私のモットー」

pict-岩屋防衛相という阿呆.jpg
    ☝左が岩屋大臣、 右が韓国の鄭景斗国防部長官。


オイオイ、 君のモットーなら、 君個人のときにやっておくれよ。 
顔も見たくない憎き相手でも、 好きなだけ笑って握手しな!

でも君は日本の防衛大臣だぜ、 個人じゃないんよ。
君には、 多くの自衛隊員の士気を鼓舞し、 日本国民の安全を守る責務がある。

おそらく自衛隊員のほとんどが韓国の行為に煮えくり返り、 国民は立腹してるんだ。

ヘラヘラ笑うのが我が国の大臣・国会議員の務めなのか。
非公式と弁解し、 この時期に韓国の大臣と会談するだけでも愚かなんだよ。

「はなはだ遺憾に思う」   「未来志向の関係を作る」

こんな陳腐な言い回しかできないの、 岩屋くん?
なんと浮世離れした国会議員の多いことか!


ジジイは言いたい。
「岩屋議員について はなはだ遺憾に思う」    落選しろ!


現職の自民党参議院議員がジジイに代わって主張します。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Tx-2GdwEVY4


  ***********************


A また和食店が新規オープンしていた。

いつオープンしたかは分からない。
このようなお店が誕生していて驚いた次第。

店名不明(タイ文字)、 場所は 「ヤム茶店Toey」 の隣。
                    (地図はココ
pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (4).jpg
        ☝ 右側がヤムチャ店、 左が和食店。



pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (5).jpg



   店内、 酒樽が壁いっぱいに置かれてある。
pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (3).jpg



   メニューを見よう。
pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (2).jpg
                  ☝
左端はサーモン刺身、 量により55、 110、 150、 200バーツ。
その右側のマグロ刺しも同じ値段。



   ツマミ類。
pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (1).jpg
                  ☝
   カニカマ:35バーツ、 餃子3ケ:35B、 冷奴:55B。


チェンマイは和食ブーム、 しかし現れては消える和食店。
せっかく開業にこぎ着けたわけで、 頑張って欲しいもの。


  **********************


B 私は何故 タイに嵌まったか?

6月18日の朝9時前、 私はバンコクのRatchadapisek 駅(MRT)の前の通りを友人と歩いていました。

私の足がマンホールの蓋に乗かった瞬間です。

そのセメントの蓋が割れ、 私は深さ3mの下水にドブン、 嵌まってしまいました。 

   pict-Office girl fell down 3 meter manhole.jpg


勿論、 この事故で脚、 腕、 手、 肩など全身傷だらけ。

運が良かったのは、 近くにいた人たちがすぐ、 私を引っ張り上げてくれました。

そして下水で黒くなった衣服に水をかけて洗い、 近くのパオロ病院に運んでくれたのです。

でも私のバッグなど持ち物は下水に流されたまま。
役所の方が捜してくれましたが、 見つかりません。

   pict-Office girl fell down 3 meter manhole 2.jpg


この辺りは舗装状態が悪く、 過去、事故の報告もあったそうです。
近くの食品店の方々が改善を訴えるも、 問題を解決には誰も来なかったとか。

この地域を管轄するフアイ クワング地区事務所の説明。

『マンホールは脆いセメントで割れていた。
我々は事故の前日夜に発見、 すぐに補修する計画だった。

一方でマンホールの上にロードコーン(赤い保安用円錐形)を置いたが、 事故は朝方、 起きてしまった』


ロードコーンを置いたくらいじゃね〜。 動きますし...

で、 あの忌々しいマンホールは既に補修されたそうです。

pict-Office girl fell down 3 meter manhole 3.jpg
        ☝ 2人のデブを蓋に載せて安全確認。


23歳のOLに臭い思いをさせ、 全身を疵ものにしたんですよ。
一歩間違えれば、 わたし、 下水に流され死んでました。

ホント、お粗末な行政だと思います。
えっ、 あたしの体重ですかぁ?   それは ヒ・ミ・ツ。

                * *

出勤の途中、 深さ3mの下水道に突然落下、 23歳の女性はさぞかし驚いたことだろう。

但し、 当局は 「はなはだ遺憾に思う」 とは言わなかった。
そう、 ここはタイだもんな。

日本では考えられぬ事故だが、 発展途上国ではよく聞く話。
しかしバンコクの駅前の通りで起こったとなると....

チェンマイも同じような状況、 のんびり歩いてはいられない。


皆さまも汚い下水道に嵌まらないよう、 ご注意ください。

  






美しいオンナに嵌まるなら................幸せネ。


チェンマイって ホントいいですね!

   <追記>
先日ジジイが行った 「好寿司」 の18歳の店員さんです。
食欲が出ますね。 場所はランプーン街道沿い 「89プラザ」

   pict-P_20190615_124608_vHDR_On.jpg


      ついでに「握り寿司」
   pict-P_20190615_125803_vHDR_On.jpg
          ☝友人カップルとランチ。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:54| Comment(10) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする