2019年06月16日

独居老人の生活1553(なぜ俺はタイに嵌まったか)


   本ブログは下品で低劣な内容です。 
   紳士・淑女および18歳未満の方は、ご遠慮ください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1553
                       (なぜ俺はタイに嵌まったか)


 男は本能で浮気する。  女は理性で浮気する。


@ 宮廷音楽 「雅楽」 はW不倫がお盛ん。

ジジイはこんなニュースが大好き、 すぐ取り上げたくなる。
報道のタイトルが 

「やんごとなきダブル不倫、
 重要無形文化財 “宮内庁楽部ナンバー2” が教え子と……」
              ☟
https://www.nicovideo.jp/watch/1560596286

宮内庁楽部が ”やんごとない” とは思えないが、 男と女は何処に居たってヤリたくなればパンツを下ろす。

男は宮廷音楽 「雅楽」 の演奏集団の最高峰、 式部職楽部のナンバー2、 多 忠輝(おおのただあき・59)氏。

pict-多忠輝-2.jpg
              ☝ 多忠輝(59)氏。


相手の女は彼の教え子で、 雅楽演奏者で人妻のA子(30代)。
多氏にも妻子がおり、 まさにダブル不倫。

A子さんは、 多氏が代表を務める民間の雅楽演奏団体のメンバーで、 芸大出身。 多氏から笙を習っていた生徒だ。

      笙というのはこんな楽器。
   pict-笙とは次のような楽器.jpg



笙を習っていたA子さんは、 いつしかベッドで尺八を奏でる。

  pict-宮内庁楽部ナンバー2”が教え子と.jpg
     ☝ 先生(59)は教え子(30代)にぞっこんか。



そして ”やんごとなきダブル不倫” はベッドで愛を奏でる。
                 ☟
pict-老人と若い女のセックス3.jpg
            ☝ イメージ画像です。


宮内庁楽部での不倫はお2人だけじゃなかった。
2018年春、 別の楽師Bが壮絶な不倫騒動を起こす。

Bは “謹慎状態” になり、 演奏会などにも出てこなくなった由。
斯様に乱れに乱れる宮内庁楽部、  イイネ!


雅楽は平安中期に完成し、 宮中で長きにわたり演奏されてきた。

千数百年の伝統から 「世界最古のオーケストラ」 とも言われ、 現在では宮内庁の楽部がその正統を継承している。

楽部が演奏する雅楽は国の重要無形文化財に指定され、 楽師の全員が重要無形文化財保持者に認定されている。

さらにユネスコ無形文化遺産保護条約の一覧表にも掲載されるほど、 歴史的価値を持つ。

加えて不倫の舞台を作るのが雅楽でもある。
ではスケベ雅楽ってどんなの?  ビデオでどうぞ!
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=D8XvJFDFDHY


多 忠輝氏は昭和34年生まれ。
昭和56年宮内庁楽部楽師に任官。

宮内庁楽部楽長補を経て平成26年4月宮内庁楽部楽長に就任。
笙、 楽琵琶、 右舞を担当。 東京楽所代表。

やんごとなきド助平が、 演奏会の宣伝で語っておられます。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=kUu2fCKcv-Q

こうやってW不倫がバレちゃうと....
特にA子さんのご亭主はどうするのかな?

  ***********************


A なぜ俺はタイに嵌まったか。

タイに何度も来て滞在する人、 タイに嵌まって暮らす人、 人それぞれにその理由があろう。

タイの何が爺さんたちを魅了するのだろうか?

ちなみにジジイの場合だが、 チェンマイの気候と物価安に惚れ込んだ次第。

昼は読書、 夜はビールというジジイの趣味にピッタリ適合したのがチェンマイ。

それが周りの友人たちに感化され、 性格のいい美女を求めるようになるとは....想像もつかなかった。

今日は何故タイに嵌まったのか、 タイが大好きという爺さんのお話です。

                * *

@ Aさん(68歳)の場合。

東京近郊に暮らすAさんは、 40代のとき初めてタイ(バンコク)に来たという。

根がスケベなAさんは当然ながらオンナを求める。
そのとき相手したオンナが若かった、 20歳チョット。

まだスレた感じもなく、 可愛い娘だったという。
Aさんは抱いて仰天、 処女だった!

まさかタイで処女と H できるとは...夢ではないかと射精後にチンコをつねったとか。

こういうことを ”Beginner's luck” と言う。
初めて競馬をやって、 大穴を的中させたのと同じ。

それ以来、 Aさんのバンコク通いがスタート。
現在、 毎月1回来タイし、 2週間ほど滞在。

馴染みの若い女性と疑似恋愛を楽しみ、 勿論 H もする。
毎晩お楽しみかと思いきや、 最近衰えが....

週2回がいいとこ..とおっしゃる。
かっての性豪も寄る年波には勝てず。

pict-老人と若い女のセックス2.jpg
            ☝ イメージ画像です。


Aさんには日本に奥さんがいる。
「奥さんはバンコク通いに何も言わないんですか?」

ジジイの問いにAさんが答えた。

「それが〜、 女がいることがバレちゃって....」

鍵をかけておいたAさんの書斎にどういう訳か奥さんが侵入。
Aさんの日記を見つけて読んだそうな。

まさに瘋癲老人日記、 タイ人彼女との情事を事細かに記載。
Aさんの浮気を知った奥さんは怒り爆発。

「結婚する前に、 俺は浮気すると断言したはずだ!」

「そんなもの、 今は関係ないわよ!」 と奥さんも譲らない。

「68歳の爺さんに老妻が嫉妬するんですね?」 とジジイ。

「いやぁ、 嫉妬じゃないです、
 家計から他の女にカネが流れる...これに腹を立てるんです」

結局Aさん老夫婦は妥協点を見出した。
タイに1回行くごとに、 Aさんは奥さんに5万円の小遣いをあげる..というもの。

「いやぁ、 こりゃ大変ですね」

「5万円の出国税と思ってます」 とAさん。

そこまでしてタイにのめり込む、 その理由は...







 若い女、 助平の血の為せる業。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:48| Comment(2) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする